カテゴリー別アーカイブ: 文系学問

文系学問タイピング☆5

お城の石垣と堀の間にある細い空地を○○○という? いぬばしり
┗城壁や堀の内側にある細い空地を○○○○という? むしゃばしり
漢字の「凸」「凹」に共通する部首は○○にょう? かん
漢字の「死」「残」「殊」に共通する部首は○偏? かばね
『筑豊のこどもたち』『古寺巡礼』などの写真集で有名な写真家は○○○? どもんけん
国宝の『色絵藤花文茶壺』や『色絵雉子香炉』で有名な江戸時代の陶芸家は野々村○○? にんせい
国宝の智積院障壁画や東京国立博物館所属の『松林図』で有名な江戸初期の画家は○○○○○? はせがわとうはく
小説『仮面の告白』を書いた日本の作家は○○○○○? みしまゆきお
┗小説『痴人の告白』を書いたスウェーデンの作家は○○○○○○○? ストリンドベリ
1934年にナチスの反主流派が粛清された事件のことを「長い○○○の夜」という? ナイフ
1968年にアメリカ軍兵士がベトナムの民間人を虐殺した事件は「○○○の虐殺」? ソンミ
1350年から1352年にかけて起きた室町幕府内の権力闘争を○○の擾乱という? かんのう
┗その内乱で上杉能憲に殺害された足利尊氏の執事は○○○? こうのもろなお
他人のことに忙しくて自分のことまで手が回らないという意味のことわざは「紺屋の○○」? しろばかま
┗同じ意味があることわざは「大工の○○○○」? ほったて
1953年のスターリンの死後ソビエト連邦の首相に就任した人物は○○○○○? マレンコフ
小説『緋文字』で有名な19世紀アメリカの作家はナサニエル・○○○○○? ホーソーン
ホーソーンの小説『緋文字』で主人公の胸に罰として付けられるアルファベット一文字は?
夏目漱石の小説『坊っちゃん』で数学教師・山嵐の苗字は○○? ほった
┗英語教師・うらなりの苗字は○○? こが
┗マドンナの苗字は○○? とおやま
「重箱」を使った表現で、細かい部分を気にすることを「重箱の端を○○でほじくる」という? ようじ
┗細かい部分を気にしないことを「重箱の隅を○○で払う」という? しゃくし
額田王の有名な和歌は「○○○○○紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」? あかねさす
日本語では「総統」と呼ばれる独裁者の称号を、ドイツ語では「○○○○○」という? フューラー
┗イタリア語では「○○○○○」という? ドゥーチェ
「嘶く」と書いて「○○○○」と読む? いななく
漢字で「原ねる」と書くと、何と読む? たずねる
漢字で「遽しい」と書くと、何と読む? あわただしい
漢字で「漸く」と書くと、何と読む? ようやく
漢字で「腥い」と書くと、何と読む? なまぐさい
漢字で「擽る」と書くと、何と読む? くすぐる
漢字で「滾る」と書くと、何と読む? たぎる
漢字で「虎魚」と書く魚は○○○? おこぜ
┗「蝦虎魚」と書く魚は○○? はぜ
「抑も」と書いて「○○○○」と読む? そもそも
漢字で「断層」と書いたとき「断」の字の部首は「○○○○○」? おのづくり
┗「層」の字の部首は「○○○○」? しかばね
戦中・戦後を背景に、主人公葦沢悠平の苦難を描いた石川達三の小説は『風にそよぐ○』? あし
第1回直木賞を受賞した作家は川口○○○? まつたろう
┗第2回直木賞を受賞した作家は○○○○? わしおうこう
┗第1回芥川賞を受賞した作家は○○○○? いしかわたつぞう
江戸時代に最後に大老を務めた人物は○○○○? さかいただしげ
宮本武蔵がここで『五輪書』を著したという、熊本市の金峰山山麓にある洞窟は○○○? れいがんどう
吉川英治の時代小説『宮本武蔵』に登場する鎖鎌の達人は○○梅軒? ししど
湊川の戦いの直前に行われた楠木正成と正行父子による今生の別れを○○の別れという? さくらい
前漢・武帝の時代に制定された中国最初の元号といえば○○? けんげん
日本最初のラーメンとされるのは江戸時代初期に来日した○○○が徳川光圀にふるまったもの? しゅしゅんすい
戦国時代に来日し、西洋医学による日本初の病院を造ったポルトガル人はルイス・デ・○○○○○? アルメイダ
伊達政宗による1613年の慶長遣欧使節で、正使を務めた宣教師はルイス・○○○? ソテロ
フィリピンの抗日ゲリラ組織「フクバラハップ」の指導者の名前はルイス・○○○? タルク
1946年に来日し、皇太子殿下の家庭教師をつとめたアメリカの児童文学作家は○○○○○夫人? バイニング
明治時代の政治家・陸奥宗光が自らの外交を回想した著書は『○○○』? けんけんろく
島原の乱の責任を取り天草領四万石を失った肥前唐津藩主は寺沢○○? かたたか
お寺の本堂の様子を詠んだ夏目漱石の句は「叩かれて昼の○を吐く木魚かな」?
苦労して勉学に励むことを表す「蛍雪の功」の故事で、蛍を集めその光で勉強した人物は○○? しゃいん
┗雪の明かりで書物を読み勉強した人物は○○? そんこう
江戸時代、大名が江戸城に登城した際に、将軍に拝謁する順番を待った席を「○○席」という? しこう
1905年に起きた第1次モロッコ事件の舞台となった都市は○○○○○? タンジール
┗1911年に起きた第2次モロッコ事件の舞台となった都市は○○○○○○? アガディール
1983年にベストセラーとなった哲学者『構造と力』の著者は○○○? あさだあきら
┗『チベットのモーツァルト』の著者は○○○○? なかざわしんいち
完成までに18年を要した小説『徳川家康』で知られる作家は○○○○? やまおかそうはち
旅人のことを、風に吹かれて転がってゆくヨモギにたとえた二字熟語で「○○」という? てんぽう
2013年に自筆原稿の存在が確認された、川端康成の未発表の小説は『勤王の○』? かみ
秦の始皇帝の命を受け不老不死の薬を探す旅に出た人物の名前は○○? じょふく
白居易の詩にも登場する、古代中国で不老不死の薬を持つ仙人が住むといわれた島は○○島? ほうらい
著書『幸福論』で有名な19世紀スイスの法学者・哲学者はカール・○○○○? ヒルティ
紀元前206年、劉邦を裏切り、いわゆる鴻門の会の原因を作った、劉邦の部下の名前は○○○? そうむしょう
武田勝頼に包囲された長篠城から脱出し、家康に援軍を頼んだ伝説の足軽は○○○○○○? とりいすねえもん
夫婦の絆を描いた島尾敏雄の小説は『死の○』? とげ
鎌倉時代に『立正安国論』を書いた僧は○○? にちれん
┗『正方眼蔵』を書いた僧は○○? どうげん
1963年にイランで近代化、西欧化を目的に行われた改革を「○○革命」という? はくしょく
マリー・アントワネットの愛人として献身的に尽くしたスウェーデン貴族は○○○○○伯爵? フェルセン
平安時代に出された荘園整理令で醍醐天皇が発したのは○○の荘園整理令? えんぎ
┗後三条天皇が発したのは○○の荘園整理令? えんきゅう
女性として初めて芥川賞を受賞した作家は○○○○? なかざとつねこ
┗女性として初めて直木賞を受賞した作家は○○○? つつみちよ
日本語の敬語で、話し手が聞き手に対して敬意を表すための表現は「○○敬語」? たいしゃ
┗話し手が会話の中で話題になっている人物に対して敬意を表すための表現は「○○敬語」? そざい
菊田一夫の小説『君の名は』でヒロイン真知子の苗字は○○? うじいえ
┗その恋人・春樹の苗字は○○? あとみや
伊木一郎と津上姉妹との関係を描いた吉行淳之介の小説は『○の上の植物群』? すな
作家・吉行淳之介の芥川賞受賞作は『○○』? しゅうう
┗その妹・吉行理恵の芥川賞受賞作は『○○○○○○』? ちいさなきふじん
1941年に結成されたベトナム独立同盟会の略称は○○○○? ベトミン
江戸時代の俳人・松尾芭蕉の有名な俳句は「○○○猿も小蓑をほしげなり」? はつしぐれ
平安初期に設けられた大学別曹で勧学院をつくったのは何氏? ふじわら
┗弘文院をつくったのは何氏? わけ
┗学館院をつくったのは何氏? たちばな
万葉集についての注釈書『萬葉集註釈』を著した鎌倉時代の僧侶は○○? せんがく
『万葉集』において、相聞歌、挽歌に属さない全ての歌のことをまとめて「○○」という? ぞうか
1846年にポーランドで起きた民族解放闘争は○○○○蜂起? クラクフ
戦時中の標語「欲しがりません、勝つまでは」の考案者とされた小学5年生の少女は○○阿幾子? みやけ
泣きだしそうな顔をすることを口のへの字にすることから「○を作る」という? かい
下村湖人の小説『次郎物語』で主人公・次郎の苗字は○○? ほんだ
┗曽野綾子の小説『太郎物語』で主人公・太郎の苗字は○○? やまもと
『居酒屋』『ナナ』を含む作家エミール・ゾラの連作は『○○○○・マッカール叢書』? ルーゴン
イギリス人の画家スタンレー・ウィリアム・ヘイターが1933年パリに設立した銅版画工房はアトリエ○○? 17
無人島に残された少年達を描いたウィリアム・ゴールディングの小説は『○の王』? はえ
┗その元となったとされるロバート・バランタインの小説は『○○○の島』? さんごしょう
アメリカの作家ウィリアム・バロウズとアレン・ギンズバーグの往復書簡集は『○○書簡』? まやく
江戸時代に在位した2人の女性天皇とは後桜町天皇と○○天皇? めいしょう
1127年に金の軍隊が南下し北宋の都を陥落させた事件を○○の変という? せいこう
┗明の初期に燕王が建文帝の政策に反対して帝位を奪った事件を○○の変という? せいなん
中国・北宋の時代に発行された世界初の紙幣の名前は○○? こうし
中国・北宋の時代に現れた新興地主たちのことを「○○戸」といった? けいせい
江戸時代初期に対馬藩で起きたお家騒動「柳川一件」に名を残す対馬藩の家老は柳川○○? しげおき
島崎藤村の第一詩集の題名は『○○集』? わかな
┗土井晩翠の第一詩集の題名は『○○○○』? てんちうじょう
┗西條八十の第一詩集の題名は『○○』? さきん
┗三好達治の第一詩集の題名は『○○○』? そくりょうせん
15世紀に西アフリカに成立したソンガイ王国の首都となった都市は○○? ガオ
エルミタージュ美術館所蔵の画家マティスの作品『ダンス』に描かれている人物は何人?
窓の風景が未完成のままであるエルミタージュ美術館所蔵のダ・ヴィンチの名画は『○○○の聖母』? ブノワ
「結果を見てから批判してくれ」という意味の言葉は「細工は流流仕上げを○○○○」? ごろうじろ
前漢の武帝が朝鮮を征服して設置した、「朝鮮四郡」と呼ばれる漢の直轄領を1つ答えなさい しんばんぐん
西暦8年に前漢の帝位を奪い新という王朝を創始した人物は○○? おうもう
中国・前漢の周勃が行なった自軍への呼びかけにちなむ、味方することを表す故事成語は○○? さたん
自由民主党誕生語初めてとなる1956年の自民党総裁選で勝利して首相となったのは○○○○? いしばしたんざん
「エジプトのナポレオン」と呼ばれる、古代エジプト第18王朝のファラオは○○○○3世? トトメス
┗「アフリカのナポレオン」と呼ばれる、かつての英国ケープ植民地の首相はセシル・○○○? ローズ
エジプトのアブ・シンベル神殿のそばにある、アスワン・ハイ・ダムの建設でできた人造湖は○○○湖? ナセル
古代エジプトで生命の象徴とされた、俗に「エジプト十字」と呼ばれる図形は○○○? アンク
1730年に大阪に開設された当時日本最大の米の取引所は○○米会所? どうじま
ロバート・キャパの恋人だった写真家で、岡本太郎にその名を由来するのは○○○・タロー? ゲルダ
奈良~平安時代にかけて成立した「六国史」のうち、最も古く成立したのは『○○○○』? にほんしょき
┗最も新しく成立したのは『日本○○○○』? さんだいじつろく
「狡兎死して走狗烹らる」という有名な言葉を残した、古代中国の越王・句践の部下は○○? はんれい
梶井基次郎の小説『櫻の樹の下には』の冒頭の一節は「櫻の樹の下には○○がうまつてゐる!」? したい
チグリス川中流にある町でササン朝ペルシアの首都が置かれたのは○○○○○○? クテシフォン
「嘉永朋党事件」ともいう幕末に薩摩藩で起きたお家騒動は「お○○騒動」? ゆら
戦国武将・松永久秀の子孫である江戸時代の儒学者で、弟子に木下順庵がいるのは松永○○? せきご
江戸時代の儒学者の広瀬淡窓が現在の大分県日田市に創立した全寮制の私塾は○○○? かんぎえん
江戸時代前期の儒学者山崎闇斎が開いた神道は「○○神道」? しでます
小説『競売ナンバー49の叫び』『重力の虹』で知られるアメリカの作家はトマス・○○○○○? ピンチョン
1550年に武田信玄が村上義清に大敗した戦いのことを一般に「○○崩れ」という? といし
江戸前期の下総国印旛郡公津村の百姓で、将軍・家綱に減税を直訴して処刑されたのは○○惣五郎? きうち
江戸時代に徳川御三家田安家初代当主を務めた人物は徳川○○? むねたけ
┗一橋家初代当主を務めた人物は徳川○○? むねただ
作曲家ドビュッシーにも影響を与えた、フランスの詩人マラルメの代表作は『半獣神の○○』? ごご
清教徒革命で議会派が王党派を破って勝利を確定したのは○○○○○の戦い? ネーズビー
坂本龍馬が結成した海援隊と中岡慎太郎が結成した陸援隊を合わせて「○○隊」と呼んだ? しょうてん
埼玉県の稲荷山古墳から出土した鉄剣に刻まれていた、雄略天皇であるとされる人物は○○○○○大王? ワカタケル
万里の長城にある要塞で「天下第一関」と称された最東端の要塞は○○関? さんかい
┗「天下第一雄関」と称された最西端の要塞は○○関? かよく
貧しい我が家の様子を詠んだ小林一茶の句は「秋の夜や○○の穴が笛を吹く」? しょうじ
貧しいに暮らしをすることをお粥で食いつなぐことから「○○を凌ぐ」という? ここう
なんとか生計を立てることをお粥をすするほど貧乏だという意味から「○○を凌ぐ」という? ここう
貧しい農民たちの悲惨な生活を描いた小説『土』で知られる明治生まれの作家は○○○? ながつかたかし
孔子の弟子である左丘明が書いたとされる『春秋』の注釈書は『春秋○○伝』? さし
江戸時代の国学者・契沖が著した『万葉集』の注釈書は『万葉○○○』? だいしょうき
「世間がどう思うか?」という慣用表現を英語では「○○○○○夫人が何と言うか?」という? グランディ
「良い教育には良い環境が必要である」という意味の四字熟語は「麻中之○」? よもぎ
北原白秋の処女詩集のタイトルは『○○○』? じゃしゅうもん
┗島崎藤村の処女詩集のタイトルは『○○○』? わかなしゅう
日露戦争中に血の日曜日事件などロシア革命の支援工作を画策した日本の外交官は○○源二郎? あかし
江戸時代に、幕府が御家人や旗本に支給した米を仲介して手数料を取る業者のことを○○といった? ふださし
小岩井農場の名前の由来となった3人の創業者のうち、1人をフルネームで答えなさい いわさきやのすけ
作家・北杜夫が、自身の家族をモデルに書いた大河小説は『○○の人びと』? にれけ
『無法松の一生』のタイトルで映画化された岩下俊作の小説は『富島○○○伝』? まつごろう
江戸いろはがるたの「に」は「憎まれっ子○に憚る」?
┗尾張いろはがるたの「に」は「憎まれっ子○固し」? かみ
江戸いろはがるたの「れ」は「良薬は○に苦し」? くち
┗上方いろはがるたの「れ」は「○○で腹を切る」? れんぎ
1753年に宝暦治水事件の責任者を取り自害した薩摩藩家老は○○靱負? ひらた
1905年に東京で孫文と中国同盟会を結成し、辛亥革命を支えた日本の革命家は宮崎○○? とうてん
1923年に中国の指導者・孫文と共同宣言を発表したソ連の外交官はアドリフ・○○○○? ヨッフェ
秀吉に「豊臣」の姓を与え家康を征夷大将軍に任じた第107代天皇は○○○天皇? ごようぜい
現在の岩手県で起きた1189年に武蔵坊弁慶が戦死した戦いは「○川の戦い」? ころも
1944年に日本陸軍がインド北東部攻略をめざしたものの、補給軽視により歴史的敗退に終わったのは○○○○○作戦? インパール
号は「天徳寺了伯」といった槍の名手としても知られる下野の唐沢山城主は佐野○○? ふさつな
江戸時代に初めて発行された小判を、その時の年号から○○小判という? けいちょう
┗最後の発行された小判をその時の年号から○○小判という? まんえん
新約聖書においてイエス・キリストの代わりに解放された囚人は○○○? バラバ
管仲と鮑叔の関係から生まれた強い友情を意味する故事成語は「○○の交わり」? かんぽう
┗廉頗と藺相如の関係から生まれた強い友情を意味する故事成語は「○○の交わり」? ふんけい
淀みなくすらすらしゃべることを「立て板に○」という? みず
┗詰まりながらしゃべることを「横板に○○○」という? あまだれ
夏目漱石の小説『吾輩は猫である』で猫の飼い主は○○○○○? ちんのくしゃみ
┗寺田寅彦がモデルとされる苦沙弥の教え子である理学士の名前は○○○○? みずしまかんげつ
┗『明暗』の主人公は○○○○? つだよしお
┗『門』の主人公は○○○○? のなかそうすけ
┗『それから』の主人公は○○○○? ながいだいすけ
┗『行人』の語り手となっている主人公の名前は○○○○? ながのじろう
『吾輩は猫である』にも影響を与えた、ドイツの作家ホフマンの小説は『牡猫○○の人生観』? ムル
小説『贋作吾輩は猫である』『阿房列車』などの作品で知られる作家は内田○○? ひゃっけん
漢字の「形」「影」「彰」に共通する部首は○○づくり? さん
江戸時代の有名な侠客清水次郎長の本名は○○長五郎? やまもと
┗国定忠治の本名は○○忠次郎? ながおか
江戸時代に新井白石がイエズス会宣教師シドッチを尋問した内容を記した書物は『西洋○○』? きぶん
作家・幸田露伴の次女で『黒い裾』『流れる』などの小説を書いたのは幸田○? あや
1705年、贅沢な振る舞いが理由で幕府に家財を没収され、大阪から追放された商人は○○辰五郎? よどや
1966年にラウシェンバーグが芸術とテクノロジーの融合を目的に結成した芸術組織は○○○? EAT
ローマ帝国で、マクシミヌス・トラクスからカリヌスまでの皇帝を特に「○○皇帝」という? ぐんじん
1477年に創設された北欧最古の大学は「○○○○大学」? ウプサラ
農民からの年貢の取立て方法でその年の収穫高調査に応じて納めさせるのは○○法? けみ
┗五年、十年など過去の平均をとりその年の収穫高に関わらず納めさせるものは○○法? じょうめん
彫刻『時間のプロフィール』などの作品がある、ダリの常設美術館は福島県の「○○近代美術館」? もろはし
泉鏡花の小説『婦系図』でドイツ語翻訳官・早瀬主税と恋仲になる芸者は「お○」? つた
21世紀が始まったときのアメリカの大統領は? クリントン
┗20世紀が始まっときのアメリカの大統領は? マッキンリー
794年に平安京への遷都が行われた時の天皇は○○天皇? かんむ
┗667年に近江宮への遷都が行われた時の天皇は○○天皇? てんじ
┗694年に藤原京への遷都が行われた時の天皇は○○天皇? じとう
┗740年に恭仁京への遷都が行われた時の天皇は○○天皇? しょうむ
旧約聖書で、アブラハムの子孫に神が与えると約束した「約束の地」の名前は○○○? カナン
優れた人も、年をとれば凡人にも劣るということわざを「麒麟も老ゆれば○○にも劣る」という? どば
1789年に南太平洋で乗組員が反乱を起こしたイギリスの軍艦は○○○○○号? バウンティ
強いものがますますその勢いを増すことをたとえたことわざを「○に金棒」という? おに
┗同じ意味のことわざを「○○にひれ」という? しし
┗同じ意味のことわざを「仏に○○」という? れんげ
第2次大隈内閣の内務大臣時に汚職事件「大浦事件」により失脚した政治家は大浦○○? かねたけ
「赤い椿白い椿と落ちにけり」という句で有名な俳人は○○碧梧桐? かわひがし
外国船の来航に危機感を募らせた江戸幕府が1856年に設置した武芸訓練機関の名前は○○所? こうぶ
ドイツのノーベル賞作家ギュンター・グラスの代表作は『○○○の太鼓』? ブリキ
『カインの末裔』『或る女』などの代表作がある作家は有島○○? たけお
┗その弟で、セザンヌを初めて日本に紹介したことでも有名な画家は有島○○? いくま
弥生時代に日本各地に作られた周囲に堀をめぐらせた集落のことを「○○集落」という? かんごう
書に優れ「明治の三筆」と呼ばれた人物をフルネームで1人答えなさい なかばやしごちく
藤原不比等の息子らが立てた藤原四家で、北家の祖といえば藤原○○? ふささき
┗南家の祖といえば藤原○○○○? むちまろ
┗京家の祖といえば藤原○○? まろ
┗式家の祖といえば藤原○○? うまかい
「脱構築」の概念を確立したポスト構造主義の代表格であるフランスの哲学者はジャック・○○○? デリダ
小説から飛び出した泥棒を主人公とする、作家・井上ひさしのデビュー小説は『ブンと○○』? フン
フランス、ブルボン朝の初代国王はアンリ○世?
┗スペイン、ブルボン朝の初代国王はフェリペ○世?
┗ヴァロア朝の初代国王はフィリップ○世?
日向に攻め込んだ大友宗麟軍を島津義久軍が迎え撃った1578年の合戦は「○川の戦い」? みみ
人面の形をした兜が発見された7世紀アングロサクソンの船葬墓は○○○○・フー? サットン
クサントスの墳墓をそのまま移築した、大英博物館が所蔵する記念堂は「○○○○○記念堂」? ネレイデス
大英博物館が所蔵する、イラクで発見された紀元前2700年頃の壁画は『○○のスタンダード』? ウル
1961年に川南豊作ら旧日本軍の元将校が企てた、クーデター未遂事件は「○○事件」? さんゆう
1983年にクーデターによる混乱を鎮めるために、アメリカ軍が侵攻したカリブ海の国は○○○○? グレナダ
キリスト教の開祖イエス・キリストが洗礼を受けた川は○○○○川? ヨルダン
失明のハンデを乗り越えて『群書類従』を編集した江戸時代の国学者は○保己一? はなわ
日露戦争の旅順攻防戦で日本軍を率いたのは○○希典? のぎ
┗ロシア軍を率いたのはアナトーリ・○○○○○? ステッセル
日露戦争の日本海海戦で秋山真之が起草した有名な電報は「本日天気晴朗なれども○○○」? なみたかし
共に陶芸家として活躍し、初めて兄弟で人間国宝となったのは兄・休和、弟・壽雪の「○○兄弟」? みわ
国立西洋美術館の設立時にその中心となった美術品のことを○○コレクションという? まつかた
明治時代に社交界で活躍した政治家の妻で、大山巌の妻は大山○○? すてまつ
┗陸奥宗光の妻は陸奥○○? りょうこ
江戸時代の俳人・田捨女の有名な句は「雪の朝二の字二の字の○○のあと」? げた
かつて芸者のお供をして歩いていた「箱屋」と呼ばれる人たちが運んでいたものは何? しゃみせん
江戸時代後期に吉原などで派手に遊んだ、桂川甫周など18人の遊び人を「十八○○」といった? だいつう
ある人と交際が途絶えて音信不通になってしまうことを「○の道切り」という? いたち
「両者の釣り合いがとれない」ことを、ある刀を用いて「○○に鍔(つば)」という? あいくち
産業革命のときにジェニー紡績機を発明したのは○○○○○○○? ハーグリーヴズ
┗ミュール紡績機を発明したのは○○○○○○? クロンプトン
幕末に公卿の中山忠光を主将として尊皇攘夷派の志士たちが結成した集団は○○組? てんちゅう
天一坊や丸橋忠弥などの罪人が処刑された、江戸時代の有名な刑場は「○○○刑場」? すずがもり
非常に不安定で危険な状態にあることを積み重ねた卵に例えた言葉は「危うきこと○○の如し」? るいらん
1912年に沈没事故を起こした豪華客船タイタニック号を所有していた会社は○○○○○○○社? ホワイトスター
1782年に遭難した大黒屋光太夫が漂着したアリューシャン列島の島は○○○○○島? アムチトカ
1943年7月に日本軍が奇跡の撤収に成功したアリューシャン列島の島の名前は「○○○島」? キスカ
紫式部の作品『源氏物語』の主人公は○○○? ひかるげんじ
┗光源氏の兄は○○帝? すざく
┗それを元にした江戸時代の小説『偽柴田舎源氏』の主人公は○○○○? あしかがみつうじ
『源氏物語』を書いた平安時代の作家は○○○? むらさきしきぶ
┗それを元にした小説『偽柴田舎源氏』を書いた江戸時代の作家は柳亭○○? たねひこ
紫式部の『源氏物語』のうち「橋姫」から「夢浮橋」までの十帖を「うじ十帖」という? うじ
紫式部の『源氏物語』で唯一上下巻に分かれているのは『○○』? わかな
『源氏物語』の最後の十帖のことをその主要な舞台から「○○十帖」という? うじ
┗22帖から31帖までをその主人公の名前から「○○十帖」という? たまかずら
カンザス州の一家惨殺事件を取材した、トルーマン・カポーティの代表作は『○○』? れいけつ
少年ジョエルを主人公とするトルーマン・カポーティの長編第1作は『遠い声 遠い○○』? へや
世界初の女性首相はスリランカのシリマボ・○○○○○○○? バンダラナイケ
┗世界初の女性大統領はアルゼンチンのイサベル・○○○? ペロン
同類の不幸を、その縁者が悲しむことを例えて「兎死すれば○これを悲しむ」? きつね
江戸時代に遠藤勝介が主宰し高野長英、渡辺崋山らが参加していた学問会は「○○会」? しょうし
ジェンダー研究の先駆け的存在である、20世紀アメリカを代表する文化人類学者はマーガレット・○○○? ミード
メルセデス・ベンツの元となった2つの会社、ベンツ社を創業したのは○○○・ベンツ? カール
┗ダイムラー社を創業したのは○○○○○○・ダイムラー? ゴットリーブ
関ヶ原の戦いの直前に真田信之、幸村兄弟が東西別れて戦うことを決めた出来事は「○○の別れ」? いぬぶし
欧文のアルファベットで小文字を英語で「○○○○レター」という? スモール
┗大文字は英語で「○○○○○レター」という? キャピタル
チンギス・カンの後を受けモンゴル帝国の第2代皇帝となったチンギス・カンの三男は○○○○? オゴデイ
「イラン人及び非イラン人の諸王の王」と称したササン朝第2代皇帝は○○○○○○1世? シャープール
『日陰者ジュード』『テス』などの小説で有名なイギリスの作家はトマス・○○○○? ハーディ
一国一城制が敷かれた江戸時代に特例として熊本藩に認められた2つの城は熊本城と○○城? やつしろ
何事にもそれなりの理由があるという意味のことわざは「盗人の○○」? ひるね
┗災いの元になるものを知らずに助長してしまうことを言ったことわざは「盗人に○○○」? くらのばん
┗損の上に損を重ねることを言ったことわざは「盗人に○○○」? おいせん
戊辰戦争において飯盛山で集団自決した白虎隊20名のうち唯一の生き残りは○○○○? いいぬまさだきち
日本の律令制下における4つの階級「四等官」を1つ答えなさい じょう
国際間の緊張緩和を意味する言葉にもなった小説『雪どけ』の作者は、旧ソ連の作家○○○○○○? エレンブルグ
物事の順序は必ずしも一定ではない、という意味のことわざは「小寒の氷は○○に解く」? だいかん
ドラマのタイトルにもなった「逃げるは恥だが役に立つ」とは、どこの国のことわざ? ハンガリー
水流が循環する作品『滝』などの騙し絵を描いたオランダの画家はモーリッツ・○○○○○? エッシャー
「弘法も筆の誤り」と同じ意味のことわざを「○○○○も居眠りする」という? ホメロス
古代エジプトの中王国時代に侵入してきたセム系の異民族は○○ソス? ヒク
前18世紀末にエジプトに侵入し約100年にわたって支配した謎の民族は○○○○? ヒクソス
インドネシアの初代大統領を務めた政治家は○○○○? スカルノ
┗その娘でインドネシアの第5代大統領を務めた政治家は○○○○○・スカルノプトゥリ? メガワティ
いとこ同士で結婚した夫婦の仲はとても良いという意味の言葉は「従兄弟同士は○の味」? かも
1797年にフランスとオーストリアの間に結ばれた条約は○○○・フォルミオ条約? カンポ
1925年にオーストリアの教育者オットー・ノイラートが考案した絵文字言語は「○○○タイプ」? アイソ
「生れて、すみません。」という有名な一文が冒頭にある太宰治の作品は『二十世紀○○』? きしゅ
アメリカ合衆国の初代大統領は○○○○○? ワシントン
┗初代国務長官は○○○○○○○? ジェファーソン
兼明親王の詠んだ有名な和歌は「○○○○ 花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞ悲しき」? ななえやえ
1986年に、フィリピンで独裁政治を行ったマルコスを破って大統領に就任した政治家は○○○○・アキノ? コラソン
┗コラソン・アキノの後を受けて大統領になったのはフィデル・○○○? ラモス
┗その長男で、2010年にフィリピン大統領に就任したのは○○○○・アキノ? ベニグノ
1905年から1910年にかけて存在した官庁「韓国総監府」の総監を務めた政治家をフルネームで1人答えなさい そねあらすけ
物事を聞き及ぶことを「耳たぶ」を意味する言葉で表現したものは「○○に触れる」? じだ
物事を見抜く力があることをサイの角を燃やすと暗がりでも良く見えることから○○という? ねんさい
ロシアの作家マヤコフスキーの代表作である叙事詩は『ズボンをはいた○』? くも
フランスのジョルジュ・ルオーやアンリ・マティスといえば○○派を代表する画家? やじゅう
┗イタリアのルイジ・ルッソロやウンベルト・ボッチョーニといえば○○派を代表する画家? みらい
江戸時代の俳人・小林一茶の有名な俳句は「○○と人に呼ばるる寒さかな」? むくどり
トーナメント戦の準決勝のことを、英語で「○○○○FINAL」という? SEMI
┗準々決勝のことを英語で「○○○○○○○FINAL」という? QUARTER
4度目の川中島の戦いで上杉側に啄木鳥戦法を見破られた武田側が敷いたのは○○の陣? かくよく
1561年に4度目の川中島の戦いで戦死した、武田信玄が全幅の信頼を置いていた弟は武田○○? のぶしげ
段取りの重要性を、「みぞ」を意味する言葉を用いて「○成って水至る」という? きょ
『解体新書』のもととなった医学書『ターヘル・アナトミア』を著したドイツ人医師は? クルムス
太宰治の小説『走れメロス』の書き出しの一文は「メロスは○○した。」? げきど
┗最後の一文は「勇者は、ひどく○○した。」? せきめん
江戸時代に江戸以外の幕府直轄の重要な場所に置かれた奉行を○○奉行という? おんごく
1547年にマラッカでザビエルと出会い、日本人最初のキリスト教徒となった人物は○○○○○? アンジロー
『ゲルニカ』の制作過程を写真に記録したことでも知られる、画家ピカソの愛人は○○・マール? ドラ
平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて書かれた、関白・九条兼実の日記の題名は『○○』? ぎょくよう
1960年に重要文化財指定の壺を自作と認めた「永仁の壺事件」で有名な陶芸家は○○○○○? かとうとうくろう
マホメットがメッカからメディナに聖遷し、イスラム暦の元年となったのは西暦何年? 622
1908年に北原白秋、木下杢太郎らが石井柏亭らの画家と結成した新芸術運動の会は「○○の会」? パン
作家・三島由紀夫の「二・二六事件三部作」と呼ばれる小説を1つ答えなさい えいれいのこえ
1950年の金閣寺放火事件を題材にした三島由紀夫の小説は『○○○』? きんかくじ
┗水上勉の小説は『五番町○○○』? ゆうぎりろう
作家・山崎豊子のいわゆる『戦争三部作』と呼ばれる小説を1つ答えなさい ふもうちたい
幕末の日本で活躍した人物ジョン万次郎の本名は○○万次郎? なかはま
┗ジョセフ彦の本名は○○彦蔵? はまだ
プロレタリア作家・小林多喜二の小説『蟹工船』の舞台となる蟹工船の名前は○○丸? はくこう
┗プロレタリア作家・葉山嘉樹の小説『海に生くる人々』の舞台となる石炭船の名前は○○丸? まんじゅ
『蟹工船』『太陽のない街』などのプロレタリア文学が連載されたナップの機関紙は「○○」? せんき
1492年にコロンブスがインドをめざして出航したスペインの港は○○○? パロス
第4回直木賞を受賞した木々高太郎の小説は『○○の阿呆』? じんせい
他人から受けたひどい屈辱のことを、古代中国の越王・勾践の故事から「○○の恥」という? かいけい
日本の第50代天皇といえば○○天皇? かんむ
┗日本の第100代天皇といえば○○○天皇? ごこまつ
漢詩を作る際の韻の決まりに由来する、話の道筋が立たないことを指す表現は「○○が合わない」? ひょうそく
鎌倉幕府の初代執権の名前は北条○○? ときまさ
┗最後の第16代執権は北条○○? もりとき
鎌倉幕府の第4代将軍は藤原○○? よりつね
ドイツにおける免罪符の販売を許可し、ルターによる宗教改革を引き起こした教皇はレオ何世? 10
榎本其角の有名な句は「○ひとつ売れぬ日はなし江戸の春」? かね
江戸時代の俳人・榎本其角の有名な句は「○○○よくぞ男に生まれける」? ゆうすずみ
江戸時代に、奥州街道と日光街道が分岐した宿場町は? うつのみや
ネコのしぶとさを表現した英語のことわざは「A cat has ○○○○ lives」? NINE
1881年にロシアと清がペテルブルクで結んだ条約は○○条約? イリ
関ヶ原の戦いにもはるばる参加した、弘前藩の初代藩主といえば津軽○○? ためのぶ
魯迅が小説『藤野先生』にも描いた、魯迅の日本留学時代の恩師は藤野○○○? げんくろう
上田原の戦い、砥石崩れと武田信玄に2度も大勝した戦国武将は○○義清? むらかみ
1378年から1417年にかけてのカトリック教会の分裂状態を「大○○○」という? シスマ
近代カトリックの運動でフランスのカトリック教会が教皇からの自由を求めた主張は○○○ニズム? ガリカ
┗「山の向こう」という意味の教会の自由を否定した主張は○○○○○○○ニズム? ウルトラモンタ
北条家の諜報活動を担当したとされる、箱根を根城に活動した忍者団の頭領は○○小太郎? ふうま
女性歌人・与謝野晶子の第一歌集の題名は『○○○髪』? みだれ
┗その夫である歌人・与謝野鉄幹の第一歌集の題名は『○○○○』? とうざいなんぼく
歌人・与謝野晶子の代表作は「金色の小さき○のかたちしていちょう散るなり夕日の丘に」? とり
松尾芭蕉が『奥の細道』の終着地である大垣で詠んだ句は「○の二見に別れ行く秋ぞ」? はまぐり
1918年に小説『蔵の中』を書いたのは○○○○? うのこうじ
かつてヨーロッパにあった神聖ローマ帝国の初代皇帝は○○○○1世? オットー
┗最後の皇帝は○○○○2世? フランツ
日本がアメリカのミズーリ艦上で太平洋戦争の降伏文書に調印したのは1945年9月○日?
フランスの作家エクトル・マロの小説『家なき子』の主人公の名前は○○? レミ
┗小説『家なき娘』の主人公の名前は○○○○? ペリーヌ
1576年に柴田勝豊が築いた現存する日本最古の天守を持っているお城は○○城? まるおか
夫の保治が日露戦争従軍中に作った反戦詩『お百度詣で』で有名な明治の詩人は○○楠緒子? おおつか
1873年に臥雲辰致が発明しその音から命名された紡績機の名前は「○○紡」? ガラ
ギリシャ文字の数は全部で○○文字? 24
┗ロシア文字の数は全部で○○文字? 33
1902年、八甲田山で冬季訓練中に210名中199名が死亡したのは日本陸軍第8師団歩兵第○連隊?
1584年に島原半島で起きた、有馬・島津連合軍と龍造寺隆信軍による合戦は「○○畷の戦い」? おきた
他人のした失敗を繰り返すことを意味する、数字を使った表現は「二の○を演じる」? まい
┗続いて打つ次の手立てがない状態を意味する、数字を使った表現は「ニの○が継げない」?
19世紀末から20世紀初頭にかけてドイツが3B政策の中心として中東に建設を進めた鉄道は○○○○○鉄道? バグダード
江戸時代の俳人・小林一茶の有名な俳句は「すず風や力いっぱい○○○○○」? きりぎりす
インド神話に登場する最初の人間の名前は○○? マヌ
デートを意味する「ランデブー」をフランス語で書いた時に最後に来るアルファベットは○?
作家・井上靖の芥川受賞作は『○○』? とうぎゅう
1887年にバッジが発見した大英博物館が所蔵している古代エジプトの巻物は『○○の死者の書』? アニ
ローマ帝国が東西分裂した395年西ローマ帝国の皇帝になったのは○○○○○? ホノリウス
┗東ローマ帝国の皇帝になったのは○○○○○○○? アルカディウス
夏目漱石の小説『夢十夜』に収録された十篇の小説の書き出しは全て「○○○夢を見た」? こんな
明治のの作家・夏目漱石のペンネームの由来になった四字熟語は「漱石○○」? ちんりゅう
1578年に有岡城において主君・織田信長に対して反旗を翻した武将は○○村重? あらき
織田信長が居城とした安土城の石垣を積んだ技能集団のことを「○○衆」という? あのう
織田信長が安土城を築いた際その城内に建てられた臨済宗の寺は○○寺? そうけん
織田信長が比叡山焼き討ちの後近江国平定のため、明智光秀に築城させた今は無き城は○○城? さかもと
ペルシャ戦争後のアテネなどで弁論・修辞を教えた職業的教師の総称は○○○○○? ソフィスト
縄文時代の墓に見られる死体の手足を折り曲げる埋葬法を○○という? くっそう
┗弥生時代の墓に見られる死体の手足を伸ばしたままの埋葬法を○○○という? しんてんそう
小説『金色夜叉』の間貫一がお宮を蹴り飛ばして「来年の今月今夜」と言ったのは1月○○日のこと? 17
多くの者が集まれば恐ろしい力を持つことを「人衆(おお)ければ則ち○を食らう」という? おおかみ
1906年にロシアの首相となり革命の母体となるミールを解体したのは○○○○○○? ストルイピン
千利休の生涯を描いた1981年の井上靖の小説は『本覚坊○○』? いぶん
1925年に小説『女工哀史』を書いたプロレタリア文学の作家は○○和喜蔵? ほそい
┗1970年に『農民哀史』を書いた明治生まれの作家は○○定輔? しぶや
山種美術館が所蔵している戯れる猫を描いた、画家・竹内栖鳳の代表作は『○○』? はんびょう
安土桃山時代に豊臣秀吉の命で作られた、京都を取り囲んだ土塁を「○○○」という? おどい
小説『ヰタ・セクスアリス』を書いた明治の作家は○○○? もりおうがい
┗短篇集『ヰタ・マキニカリス』を書いた明治生まれの作家は○○○○? いながきたるほ
上方いろはがるたの「わ」は「笑う○には福来る」? もん
┗尾張いろはがるたの「わ」は「若い時は○○無い」? にど
学者の寺田寅彦をモデルにしたという、夏目漱石の小説『三四郎』の登場人物は○○○宗八? ののみや
夏目漱石の小説『三四郎』の主人公のモデルとして有名な文芸評論家は○○豊隆? こみや
アメリカで流行語にもなったダグラス・クープランドの小説は『ジェネレーション○』?
水戸藩の浪士による1860年の桜田門外の変で、唯一の薩摩藩士だったのは○○次左衛門? ありむら
菊池寛の戯曲『父帰る』で20年ぶりに帰ってきた父の名前は黒田○○○? そうたろう
南北朝時代の武将楠木正成が戦死したのは○○の戦い? みなとがわ
┗新田義貞が戦死したのは○○の戦い? ふじしま
1854年に日露和親条約締結交渉のためプチャーチンが下田を訪れた際に乗っていた軍艦の名前は○○○○号? ディアナ
┗ディアナ号が安政東海地震による津波で沈没後、帰国のために日本で作った帆船の名前は○○号? ヘダ
ロシアの軍人ゴローニンが1811年に千島列島を調査したときに乗っていた軍艦の名前は○○○○号? ディアナ
小説『父が消えた』で1980年に芥川賞を受賞した作家は○○克彦? おつじ
大正・昭和期の俳人、西東三鬼の代表作は「水枕ガバリと寒い○がある」? うみ
江戸時代に大和田、鈴ヶ森と共に三大刑場と言われた、東京都荒川区にあった刑場は○○○刑場? こづかっぱら
女流画家・上村松園の生涯を描いた宮尾登美子の小説は『○の舞』? じょ
1870年代のアメリカに広がった全国的な農民運動は○○○○○○運動? グレンジャー
顔を扇で隠した舞妓を描いた日本画家・竹内栖鳳の代表作は『○○夕立に』? アレ
小説『最後の一葉』を書いたアメリカの作家はオー・○○○○? ヘンリー
┗小説『最後の授業』を書いたフランスの作家はアルフォンス・○○○? ドーデ
大正昭和期の漫画家和田邦坊のユーモア小説は『うちの女房にぁ○○がある』? ヒゲ
昔から世の中を平和に保つといわれる三つのものとは「女房、鉄砲、○○」? ぶっぽう
芥川龍之介の小説『杜子春』に登場する、峨眉山に住んでいる老人の名前は○○○? てつかんし
仏教の開祖である釈迦が出家したのは○○歳の時? 29
┗悟りを開いたのは○○歳の時? 35
┗亡くなったのは○○歳の時? 80
釈迦が霊鷲山で行なった諸法の故事に由来する、「以心伝心」と同じ意味の熟語は「○○微笑」? ねんげ
太平洋戦争中に日本と協力してインド独立を目指した運動家はチャンドラ・○○○? ボース
小説『多情多恨』を書いた明治の作家は○○○○? おざきこうよう
┗小説『多情仏心』を書いた作家は○○○? さとみとん
岡山県井原市の田中美術館に名を残す、明治から昭和期に活躍した彫刻家は○○田中? ひらぐし
1929年にムッソリーニのイタリア政府とラテラノ条約を結んだローマ教皇は○○○11世? ピウス
1943年にムッソリーニの失脚後臨時にイタリアの首相に就任したのはピエトロ・○○○○? バドリオ
現在の東北地方にあたる奥州で、重要な関所として知られた「奥州三古関」を1つ答えなさい しらかわのせき
奈良時代に「南都六宗」と呼ばれた仏教の宗派を1つ答えなさい じょうじつしゅう
「集」という漢字の読み方で「集まる」と書くと何と読む? あつまる
┗「集く」と書くと何と読む? すだく
菊池寛の小説『恩讐の彼方に』でひとりで青の洞門を掘り進める僧侶の名前は○○? りょうかい
┗彼の出家前の名前は○○○? いちくろう
┗彼に父親を殺され敵討ちに現れる侍の名前は中川○○○? じつのすけ
発声がはっきり響く様子のことを「声」を意味する言葉を用いた四字熟語で「○○朗朗」という? おんと
日本神話に登場するスサノオノミコトの妻は○○○○ヒメ? クシナダ
江戸時代に『農業全書』を書いた農学者は○○○○? みやざきやすさだ
五月雨が降り続いている様子を詠んだ与謝蕪村の句は「五月雨や○○を前に家二軒」? たいが
戦国武将・織田信長の妹で柴田勝家の正室となったのはお○の方? いち
┗細川昭元の正室となったのはお○の方? いぬ
まわりの環境に良い影響を受けるという意味のことわざは「麻の中の○○○」? よもぎ
┗まわりの環境に悪い影響を受けるという意味のことわざは「藪の中の○○○」? いばら
恋によって破滅するという意味があることわざは「秋の鹿は○に寄る」? ふえ
人物画『鷹見泉石像』で有名な渡辺崋山が、江戸時代後期に家老を務めたのは○○藩? たはら
8世紀後半のモロッコに成立したイスラム教シーア派の王朝は○○○○○朝? イドリース
かつてモロッコに成立したイスラム王朝イドリース朝の首都が置かれた都市は○○○? フェズ
江戸時代に雪国の生活や雪について鈴木牧之が書いた著書の題名は『○○○○』? ほくえつせっぷ
聖書の「創生期」に登場するイスラエルの祖とされる人物は○○○○○? アブラハム
1184年の宇治川の先陣争いで佐々木高綱が乗った名馬は「○○」? いけづき
┗梶原景時が乗った名馬が「○○」? するすみ
810年に起きた薬子の変で嵯峨天皇との権力争いに敗れ出家したのは○○上皇? へいぜい
本名を「小林兼光」という、人形学校「エコール・ド・シモン」を主宰する人魚作家は○○シモン? よつや
ことわざで、元気のない様子を「幽霊の○風」という? はま
森鴎外の短編小説『舞姫』の出だしの一文は「○○をば早や積み果てつ」? せきたん
京都の山並みを詠んだ服部嵐雪の有名な俳句は「蒲団着て寝たる姿や○○」? ひがしやま
椋鳩十の小説『大造じいさんとガン』に登場する、大造と戦うガンのリーダーの名前は○○? ざんせつ
浅間山がたくましく立つ様子を詠んだ加藤楸邨の句は「冬の浅間は胸を張れよと○のごと」? ちち
オスマン帝国のメフメト2世によりビザンツ帝国が滅ぼされたのは西暦何年? 1453
サラディンがエジプトに建てたイスラム王朝は○○○○○朝? アイユーブ
吉井勇の有名な和歌は「かにかくに○○はこひし寝るときも枕の下を水のながるる」? ぎおん
ことわざの「論より証拠」を英語では「○○○は食べてみるまで味はわからない」という? プリン
女性初の文化勲章を受賞した日本画家は上村○○? しょうえん
『喪服の似合うエレクトラ』や『楡の木陰の欲望』で有名なアメリカの劇作家はユージン・○○○○? オニール
アメリカの女流作家ゾラ・ニール・ハーストンの代表作は『彼らの目は○を見ていた』? かみ
ヘーゲルの著書『法哲学』の序文にある有名な言葉は「○○○○の梟は夜飛ぶ」? ミネルバ
フランス第二共和政に入閣し失業対策として国立作業場を設けた社会主義者はルイ・○○○? ブラン
当時の事件から命名された1966年12月27日の衆議院解散の通称は「○○○解散」? くろいきり
1964年に合併してアフリカの「タンザニア」の元になった国を1つ答えなさい タンガニーカ
二・二六事件の犠牲者である学問を愛し「文学博士」と呼ばれた陸軍大将は渡辺○○○? じょうたろう
第2次ポエニ戦争の勝敗を決めた202年の戦いは○○の戦い? ザマ
フランスの外相・タレーランが主張し、ウィーン会議の基本原則となったのは「○○主義」? せいとう
『鬼龍院花子の生涯』『序の舞』『櫂』『一絃の琴』などの小説で知られる作家は○○○○○? みやおとみこ
江戸時代初期に起こった鍋島騒動で、お家断絶となったのは○○○家? りゅうぞうじ
石川啄木の詩集『悲しき玩具』のタイトルにある「悲しき玩具」とは何のこと? たんか
1922年にワイマール共和国の初代大統領に就任した政治家は○○○○○? エーベルト
日露戦争で日本艦隊の砲弾に使用され猛威を振るった、ピクリン酸を主成分とする火薬は○○火薬? しもせ
子鹿を描いた小説『バンビ』を書いたオーストリアの作家はフェリックス・○○○○? ザルテン
1582年に豊臣秀吉が備中高松城を水攻めにする際にせき止めた川の名前は○○川? あしもり
すぐに止むにわか雨に対して一様に長く降る雨のことを「○雨」という?
散った桜の花びらが川などを流れていく様子を、船にたとえて美しく表した言葉は「花○」? いかだ
紀元前333年にアレキサンダー大王がペルシャ軍を敗走させた戦いといえば○○○○の戦い? イッソス
┗紀元前331年にアレキサンダー大王がペルシャ軍を撃破した戦いといえば○○○○○の戦い? ガウガメラ
ある虫の様子を詠んだ小林一茶の句は「やれ打つな○○が手をする足をする」? はえ
1935年に日本ペンクラブの初代会長に就任した作家は○○○○? しまざきとうそん
┗1943年に日本ペンクラブの第2代会長に就任した作家は○○白鳥? まさむね
田山花袋の小説『田舎教師』の主人公の田舎教師の名前は○○○? はやしせいぞう
┗『蒲団』の主人公の作家の名前は○○○○? たけなかときお
日本の元号の中で昭和、明治に次いで3番目に使われた期間が長いのは○○? おうえい
西暦300年頃に始まり中国晋の滅亡のきっかけを作った内乱のことを○○の乱という? はちおう
ローマ神話の神で、1月の英語名「January」の語源となっているのは○○○? ヤヌス
┗5月の英語名「May」の語源となっているのは○○○? マイア
1793年にフランスで起こった徴兵に反対する農民の反乱は○○○○の反乱? ヴァンデ
ボロボロの服と敗れた帽子を意味する、むさくるしい身なりを指した四字熟語は「○○破帽」? へいい
『息子の旅立ち』『四つの自由』など市民生活を描いた作品で有名なアメリカの画家は、ノーマン・○○○○○○? ロックウェル
愛情の深さを言った四字熟語「比翼連理」の元になった言葉は「比翼の鳥」と「連理の○」? えだ
喜劇『真夏の夜の夢』に登場する妖精・パックの有名なセリフは「○○夫人の矢よりも早く」? だったん
フランスの文学賞に名を残すアニエドモン、弟ジュールの兄弟は○○○○○兄弟? ゴンクール
1671年に伊達藩で起きたお家騒動「伊達騒動」のことを、その時の年号から「○○事件」という? かんぶん
谷崎潤一郎の小説『細雪』に登場する蒔岡家の四姉妹をフルネームで1人答えなさい まきおかつるこ
どんなに熟考したことでも一つくらいは誤りがある、ということを「千慮の○○」という? いっしつ
親が子を思う情がとても深いことを2種類の鳥を使って言った言葉は「焼け野の雉子、夜の○」? つる
1882年によって福沢諭吉によって創刊された日刊新聞の名前は「○○新報」? じじ
ドーデの小説『最後の授業』でフランス語による最後の授業をする先生の名前は○○○先生? アメル
幕末の学者・藤田東湖の四男で1864年に起きた天狗党の乱の中心人物だったのは藤田○○○? こしろう
松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだ山形市のお寺は○○○? りっしゃくじ
┗「石山の石より白し秋の風」と詠んだ石川県小松市のお寺は○○○? なたでら
江戸時代の俳人・加賀千代女の代表作は「○○○○今日はどこまで行ったやら」? とんぼつり
1410年のタンネンベルクの戦いでドイツ騎士団を破った連合国家は○○○○○・ポーランド王国? リトアニア
ふだん見聞きしているものを自然と身につけることを「○○○の雀は蒙求をさえずる」という? かんがくいん
1989年にブッシュ大統領とゴルバチョフが東西冷戦の終結を宣言したのは○○○会談? マルタ
聖徳太子の建立した四天王寺に設置された「四箇院」を1つ答えなさい りょうびょういん
明治生まれの俳人・山口誓子の有名な句は「海に出て○○○○帰るところなし」? こがらし
明治生まれの詩人中原中也の処女詩集のタイトルは『○○の歌』? やぎ
┗第二詩集のタイトルは『○○○○の歌』? ありしひ
竹中半兵衛が若い頃に、わずか17人で占拠したことで知られる斎藤龍興の居城は○○○城? いなばやま
奈良時代に光明皇后によって設置された、病人を治療する施設を「○○院」という? せやく
┗貧しい人や孤児を救うための施設を「○○院」という? ひでん
江戸時代、山脇東洋が著した日本最初の解剖書は『○○』? ぞうし
第二次大戦後に即位したイタリア最後の国王は○○○○○2世? ウンベルト
マクタン島で、ポルトガルの航海者マゼランを戦死させたフィリピンの英雄は○○○○? ラプラプ
1924年にフランスのパリでシュールレアリスム宣言をした詩人はアンドレ・○○○○? ブルトン
┗1909年に未来派宣言をしたイタリアの詩人はフィリッポ・○○○○○○? マリネッティ
1989年に起きたチェコスロバキアの無血での民主化革命のことを布地に例えて「○○○○革命」という? ビロード
┗1993年に武力衝突を伴わずにチェコtスロバキアが分離したことを「ビロード○○」という? りこん
1701年に、父の敵・赤堀源五右衛門を討ち取った「亀山の仇討ち」で有名な兄弟は○○兄弟? いしい
奥平源八が父の仇・奥平隼人を討った、江戸時代の有名な事件は「○○○坂の仇討ち」? じょうるり
1806年に幕府が出した、外国船に対して燃料や飲料水の給与を認める法令は「○○給与令」? しんすい
小説『ブルジョア』や『巴里に死す』などで有名な作家は芹沢○○○? こうじろう
青年フレデリック・ヘンリーを主人公としたヘミングウェイの小説は『○○○○○○』? ぶきよさらば
┗青年ロバート・ジョーダンを主人公としたヘミングウェイの小説は『○○○○○○鳴る』? たがためにかねは
小説『銀河鉄道の夜』のカムパネルラのモデルともいわれる宮沢賢治の妹の名前は○○? トシ
データ分類・統合法の一つ「KJ法」に名を残している日本の文化分類学者は誰? かわきたじろう
1917年に発表された詩人・萩原朔太郎の処女詩集のタイトルは『○○○○○』? つきにほえる
┗1923年に発表された第二詩集のタイトルは『○○』? あおねこ
朝鮮の李朝末期、思想家の崔済愚(さいせいぐ)が創始した宗教といえば○学? とう
山中での雨の様子を詠んだ松尾芭蕉の句は「初時雨○も小蓑をほしげなり」? さる
作家・山本周五郎の絶筆となった未完の小説は『おごそかな○○』? かわき
イザナギとイザナミとの間に生まれた最初の神と『古事記』に書かれているのは○○○? ヒルコ
1908年に日本からブラジルへの最初の移民である781名を運んだ船の名前は「○○丸」? かさど
小説『アメリカの悲劇』で有名なアメリカの作家はセオドア・○○○○○? ドライサー
長編叙事詩『長恨歌』を書いた中国唐代の詩人は○○○? はっきょい
┗小説『長恨歌』で直木賞を受賞した作家は○○○? だんかずお
フランスの画家ジョルジュ・ビゴーが、1887年から横浜で刊行した諷刺雑誌は「○○○」? トバエ
1962年に国鉄常磐線で起きた戦後最大級の列車脱線事故は○○○事故? みかわしま
女性の自殺を巡っての男たちの葛藤を描いた、作家・丸谷才一の芥川賞受賞作は『○の残り』? とし
「俳諧の古今集」とも呼ばれる松尾芭蕉門下の俳人たちによる作品集の名前は『○○』? さるみの
ギリシャ神話で、触れるもの全てを黄金に変える力を得たフリギア王は○○○? ミダス
海外では『ビッグウェーブ』の名で呼ばれる、葛飾北斎の代表作は『神奈川沖○○』? なみうら
江戸時代の近江商人の思想である「三方良し」とは、買い手よし、売り手よしと、○○よし? せけん
ペルシャ語で「宮殿」という意味のキプチャク・ハン国の首都は○○○? サライ
幕末に起きた戊辰戦争で官軍の東征大総督を務めた人物は有栖川宮○○親王? たるひと
1861年に農奴解放令を発布したロシアの皇帝は○○○○○○○2世? アレクサンドル
松尾芭蕉の有名な句は「行く春を近江の人と○○○○○」? おしみける
キリスト教で12使徒からユダが抜けた後代わりに入った人物は○○○○? マッテヤ
鎌倉時代以後、その中から摂政・関白が任ぜられた「五摂家」を1つ答えなさい たかつかさけ
終戦後に公布された「過度経済力集中排除法」で分割対象となった企業325社中、実際に分割されたのは○○社? 11
葛飾北斎の『冨嶽三十六景』に含まれる、通称を「赤富士」という作品は『○○快晴』? がいふう
1565年に京都の二条御所で松永久秀に暗殺された室町幕府第13代将軍は足利○○? よしてる
小説『ああ玉杯に花うけて』で有名な明治生まれの作家は佐藤○○? こうろく
┗その娘で、1969年の直木賞を『戦いすんで日が暮れて』で受賞したのは佐藤○○? あいこ
漢字の「空」「窓」「究」に共通する部首は○冠? あな
高句麗滅亡後の698年に大祚栄を中心としたその遺民が満州に建国した国は○○? ぼっかい
作家・よしもとばななの父である「知の巨人」と呼ばれた思想家は吉本○○? たかあき
┗俳人として有名な母は吉本○○? かずこ
現代インド社会にも影響を与える18世紀末に北部を中心に行われた土地所有制度は「○○○○○○○制」? ザミンダーリー
現在に残る象形文字として有名な「トンパ文字」を生んだ、中国の少数民族は○○族? ナシ
フランスの画家ワトーの代表作『ピエロ』の別名は『○○』? ジル
上杉謙信の急死後、その家督を巡って上杉景勝と上杉景虎の間で起こった内乱を○○の乱という? おたて
旧約聖書における「モーセ五書」とは、出エジプト記、創世記、民数記、申命記と○○記? レビ
旧約聖書の『創世記』でアベルを殺したカインが追放されたエデンの東にある地名は○○? ノド
尾崎紅葉の小説『金色夜叉』で主人公・寛一の苗字は○? はざま
┗お宮の苗字は○○? しぎさわ
作家・宮本輝の「川三部作」と呼ばれる小説を1つ答えなさい どうとんぼりがわ
フィリピンとの貿易で活躍した本名を納屋助左衛門という戦国時代の堺の豪商は○○助左衛門? るそん
小説『みつばちマーヤの冒険』を書いたドイツの作家はワルデマル・○○○○○? ボンゼルス
妻の父親のことを岳父というのに対して、妻の母親のことを○○という? じょうぼ
ナポレオンのアフリカ遠征で発見されたロゼッタストーンはプトレマイオス○世について書かれた碑文?
聖徳太子がまとめたとされる『三経義疏(ぎしょ)』の「三経」にあたるものを1つ答えなさい しょうまんぎょう
第2代大統領の息子であるアメリカ第6代大統領といえばジョン・○○○○○・アダムズ? クインシー
2016年9月に再オープンした東京都写真美術館の新しい愛称は○○○ミュージアム? トップ
小説『風と共に去りぬ』の主人公の名前はスカーレット・○○○? オハラ
┗その続編『スカーレット』の作者はアレクサンドラ・○○○○? リプリー
方舟を作ったことで有名な旧約聖書の登場人物ノアの3人の息子を1人答えなさい ヤフェト
戦国時代に武将が用いた兜の額や側頭部につけられた飾りのことを「○物」という? たて
臥薪嘗胆の元になった人物で薪の上で寝ることで屈辱を思い出したのは呉王の○○? ふさ
武士の心得を記した著書『葉隠』で有名な、江戸時代の佐賀藩の武士は○○常朝? やまもと
1970年にシハヌークを追放しカンボジアでクーデターを成功させたのはロン・○○将軍? ノル
田植えなどでの一人毎の分担範囲の呼び名に由来する、仕事などが順調に進むことを表す言葉は「○○が行く」? はか
小説で描くべきことを説いた明治の作家・坪内逍遥の文芸評論は『小説○○』? しんずい
┗それに影響を受けた作家の二葉亭四迷が書いた文芸評論は『小説○○』? そうろん
幼少期の豊臣秀吉が蜂須賀小六と出遭った伝説で知られる三河国の橋は○○橋? やはぎ
東京裁判において重要な証拠書類となった『原田日記』を記した政治家は原田○○? くまお
戦後の東京裁判におけるC級戦犯とは「○○に対する罪」で訴追された者のこと? じんどう
船が停泊時に錨を降ろすことを「○○」という? とうびょう
┗出発時に錨を巻き上げることを「○○」という? ばつびょう
ボームの小説『オズの魔法使い』で、主人公ドロシーが飼っている犬の名前は○○? トト
『モンパルナスのキキ』などの作品で有名なポーランド生まれの画家はモイーズ・○○○○○? キスリング
人から非難された時に、逆に非難し返す様子を言った表現は「逆○○を食わせる」? ねじ
明治の女流作家・樋口一葉のデビュー作の題名は『○○』? やみざくら
石川県白山市が主催する「島清恋愛文学賞」は、作家・○○○○○を記念した文学賞? しまだせいじろう
貧しくなると親類が疎遠になることを言ったことわざは「一家は遠のく○は近寄る」? のみ
古代ギリシャの学園リュケイオンの入口に書かれた言葉は「○○○を知らぬ者、入るべからず」? きかがく
長崎への原爆投下を描いた医学博士の永井隆による1949年のベストセラーは『長崎の○』? かね
1910年に初代朝鮮総督に就任した日本の政治家は○○○○? てらうちまさたけ
┗1895年に初代台湾総督に就任した日本の政治家は○○○○? かばやますけのり
樋口一葉の小説『たけくらべ』の主人公の名前は○○○? みどり
┗『大つごもり』の主人公の名前は○○? おみね
何かをすると一方の何かがおろそかになることを、「太鼓を打てば○が外れる」という? かね
江戸と京都を対比させた言葉で「江戸べらぼうに」に続く言葉は「京○○○」? どすえ
┗「江戸紫に」続く言葉は「京○○○」? かのこ
「現金自動預け払い機」を意味する略語・ATMの「T」は○○○○○○という英単語の略? TELLER
腕を長く伸ばすことを「猿」という漢字を用いて「○○を伸ばす」という? えんぴ
イギリスのエドワード1世が1295年に戦争に必要な資金調達のために招集したのは○○議会? もはん
1905年に日本による韓国の支配権、アメリカによるフィリピンの支配権を確認した協定は「桂・○○○協定」? タフト
1870年に起きた普仏戦争のきっかけとなった事件は○○○電報事件? エムス
志賀直哉が雑誌「白樺」の創刊号に発表した小説の題名は『○○まで』? あばしり
古代ローマ帝国においてキリスト教と共に隆盛を誇った、太陽神を信仰する宗教は○○○教? ミトラ
安政の大獄の時の老中で、赤鬼と呼ばれた大老・井伊直弼に対し青鬼と呼ばれたのは間部○○? あきかつ
農政家の二宮尊徳が財政再建に成功した服部家は○○○藩の家臣? おだわら
1963年の西ベルリンにおけるケネディ大統領の有名な演説は「私はベルリン○○である」? しみん
ナチスドイツでヒトラーの死後に大統領を務めた軍人はカール・○○○○○? デーニッツ
白河天皇以降の院政の時代に建てられた「六勝寺」を1つ答えなさい じょうしょうじ
1790年にマラー、ダントンを中心に創設されたフランスの政治クラブは○○○○○クラブ? コルドリエ
わが国の初代天皇といえば○○天皇? じんむ
┗2代目の天皇といえば○○天皇? すいぜい
禅の修行で、師匠と弟子の呼吸がぴったりと合うことを、雛と親鳥に例えて「○○同時」という? そったく
江戸時代に、東海道と中山道が合流した宿場町は○○? くさつ
┗甲州街道と中山道が合流した宿場町は○○○? しもすわ
温厚な性格から「仏の茂助」とも呼ばれた、豊臣三中老のひとりは○○吉春? ほりお
江戸時代の俳人・上島鬼貫の有名な俳句は「○○の捨てどころなし虫の声」? ぎょうずい
ポール・バラスらにより1795年にフランスで誕生した政府を「○○政府」という? そうさい
┗クーデターでそれを倒したナポレオンが樹立した政府を「○○政府」という? とうりょう
1900年に津田梅子が創立した津田塾大学の前身となった学校は「女子○○塾」? えいがく
津田梅子らの留学生も含まれた1871年から73年まで欧米に派遣された使節団は○○使節団? いわくら
築地小劇場で『林檎園日記』『火山灰地』などの戯曲を著した劇作家は○○○? くぼさかえ
中国・清朝の末期に行われた外国を手本に国内の近代化を図った政策は「○○運動」? ようむ
白虎隊の隊員も学んだという江戸時代に会津藩にあった学校の名前は○○館? にっしん
身籠った5人の女性を描いた明治大正期の洋画家・関根正二の代表作は『○○の悲しみ』? しんこう
森鴎外の小説『雁』で主人公の青年が散歩する坂の名前は○○坂? むえん
ユーゴーの小説『レ・ミゼラブル』の主人公はジャン・○○○○○? バルジャン
┗『ノートルダム・ド・パリ』の主人公である、醜い外見をもつ男の名前は○○○○? カジモド
1917年にマルセル・デュシャンが発表した、男子用小便器そのままの作品につけた題名は『○』? いずみ
父の思い出を綴った『父の帽子』で日本エッセイストクラブ賞を受賞した森鴎外の長女は森○○? まり
戦国時代の武将・薄田兼相と同一視される、ヒヒ退治で有名な伝説の人物は○○重太郎? いわみ
英国のキャプテン・クックが三度に渡る太平洋の航海で乗り込んだ船の名前を1つ答えなさい レゾリューション
江戸時代に『東海道中膝栗毛』を書いた戯作者は○○○一九? じっぺんしゃ
┗明治維新後に『西洋道中膝栗毛』を書いた戯作者は○○○○○? かながきろぶん
代表作に水俣病の実態を描いた『天の魚』『苦海浄土』がある女流作家は○○○○○? いしむれみちこ
吉田松陰の叔父で、長州藩に松下村塾を創立したことで知られるのは○○文之進? たまき
直径や半径の「径」をかな三文字で訓読みすると○○○? こみち
桶狭間の戦いで今川義元の首を取り、後に黒母衣衆の一人となった信長の家臣は○○新助? もうり
吉永小百合主演で映画化もされた小説『キューポラのある街』の作者は○○ちよ? はやふね
『荘子』大宗師編に由来する互いの心に逆らわず意気投合した親友を指す言葉は「○○の友」? ばくぎゃく
『ルバイヤート』の著者オマル・ハイヤームが完成させたイスラム暦は○○○○○暦? ジャラリー
『青年の環』『真空地帯』などの代表作がある第一次戦後派の作家は○○宏? のま
ローランサンとの愛を綴った詩『ミラボー橋』があるフランスの詩人はギョーム・○○○○○○? アポリネール
鳩山一郎首相のコメントに由来する、1955年1月24日の衆議院解散の通称は「○○○解散」? てんのこえ
フランス語の文法で用いる3種類の冠詞は定冠詞、不定冠詞と○○冠詞? ぶぶん
世界恐慌のきっかけとなった株価の大暴落が起きたのは1929年の○曜日? もく
┗この日は10月○○日? 24
相手の心に深い感動や感銘を与えることを意味する言葉は「○○を衝く」? はいふ
アメリカ南部を舞台にしたアースキン・コールドウェルの小説は『神の小さな○○』? とち
江戸時代の俳人・小林一茶の有名な俳句は「これがまあつひの栖か○○○」? ゆきごしゃく
スペイン語で「私の可愛い人」という意味の、キュビスム時代のピカソの絵画は『マ・○○○』? ジョリ
アメリカの初代大統領・ワシントンの夫人の名前は○○○? マーサ
スタンダールの小説『赤と黒』の主人公は○○○○○・ソレル? ジュリアン
┗『パルムの僧院』の主人公は○○○○○・デル・ドンゴ? ファブリス
ユダヤの伝承に登場する生まれてくる子供の魂がある部屋の名前は「○○の部屋」? ガフ
中世ヨーロッパの都市で結成された商工業者による職業別組合を「○○○」という? ギルド
┗それに対抗して手工業者が結成した職業別の手工業ギルドのことを「○○○○」という? ツンフト
1185年の壇ノ浦の戦いの際に平家が本陣を置いた、山口県下関市にある島は○島? ひこ
財政難に陥ったイギリスが砂糖法に続き、1765年にアメリカ植民地に対して課した法律は○○法? いんし
1920年代にイギリスが設けたインド統治法改正のための委員会は○○○○委員会? サイモン
青年・三輪与志を主人公とする埴谷雄高の未完の長編小説は『○○』? しれい
コペンハーゲン、ブリュッセル、アムステルダムの頭文字から命名された芸術家集団は○○○? コブラ
1919年にインドで制定された緊急刑事特別法の通称は○○○○○法? ローラット
日本の歴代天皇で皇極天皇が重祚した後に名乗ったのは○○天皇? さいめい
┗孝謙天皇が重祚した後に名乗ったのは○○天皇? しょうとく
大正時代の詩人・金子みすゞの代表作『私と小鳥と鈴と』の詩の最後の5文字は? みんないい
鎌倉時代の執権で、別名を「相模太郎」といったのは北条○○? ときむね
┗別名を「相模入道」といったのは北条○○? たかとき
太平天国の乱を鎮圧した義勇軍で湘勇を指導した人物は○○○? そうこくはん
┗淮勇を指導した人物は○○○? りこうしょう
小説『かういう女』で第1回女流文学者賞を受賞した作家は○○○○○? ひらばやしたいこ
真珠湾攻撃で旗艦をつとめた旧日本海軍の航空母艦は○○? あかぎ
芥川龍之介の有名な俳句は「○○おのれもペンキぬりたてか」? あおがえる
厳密な史料の検討による「近代歴史学」を確立した19世紀・ドイツの歴史学者は○○○? ランケ
第一次世界大戦の講和条約で連合軍とブルガリアの間に結ばれたのは○○○条約? ヌイイ
第一次大戦における戦いで史上初めて戦車が使われたのは○○○の戦い? ソンム
┗史上初めて毒ガスが使われたのは○○○○の戦い? イープル
1582年の山崎の戦いで敗走する明智光秀を、竹槍で突き殺した農民の名前は○○長兵衛? なかむら
日露戦争下の金沢を舞台に芸妓とロシアの青年将校の恋を描いた五木寛之の小説は『朱鷲の○』? はか
江戸時代の老中・田沼意次が初代藩主を務めた、現在の静岡県にあった藩は○○藩? さがら
ナチスドイツのヒトラーが総統美術館を作る予定だったオーストリアの都市は○○○? リンツ
江戸後期の1863年に但馬国で平野国臣らの尊王攘夷派が挙兵した事件は「○○の変」? いくの
名月の美しさを詠んだ松尾芭蕉の句は「名月や○をめぐりて夜もすがら」? いけ
2007年、奈良時代のものとされる大型の絵馬が発見された奈良市日笠町の遺跡は日笠○○○○遺跡? フシンダ
講堂は現在国宝となっている江戸時代前期に岡山藩が開いた庶民の学校は○○学校? しずたに
日野富子の夫である室町幕府将軍は足利○○? よしまさ
┗息子である室町幕府将軍は足利○○? よしひさ
仇討ちで名高い曽我兄弟で兄・曽我十郎の名前は○○? すけなり
顔文字などによく使われる記号「~」の正式名称は○○○○シルコンフレックス? アクサン
1867年坂本龍馬が後藤象二郎に新国家の構想「船中八策」を示した船の名前は○○丸? ゆうがお
京都・嵐山の初夏の様子を詠んだ松尾芭蕉の句は「六月や峰に○置く嵐山」? くも
1917年のロシアで、臨時政府の首相ケレンスキーと対立しクーデターを首謀した将軍は○○○○○○? コルニーロフ
1919年に刊行された堀口大学の処女詩集は『月光と○○○』? ピエロ
実質を失い形式だけが残っていることを、羊の生贄を捧げた中国の故事から「告朔の○○」という? きよう
芥川龍之介の小説『羅生門』の冒頭の一文は「或日の○○の事である。」? くれがた
東西ドイツが隔てた「ベルリンの壁」の建設が開始されたのは西暦○○○○年? 1961
御者の真似をした落語家にちなむ明治時代の乗合馬車の俗称は○○○馬車? えんたろう

 

 

くつがえる

 

 

しゃようかん

 

 

そばだつ

 

 

つましい

 

 

かこつける

 

 

たまたま

 

 

 

こて

 

 

つっかえる

 

 

 

おしはかる

 

 

アブシンベル

 

 

みずら

 

 

こうそう

 

 

やがて

 

 

ついたち

 

文系学問 一問多答 ☆5

次のうち江戸時代に幕府や諸藩が重視し「四木」と呼ばれた商品作物を全て選びなさい
紅花

綿
次のうち、「さようなら」を意味する各国の言葉を全て選びなさい アリヴェデルチ
アデウス
アスタルエゴ
カムサハムニダ
ブエノスディアス
次のうち、8世紀にイングランド統一が成る前の七王国(ヘプターキー)を全て選びなさい ノーサンブリア
ウェセックス
サセックス
エセックス
イーストアングリア
スコットランド
ウェールズ
次のうちイギリス・ハノーバー朝の国王を全て選びなさい ヴィクトリア女王
ジョージ1世
ウィリアム4世
アン女王
メアリ1世
ジェームズ1世
エリザベス1世
ウィリアム3世
次のうち、イギリスウィンザー朝の国王を全て選びなさい エリザベス2世
エドワード8世
ジョージ5世
ジョージ6世
ヘンリー8世
ジョージ4世
アン女王
ウィリアム4世
次のうち、イギリスプランタジネット朝の国王を全て選びなさい エドワード1世
ヘンリー2世
ウィリアム3世
次のうち、イギリス・スチュワート朝の国王を全て選びなさい ウィリアム3世 エドワード1世
ジョージ1世
次のうちメソポタミア文明においてシュメール人が築いた都市国家を全て選びなさい ウル カーリーバンガン
ヘリオポリス
次のうち、宮沢賢治の小説を全て選びなさい 若い木霊
土神と狐
山の音
トカトントン
西方の人
次のうち、宮沢賢治の小説を全て選びなさい よだかの星 小さな王国
眉かくしの霊
次のうち、林芙美子の小説を全て選びなさい めし
晩菊
うず潮
浮雲
天の夕顔
いのちの初夜
地上
次のうち、20世紀初頭に存在した芸術団体「ブリュッケ」のメンバーだった画家を全て選びなさい オットー・ミュラー パウル・クレー
アシル・ゴーキー
次のうち、20世紀初頭に存在した芸術団体「ブリュッケ」のメンバーだった画家を全て選びなさい エーリッヒ・ヘッケル
マックス・ペヒシュタイン
マーク・ロスコ
次のうち、戦時中に「マレーの虎」とあだ名された人物を全て選びなさい 谷豊
山下奉文
山本五十六
辻政信
次のうち自殺した芸術家を全て選びなさい ビュッフェ
ゴッホ
ジョアン・ミロ
次のうち自殺した作家を全て選びなさい 火野葦平 徳田秋声
佐藤春夫
次のうち自殺した作家を全て選びなさい 原民喜
有島武郎
田山花袋
次のイエズス会宣教師のうちポルトガル人を全て選びなさい ガスパル・ヴィレラ
ルイス・フロイス
マテオ・リッチ
アレッサンドロ・ヴァリニャーノ
次のうち、漢字の音読みの種類にあるものを全て選びなさい 漢音
唐音
周音
清音
蜀音
魏音
晋音
次のうち、サンフランシスコ講和会議には出席したが講和条約の調印を拒否した国を全て選びなさい ソ連
ポーランド
チェコスロバキア
インド
ユーゴスラビア
次のうちフランス東インド会社の拠点だった都市を全て選びなさい ポンディシェリ
シャンデルナゴル
マドラス
カルカッタ
ボンベイ
次のうち、平安時代に後三年の役を起こした三兄弟を全て選びなさい 藤原清衡
藤原家衡
藤原真衡
藤原泰衡
次のうち、「会議は踊る」と言われたウィーン会議に参加国の代表として出席した政治家を全て選びなさい カッスルレー
タレーマン
ネッセルローデ
メッテルニヒ
シュトレーゼマン
カニング
次のうち、中国東北部の満州地域を支配した国を全て選びなさい 渤海


高句麗

李氏朝鮮
次のうち、満州帝国で使われた元号を全て選びなさい 大同 道光
宣統
次のうち、満州帝国で使われた元号を全て選びなさい 康徳 天命
嘉慶
次のうち、「しおれる」と読む漢字を全て選びなさい 凋れる 悸れる
窶れる
次のうち、室町幕府の地方行政機関を全て選びなさい 九州探題
奥州探題
信州探題
次のうち、オランダ出身の画家ゴッホが住んだことがある国を全て選びなさい イギリス
フランス
ベルギー
スペイン
イタリア
次のうち、井伏鱒二の小説を全て選びなさい 山椒魚
黒い雨
ジョン萬次郎漂流記
五番町夕霧楼
楡家の人びと
田舎教師
次の天正遣欧少年使節のメンバーのうち正使だった者を全て選びなさい 千々石ミゲル
伊東マンショ
中浦ジュリアン
原マルティノ
次の天正遣欧少年使節のメンバーのうち副使だった者を全て選びなさい 中浦ジュリアン
原マルティノ
伊東マンショ
千々石ミゲル
次のうち、1936年に始まるスペイン内乱で、フランコ将軍率いる反乱軍を支援した国を全て選びなさい イタリア
ドイツ
ソビエト連邦
フランス
イギリス
次のうち戦後初の連立内閣となった片山哲内閣を構成していた政党を全て選びなさい 日本社会党
国民協同党
民主党
民主自由党
次のうち、ギリシャ神話でトロイ戦争の発端となる誰が最も美しいかという争いをした女神を全て選びなさい アテナ
アフロディーテ
ヘラ
アルテミス
次のうち、アメリカの作家トルーマン・カポーティの作品を全て選びなさい 冷血
ティファニーで朝食を
天使よ故郷を見よ
次のうち、コロンブスが新大陸を発見した航海に同行した船を全て選びなさい ピンタ号
サンタマリア号
ニーニャ号
サンアントニオ号
次のうち、マゼランが1519年に航海へ出発した際に率いた船を全て選びなさい サンアントニオ号
コンセプシオン号
マリーセレスト号
ゴールデンハインド号
次のうち織田信長の寵愛を受けた森蘭丸の兄弟を全て選びなさい 森力丸
森坊丸
森長可
森桜丸
森菊丸
次のうち、シェークスピアの戯曲『オセロ』の登場人物を全て選びなさい キャシオ ポローニアス
ガートルード
次のうち、シェークスピアの戯曲『オセロ』の登場人物を全て選びなさい ブラバンショー
デズデモーナ
ティボルト
次のうち女性の作家を全て選びなさい バージニア・ウルフ
アーシュラ・ル=グィン
パール・バック
ウォーレ・ショインカ
スタニスワフ・レム
次のうち女性の作家を全て選びなさい ジョージ・エリオット トーマス・エリオット
サルマン・ラシュディ
次のうち芥川龍之介の小説を全て選びなさい 邪宗門
戯作三昧
美しさと哀しみと
抱擁家族
次のうち川端康成の小説を全て選びなさい たんぽぽ
美しさと哀しみと
片腕
千羽鶴
不思議な鏡
死の棘
巨人と玩具
最後の一句
奉教人の死
次のうち、1964年の東京五輪開催中に起きたことを全て選びなさい フルシチョフ首相解任
中国が初の核実験
ザンビアが独立
フランスが初の人工衛星打ち上げ
ケネディ大統領暗殺
アルジェリア戦争勃発
次のうち、現在の北京に都をおいた中国の王朝を全て選びなさい

西普
次のうち、現在の南京を首都とした中国の王朝を全て選びなさい 東晋 西晋
後漢
次のうち、現在の西安を首都とした中国の王朝を全て選びなさい
前漢
東晋
次のうち、ノーベル文学賞を受賞した作家を全て選びなさい アンドレ・ジイド ヘンリー・ミラー
ジャン・コクトー
次のうち、ノーベル文学賞を受賞した作家を全て選びなさい アナトール・フランス
ハウプトマン
タゴール
次のうち、ノーベル文学賞を受賞した作家を全て選びなさい グラツィア・デレッダ
ルイジ・ピランデルロ
ショーロホフ
ユージン・オニール
ハーマン・メルビル
アーサー・ミラー
バージニア・ウルフ
ドストエフスキー
ストリンドベリ
次のうち、ノーベル文学賞を受賞した作家を全て選びなさい カミュ
ヘルマン・ヘッセ
キップリング
メーテルリンク
サリンジャー
次の武田信玄に仕えた戦国武将のうち、1561年に行われた第四次川中島の戦いで戦死したと伝わるものを全て選びなさい 武田信繁 高坂昌信
武田義信
次の武田信玄に仕えた戦国武将のうち、1561年に行われた第四次川中島の戦いで戦死したと伝わるものを全て選びなさい 山本勘助
諸角虎定
山県昌景
武田信康
次のうち、後醍醐天皇による建武のお新政下で力を持ち「三木一草」と呼ばれた武将を全て選びなさい 名和長年
楠木正成
山名時氏
次のうち、1574年の高天神城の戦いで争った戦国武将を全て選びなさい 武田勝頼
徳川家康
最上義光
織田信長
今川氏真
直江兼続
次のうち、「暴君」と呼ばれたローマ帝国の皇帝ネロの正妻になった女性を全て選びなさい ポッパエア
オクタウィア
スタティリア
ドミティア
カエソニア
アグリッピナ
次のうち「院展の三羽烏」と称された日本画家を全て選びなさい 安田靫彦
前田青邨
小林古径
川合玉堂
次の歴史書のうち編年体で書かれているものを全て選びなさい 日本書紀
水鏡
春秋
資治通鑑
史記
大鏡
三国史記
大日本史
次の歴史書のうち紀伝体で書かれているものを全て選びなさい 大鏡
史記
春秋
次のうち、各国の言語で「左」という意味があることばを全て選びなさい レフト
ゴーシュ
リンク
ライト
レヒト
ドロワット
次のうち、ギリシャ神話に登場するゴルゴン三姉妹を全て選びなさい ステノ
エウリュアレ
メドゥーサ
ティシポネ
次のうち東大総長などを務めた政治学者・加藤弘之の著書を全て選びなさい 真政大意
国体新論
人権新説
万国公法
自由乃理
西洋事情
次のうち、1925年にロカルノ条約を締結した国を全て選びなさい チェコスロバキア
ベルギー
イタリア
ルーマニア
スペイン
ポルトガル
次のうち、鎌倉幕府討滅の企てが失敗した1324年の「正中の変」で捕らえられた後醍醐天皇の側近を全て選びなさい 日野資朝
日野俊基
日野資宣
次のうち、フランスの画家ドミニク・アングルの作品を全て選びなさい グランド・オダリスク
メデューズ号の筏
次のうち、木下順庵の門下生「木門十哲」にいた人物を全て選びなさい 室鳩巣
新井白石
杉山杉風
森川許六
榎本其角
次のうち、木下順庵の門下生「木門十哲」にいた人物を全て選びなさい 雨森芳洲 各務支考
服部嵐雪
次のうち、中国・唐の詩人白居易の作品を全て選びなさい 長恨歌
琵琶行
赤壁賦
漁父辞
次のうち、中国・唐の詩人白居易の作品を全て選びなさい 白氏文集 桃花源記
帰去来辞
次の旧国名のうち風土記が現存しているものを全て選びなさい 肥前
豊後
豊前
肥後
次のうち「本がとても多い」という意味の四字熟語を全て選びなさい 汗牛充棟
擁書万巻
載籍浩瀚
家書万金
兆載永劫
流汗淋漓
次のうち、古代ギリシャの作家アイスキュロスの「オレステイア三部作」を全て選びなさい アガメムノン
コエーポロイ
エウメニデス
パルメニデス
次のうち、城造りで名高い藤堂高虎が築城・改修を手掛けた城を全て選びなさい 津城
今治城
伊賀上野城
熊本城
彦根城
姫路城
次のうち、イタリア語の定冠詞を全て選びなさい il
la
le
un
el
次のフランス語の単語のうち男性名詞に分類されるものを全て選びなさい poisson
taxi
japonais
次のフランス語の単語のうち男性名詞に分類されるものを全て選びなさい chocolat France
gare
次のうち、フランス革命で活躍したジャコバン派の政治家を全て選びなさい マラー
サン=ジュスト
ダントン
アベ・シェイエス
ロラン夫人
バルナーヴ
ミラボー
次のうちフランス革命当時に制定された共和暦にあるものを全て選びなさい フリメール
フロレアル
コンプラドール
ポンパドール
ユルスナール
ルミナール
次の中世の建築物のうちロマネスク様式のものを全て選びなさい クリュニー修道院 ランス大聖堂
ケルン大聖堂
次のうち、「倭の五王」とされた王を全て選びなさい

次のうち、アメリカ出身の写真家を全て選びなさい アンセル・アダムス
ジョー・ローゼンタール
ラグ・ライ
ブラッサイ
ロバート・キャパ
次のうち、マリア・テレジアが産んだ男子を全て選びなさい マクシミリアン・フランツ フランツ・シュテファン
フリードリヒ2世
カール5世
次のうち、1853年に来航した黒船の名前を全て選びなさい サラトガ
プリマス
サザンプトン
ポーハタン
スワニー
次のうち、ペリーの艦隊が日本へ来航する際に立ち寄った島を全て選びなさい セイロン島
モーリシャス島
ハワイ島
グリーンランド
マダガスカル島
次のうち、アイルランドの作家ジェイムズ・ジョイスの小説を全て選びなさい ダブリン市民
フィネガンズ・ウェイク
ユリシーズ
日の出前
人間の条件
次のうちローマ帝国が関与した戦いを全て選びなさい ユグルタ戦争
ダキア戦争
ポエニ戦争
トロイア戦争
ペルシア戦争
ヴァンダル戦争
カデシュの戦い
次のうち幕末に組織された彰義隊の隊員を全て選びなさい 渋沢成一郎
天野八郎
谷三十郎
武田観柳斎
次のうち豊臣秀吉が京都に建てた「聚楽第」の遺構とされるものを全て選びなさい 西本願寺飛雲閣
大徳寺唐門
清水寺本堂
南禅寺三門
東福寺塔頭
次のうち、豊臣秀吉が築いた城を全て選びなさい 山崎城 小牧山城
佐和山城
次のうち、豊臣秀吉が築いた城を全て選びなさい 伏見城
名護屋城
坂本城
次のお城のうち平地に築かれた平城を全て選びなさい 弘前城 彦根城
姫路城
次のうち、室町時代に侍所の所司に任じられた四職を全て選びなさい 山名氏
一色氏
京極氏
赤松氏
細川氏
斯波氏
畠山氏
次のうちスウェーデンの作家ストリンドベリの作品を全て選びなさい 死の舞踏
痴人の告白
赤い部屋
銀の鳩
雷雨
次のうち、夏目漱石の小説『吾輩は猫である』の登場人物を全て選びなさい 珍野苦沙弥 長井代助
白井道也
次のうち、夏目漱石の小説『吾輩は猫である』の登場人物を全て選びなさい 迷亭
八木独仙
多々良三平
鈴木藤十郎
野中宗助
次のうち、夏目漱石の小説の主人公を全て選びなさい 長井代助
津田由雄
時任謙作
青山半蔵
伊吹信介
次のうち直木賞を受賞した作家を全て選びなさい 井伏鱒二
佐藤愛子
大江健三郎
開高健
次のうち、清のヌルハチが制定した軍事組織「八旗」の旗の色にあるものを全て選びなさい





次のうち、608年に帰国する裴世清と共に遣隋使として海を渡った人物を全て選びなさい 僧旻 吉備真備
犬上御田鍬
次のうち、608年に帰国する裴世清と共に遣隋使として海を渡った人物を全て選びなさい 高向玄理
南淵請安
阿部仲麻呂
次のうち、江戸幕府が1860年に発令した「五品江戸廻送令」で産地から横浜への直送が禁止された品を全て選びなさい 呉服
生糸

井草
木綿
次のうちエコール・ド・パリの画家を全て選びなさい シャガール
パスキン
クリムト
ミレー
次のうち、1836年にアメリカテキサス州で起こった「アラモの戦い」で戦死を遂げた者を全て選びなさい デイビー・クロケット
ウィリアム・トラビス
ジェームズ・ファニン
ジョン・スミス
サム・ヒューストン
次のうち、人工言語「エスペラント」で使用されるアルファベットを全て選びなさい A
F
J
P
Q
W
次のうち、「ほととぎす」と読む当て字・熟字訓を全て選びなさい 杜鵑
蜀魂
沓手鳥
不如帰
善知鳥
桃花鳥
次のうち、「きりぎりす」と読む当て字・熟字訓を全て選びなさい 螽斯
蟋蟀
椿象
壁蝨
沙蚕
次のうち、暗殺された人物を全て選びなさい 伊藤博文
大村益次郎
大久保利通
勝海舟
板垣退助
次のうち1936年の二・二六事件で暗殺された人物を全て選びなさい 高橋是清 犬養毅
団琢磨
次のうち井上日召らが結成した血盟団によって暗殺された人物を全て選びなさい 井上準之助
団琢磨
森有礼
星亨
次のうちまだ解読されていない古代文字を全て選びなさい インダス文字
線文字A
古代エジプト文字
線文字B
次のうち、1648年のウェストファリア条約で独立が承認された国を全て選びなさい オランダ
スイス
ルーマニア
次のうち、ペリの艦隊が日本へ来航する際に立ち寄った島を全て選びなさい モーリシャス島 ハワイ島
マダガスカル島
次のうち正岡子規が詠んだ俳句を全て選びなさい 痰一斗糸瓜の水も間に合はず
春雨のわれにまぼろしに近き身ぞ
門しめに出て聞いて居る蛙かな
をとといの糸瓜の水もとらざりき
白菊の目に立ててみる塵もなし
次のうち、戦国時代に活躍した「美濃三人衆」の1人に数えられる武将を全て選びなさい 安藤守就
稲葉一鉄
氏家ト全
斉藤道三
次のうち正しい漢字を使っている四字熟語を全て選びなさい 頽堕委靡
一気呵成
自下薬籠
次のうち正しい漢字を使っている四字熟語を全て選びなさい 明哲保身
満腔春意
水壺秋月
次のうち正しい漢字を使っている四字熟語を全て選びなさい 扇枕温衾 凋零真滅
泥者瓦狗
次のうち正しい漢字を使っている四字熟語を全て選びなさい 擲果満車 迦遼頻迦
歓雲野鶴
次のうち、1860年に遣米使節団として咸臨丸に乗りアメリカに渡った人物を全て選びなさい 福沢諭吉
勝海舟
ジョン万次郎
木戸孝允
ジョセフ彦
次のうち、戦国時代の合戦で使用された「武田家八陣」と呼ばれる陣形にあるものを全て選びなさい 方円 顕錬
双眼
次のうち、無人島を舞台にした小説を全て選びなさい 十五少年漂流記
蝿の王
ロビンソン・クルーソー
響きと怒り
カラマーゾフの兄弟
野性の呼び声
天路歴程
次のうち、平安時代の僧・空海の著作を全て選びなさい 文鏡秘府論 欺異抄
三帖和讃
次のうち、アヘン戦争後に清とイギリスが結んだ南京条約の内容として正しいものを全て選びなさい 公行の廃止
香港島のイギリスへの割譲
賠償金として銀2100万両
中国人の海外への渡航許可
山東省の権益を渡すこと
次のうち、北宋の文人・欧陽修が文章を考えるのに都合がよい場所として挙げた「三上」に含まれるものを全て選びなさい 厠上
枕上
馬上
床上
次のうち、いわゆる「国際人工言語」を全て選びなさい ユーロパント
インターリングア
エスペラント
パーセルタング
クウェンヤ
次のうち、フランスの作家レイモン・ラディゲの作品を全て選びなさい ドルジェル伯の舞踏会
肉体の悪魔
マルテの手記
谷間の百合
次のうち、白居易の詩から「北窓三友」とされるものを全て選びなさい

次のエジプト神話の神のうち女性を全て選びなさい バステト
マアト
イシス
アヌビス
オシリス
次のうち三島由紀夫の小説の主人公を全て選びなさい 川崎誠
久保新治
武山信二
林清三
内海文三
次のうち、三島由紀夫の「憂国三部作」と呼ばれる小説を全て選びなさい 憂国
十日の菊
英霊の声
美しい星
次のうち三島由紀夫の遺作となった小説『豊饒の海』四部作を全て選びなさい 暁の寺
春の雪
天人五衰
次の大日本帝国海軍が保有していた軍艦のうち「航空母艦」に分類されるものを全て選びなさい 飛龍
蒼龍
龍驤
大鳳
大和
伊勢
次の大日本帝国海軍が保有していた軍艦のうち「航空母艦」に分類されるものを全て選びなさい 鳳翔 扶桑
比叡
次のうち「義仲四天王」と呼ばれた木曽義仲の忠臣を全て選びなさい 根井行親
今井兼平
楯親忠
源頼光
佐藤継信
梶原景季
次のうち『新古今和歌集』の選者を全て選びなさい 藤原定家 源順
藤原俊成
次のうち幕末に土佐藩で組織された土佐勤王党のメンバーだった人物を全て選びなさい 吉村寅太郎
坂本龍馬
岡田以蔵
有馬新七
真木和泉
後藤象二郎
平野国臣
久坂玄瑞
次のうち、ひらがなをいろは順と五十音順に並べた時、同じ順番になるものを全て選びなさい


次のうち、戦国時代に活躍した「伊賀上忍三家」と呼ばれる一族を全て選びなさい 服部家
百地家
猿飛家
柘植家
亀田家
次のうち、アメリカの作家スコット・フィッツジェラルドの小説を全て選びなさい 夜はやさし
楽園のこちら側
夜の軍隊
次のうち、秋の季語を全て選びなさい 二百十日
星月夜
赤い羽根
山笑う
八十八夜
汗知らず
次のうち、中国・唐代の重要な政治機関「三省」に含まれるものを全て選びなさい 尚書省
中書省
門下省
次のうちフランス第四共和政で大統領を務めた人物を全て選びなさい ルネ・コティ ポール・ドゥメール
フェリックス・フォール
次のうち、太宰治の小説を全て選びなさい 正義と微笑
道化の華
駈込み訴え
刺青
死者の奢り
次のうち三島由紀夫の小説を全て選びなさい 午後の曳航
憂国
駈込み訴え
次のうち、江戸時代の鎖国の中で対外交易を行なったいわゆる「四つの口」を全て選びなさい 松前口
薩摩口
平戸口
函館口
次のうち、島崎藤村の小説を全て選びなさい 水彩画家
藁草履
新生
桜島
神経病時代
次のうち、モロッコを支配した王朝を全て選びなさい イドリース朝
ムワッヒド朝
パフレヴィー朝
ブワイフ朝
セルジューク朝
サファヴィー朝
カージャール朝
次のうちアレクサンドル・デュマの「ダルタニャン三部作」と呼ばれる小説を全て選びなさい 三銃士
ブラジュロンヌ子爵
二十年後
王妃マルゴ
次のうちとても強い友情関係をさす慣用句を全て選びなさい 金蘭の契り
断金の契り
伐木の契り
凌雲の契り
上梓の契り
次のうち、インダス文明の都市遺跡を全て選びなさい モヘンジョダロ
ドーラビーラー
アテナイ
カルタゴ
ヘリオポリス
テーバイ
次のうち江戸時代の出来事を全て選びなさい 八月十八日の政変
尊号一件
霜月騒動
次のうち江戸時代の出来事を全て選びなさい 紫衣事件
江島生島事件
江華島事件
次のうち江戸時代の出来事を全て選びなさい 宇都宮城釣天井事件 萩の乱
虎ノ門事件
次のうち、後漢末期に起こった「黄巾の乱」で、指導者の立場にいた人物を全て選びなさい 張角
張宝
跳梁
張翼
張松
張勲
次のうち、19世紀後半に「朝鮮独立党」の中心的存在として活躍した政治家を全て選びなさい 金玉均 袁世凱
金九
次のうちアジアの国・東ティモールの公用語を全て選びなさい ポルトガル語
テトゥン語
タガログ語
次のうち徳川秀忠の娘・千姫と結婚した男性を全て選びなさい 本多忠刻
豊臣秀頼
池田光政
浅井長政
次のうち、室町時代に書かれた文学作品を全て選びなさい 風姿花伝
曽我物語
増鏡
宇治拾遺物語
愚管抄
次のうち、『U.S.A.』三部作と呼ばれるドス・パソスの小説を全て選びなさい 1919年
ビッグ・マネー
北緯四十ニ度線
1984年
次の森鴎外の小説のうち江戸時代を舞台にしたものを全て選びなさい 興津弥五右衛門の遺書
阿部一族
高瀬舟

山椒大夫
次のうち森鴎外の小説を全て選びなさい 鼠坂
阿部一族
次のうち、1600年の長谷堂城の戦いで争った戦国武将を全て選びなさい 直江兼続
最上義光
毛利元就
高橋紹運
次のうち、書道を得意とした「三蹟」に含まれる人を全て選びなさい 藤原行成
藤原佐理
小野道風
隠元
次のうち、大坂の役に浪人として参加した「五人衆」を全て選びなさい 長宗我部盛親
毛利勝永
仙石秀範
南部信景
結城朝勝
次のうち、大坂の役に浪人として参加した「五人衆」を全て選びなさい 明石全登 南部信景
十河存英
次のうち、「茶湯の三大宗匠」と称された戦国時代の茶人を全て選びなさい 津田宗及
今井宗久
千利休
神屋宗湛
次のうち豊臣政権末期に「三中老」と呼ばれた人物を全て選びなさい 中村一氏
堀尾吉晴
生駒親正
小川祐忠
次のうち『小倉百人一首』で1字決まりの歌を詠んでいる歌人を全て選びなさい 崇徳院
文屋康秀
寂蓮法師
清少納言
在原業平
蝉丸
次のうち帝政ロシア「ロマノフ朝」のツァーリ(皇帝)を全て選びなさい ピョートル1世
エカチェリーナ1世
イヴァン3世
次のうちイギリス・スチュアート朝の国王を全て選びなさい ウィリアム3世 エドワード1世
ジョージ1世
次のうち江戸時代に「寛永の三筆」と謳われた人物を全て選びなさい 本阿弥光悦
近衛信尹
松花堂昭乗
伊藤若沖
次のうち『奥の細道』に収められた松尾芭蕉の俳句を全て選びなさい 閑さや岩にしみ入る蝉の声
梅若菜丸子の宿のとろろ汁
象潟や雨に西施が合歓の花
次のうち『奥の細道』に収められた松尾芭蕉の俳句を全て選びなさい 荒海や佐渡によこたふ天河
蛤のふたみにわかれ行く秋ぞ
草臥て宿かる比や藤の花
次のうち、「おちぶれる」と読む漢字を全て選びなさい 落魄れる
零落れる
没落れる
斜陽れる
次のうち、アステカ神話に登場する神を全て選びなさい トラロック
テスカトリポカ
ウィツィロポチトリ
ケツァルコアトル
ビラコチャ
パルジャニヤ
次のうち二度のイラン・ロシア戦争で結ばれた講和条約を全て選びなさい トルコマンチャーイ条約 アイグン条約
イリ条約
次のうち、狩野派の画家を全て選びなさい 河鍋暁斎 葛飾北斎
安藤広重
次のうち、狩野派の画家を全て選びなさい 英一蝶
沖一峨
菱川師宣
次のうち臥薪嘗胆という四字熟語の元になった歴史上の人物を全て選びなさい 夫差
勾践
諸葛亮
次のうち東ローマ帝国の王朝を全て選びなさい コムネノス朝 コンスタンティヌス朝
セウェルス朝
次のうち、「南朝四代」と呼ばれた南北朝時代の天皇を全て選びなさい 後村上天皇
後亀山天皇
崇光天皇
後円融天皇
後光厳天皇
次のうち「江戸の三大大火」と呼ばれた江戸時代の火事を全て選びなさい 文化の大火
明暦の大火
明和の大火
慶長の大火
次のうちアメリカの言語学者を全て選びなさい ロナルド・ラネカー
エドワード・サピア
ニコライ・トルベツコイ
次のうちイギリスの言語学者を全て選びなさい ウィリアム・ジョーンズ
リチャード・ハドソン
ベンジャミン・ウォーフ
次のうち、1879年に南米で始まった太平洋戦争でチリと戦った国を全て選びなさい ボリビア アルゼンチン
コロンビア
パラグアイ
ベネズエラ
次のうち、内村鑑三の著書『代表的日本人』で紹介されている日本人を全て選びなさい 二宮尊徳 勝海舟
徳川家康
次のうち、内村鑑三の著書『代表的日本人』で紹介されている日本人を全て選びなさい 中江藤樹
西郷隆盛
上杉鷹山
空海
坂本龍馬
次のうち、ベルギーの画家を全て選びなさい デルヴォー
スピリアールト
モンドリアン
ココシュカ
ジャコメッティ
次のうち、ベルギーの画家ルネ・マグリットの作品を全て選びなさい 複製禁止
光の帝国
星月夜
赤の食卓
赤い塔
次のうち国字を全て選びなさい

次のうち、シェークスピアの戯曲『リア王』に登場するリア王の娘を全て選びなさい コーデリア
ゴネリル
メーガン
オフィーリア
イリーナ
ダイアン
次のうちルーブル美術館所蔵の絵画を全て選びなさい 民衆を率いる自由の女神
メデュース号の筏
ゲルニカ
次のうち「徒事」という漢字の読みを全て選びなさい むだごと
あだごと
いたずらごと
おこごと
ままごと
次のうち、「おいしい」を意味する各国の言葉を全て選びなさい ハオチー アリヴェデルチ
コップンガー
次のうち1772年から1795年にかけてポーランドを分割した国を全て選びなさい プロイセン
オーストリア
ロシア
スペイン
次のうち明の永楽帝が行なった政策を全て選びなさい 北京遷都 大明律の制定
里甲制の実施
次のうち天正遣欧少年使節が謁見したローマ教皇を全て選びなさい シクストゥス5世
グレゴリウス13世
インノケンティウス9世
ウルバヌス7世
ピウス4世
次のうち美しい女性の形容に使われる四字熟語を全て選びなさい 氷肌玉骨
明眸皓歯
嘉辰令月
次のうち美しい女性の形容に使われる四字熟語を全て選びなさい 粉粧玉琢 金烏玉兎
平沙落雁
次のうち「掃き溜めに鶴」と同じ意味のことわざを全て選びなさい 芥溜めに鶴 鶴の粟蟻の塔
虎に翼
次のうち「寛政の三博士」を全て選びなさい 尾藤二洲
柴野栗山
古賀精里
熊沢蕃山
次のうち、応仁の乱で東軍についた人物を全て選びなさい 斯波義敏
畠山政長
畠山義就
次のうち、応仁の乱で西軍についた人物を全て選びなさい 畠山義就
斯波義廉
畠山政長
次のうち、東京の増上寺に葬られた徳川将軍を全て選びなさい 徳川家茂
徳川家宣
徳川家慶
徳川家光
徳川吉宗
徳川家定
徳川家綱
次のうち、東京の寛永寺に葬られた徳川将軍を全て選びなさい 徳川綱吉
徳川家綱
徳川家重
次のうち、ナポレオン3世統治下のフランスが参加した戦争を全て選びなさい クリミア戦争
普仏戦争
アロー戦争
オーストリア継承戦争
次のアフリカの国のうち「アフリカの年」と呼ばれる1960年に独立した国を全て選びなさい ナイジェリア
カメルーン
マダガスカル
タンザニア
リビア
アルジェリア
次のうち大和朝廷の財物を収納した三蔵にあたるものを全て選びなさい 斎蔵
大蔵
内蔵
武蔵
次のうち、940年に平将門の軍を滅ぼした武将を全て選びなさい 藤原秀郷
平貞盛
藤原時平
平維盛
大蔵春実
源経基
次のうち芥川賞を受賞した作家を全て選びなさい 宮本輝 五木寛之
野坂昭如
次の文学者のうち、国際ペンクラブの副会長を務めたことがあるものを全て選びなさい 堀武昭
川端康成
井上靖
次のうち、シェークスピアの戯曲『ベニスの商人』の登場人物を全て選びなさい シャイロック オフィーリア
イアーゴ
次のうち、隠岐に流罪になった人物を全て選びなさい 後醍醐天皇 世阿弥
崇徳天皇
日蓮
次のイギリスの歴代首相のうち保守党の人物を全て選びなさい ディズレーリ アトリー
ウィルソン
次のうち、アメリカの作家ウィリアム・フォークナーの作品を全て選びなさい 八月の光 ロング・マーチ
ラスト・タイクーン
次のうち、北欧神話で主神オーディンに付き添っている狼を全て選びなさい フレキ
ゲリ
ゲルズ
ネメア
次のうち、冬の季語を全て選びなさい 露凝る
日脚伸ぶ
神無月
雁来る
いそぎんちゃく
次のうち、昔の中国の試験「科挙」に関することが由来となっている言葉を全て選びなさい 秀才
圧巻
破天荒
英才
推敲
次のうち、律令制で定められた行政区画における「五畿」を全て選びなさい 大和国
和泉国
河内国
紀伊国
丹波国
播磨国
近江国
次のうち、唐から清末までの中国で行政を分担した「六部」にあてはまるものを全て選びなさい 兵部
礼部
楽部
軍部
語部
次のうち、江戸時代の南町奉行を務めた人物を全て選びなさい 鳥居耀蔵 川路聖謨
土井利勝
次のうち、江戸時代の南町奉行を務めた人物を全て選びなさい 大岡忠相
遠山景元
堀田正俊
次のうち、平安時代末期に造営された「六勝寺」に含まれる寺を全て選びなさい 最勝寺
延勝寺
清勝寺
次のうち幼名が「竹千代」だった江戸幕府の将軍を全て選びなさい 徳川家康
徳川家光
徳川家綱
徳川綱吉
徳川吉宗
次のうち、1569年の掛川城の戦いで争った戦国武将を全て選びなさい 今川氏真
徳川家康
直江兼続
次のうちイタリアの作家を全て選びなさい デ・アミーチス ロベルト・ムージル
アーサー・ケストラー
次のうち、藤原不比等の息子である「藤原四家」の祖を全て選びなさい 藤原武智麻呂
藤原房前
藤原麻呂
藤原公任
次のうち小説『ドン・キホーテ』の登場人物を全て選びなさい サンチョ・パンサ
ドゥルシネア
アロンソ・キハーノ
次のうち昭和時代に亡くなった人物を全て選びなさい 沖雅也
石原裕次郎
長谷川一夫
長谷川町子
手塚治虫
次の徳川家康の実子のうち大阪の陣の際に大阪城攻めに参加したものを全て選びなさい 徳川頼宣 徳川頼房
松平忠吉
次のうち、シェークスピアの戯曲『マクベス』の登場人物を全て選びなさい マクダフ
マルカム
バンクォー
次のうち「唐宋八大家」と呼ばれた文人を全て選びなさい 蘇轍 顔真卿
孔穎達
次のうち、1805年のアウステルリッツの戦いで対戦した人物を全て選びなさい ナポレオン1世
アレクサンドル1世
フランツ2世
ヨーゼフ1世
次の江戸時代の藩のうち弘道館という名前の藩校を持ったところを全て選びなさい 佐賀藩
水戸藩
米沢藩
次のうち「官職を退くこと」を意味する熟語を全て選びなさい 致仕
挂冠
退官
次のうち、1303年のアナーニ事件の当事者を全て選びなさい ボニファティウス8世
フィリップ4世
グレゴリウス7世
次のうち、明の洪武帝が行なった政策を全て選びなさい 大明律の制定
里甲世の実施
鄭和を南海へ派遣
次のうち、川端康成の小説『古都』の主人公である双子の姉妹を全て選びなさい 苗子
千重子
由美子
次のうち作家・山崎豊子のいわゆる「戦争三部作」と呼ばれる小説を全て選びなさい 不毛地帯
大地の子
二つの祖国
沈まぬ太陽
次のうち『小倉百人一首』に和歌が収められている人物を全て選びなさい 後鳥羽院
順徳院
崇徳院
次のうち、フランスの作家アンドレ・ジイドの作品を全て選びなさい 贋金つくり ガラスの動物園
戯れに恋はすまじ
次の聖書の物語のうち女性の名前が題名になっているものを全て選びなさい エステル記
ルツ記
レビ記
次のうち、1878年のサン・ステファノ条約で独立した国を全て選びなさい ルーマニア
モンテネグロ
マケドニア
次のうち、戦前に芥川賞を受賞した作家を全て選びなさい 石川淳
尾崎一雄
堀田善衛
次のうち大政翼賛会の総裁を務めた人物を全て選びなさい 近衛文麿 加藤高明
米内光政
次のうち、1873年に三帝同盟を結んだ人物を全て選びなさい アレクサンドル2世
フランツ・ヨーゼフ1世
ヴィルヘルム1世
アレクサンドル3世

 

 

 

文系学問 グループ分け ☆5

次の俳句を作者ごとにグループ分けしなさい 【松尾芭蕉】
物いへば唇寒し秋の風
【河東碧梧桐】
赤い椿白い椿と落ちにけり
【服部嵐雪】
蒲団着て寝たる姿や東山
次の俳句を作者ごとにグループ分けしなさい 【松尾芭蕉】
蛤のふたみに別れ行く秋ぞ
【小林一茶】
夕空をにらみつけたる蛙哉
【正岡子規】
松山や秋より高き天守閣
春や昔十五万石の城下哉
次の幕末・明治期の人物を出身藩ごとにグループ分けしなさい 【熊本藩】
井上穀
【水戸藩】
会沢正志斎
【佐賀藩】
副島種臣
次の幕末・明治期の人物を出身藩ごとにグループ分けしなさい 【土佐藩】
福岡孝弟
【薩摩藩】
寺島宗則
【長州藩】
神代直人
奥平謙輔
次の幕末・明治期の人物を出身藩ごとにグループ分けしなさい 【土佐藩】
近藤長次郎
【薩摩藩】
真木和泉
【長州藩】
村田清風
次の幕末・明治期の人物を出身藩ごとにグループ分けしなさい 【彦根藩】
長野主膳
【佐賀藩】
大木喬任
副島種臣
【水戸藩】
藤田小四郎
【熊本藩】
太田黒伴雄
次の明治・大正期に活躍した画家をその作風ごとにグループ分けしなさい 【日本画家】
鏑木清方
【洋画家】
小磯良平
荻須高徳
次の明治・大正期に活躍した画家をその作風ごとにグループ分けしなさい 【日本画家】
狩野芳崖
川合玉堂
【洋画家】
高橋由一
浅井忠
次の明治・大正期に活躍した画家をその作風ごとにグループ分けしなさい 【日本画家】
下村観山
【洋画家】
岸田劉生
青木繁
藤田嗣治
佐伯祐三
次の事柄をそれが起きた時の江戸幕府将軍ごとにグループ分けしなさい 【徳川家治】
田沼意次が老中に
【徳川家綱】
シャクシャインの乱
【徳川家光】
島原の乱
次の事柄をそれが起きた時の江戸幕府将軍ごとにグループ分けしなさい 【徳川家定】
日米和親条約を締結
【徳川家斉】
寛政の改革
【徳川家重】
大岡忠光を側近として重用
次の戦いを紀元前・紀元後でグループ分けしなさい 【紀元前】
テルモピレーの戦い
ガウガメラの戦い
カイロネイアの戦い
カデシュの戦い
イッソスの戦い
【紀元後】
赤壁の戦い
カタラウヌムの戦い
次の戦いを紀元前・紀元後でグループ分けしなさい 【紀元前】
ファルサロスの戦い
【紀元後】
ハンダクの戦い
カーディシーヤの戦い
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【20世紀】
エデンの東
【19世紀】
カルメン
ボヴァリー夫人
【18世紀】
若きウェルテルの悩み
マノン・レスコー
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【20世紀】
肉体の悪魔
【19世紀】
地獄の季節
【18世紀】
賢者ナータン
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【20世紀】
チャタレイ夫人の恋人
【17世紀】
クレーヴの奥方
人間嫌い
【19世紀】
脂肪の塊
罪と罰
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【20世紀】
薔薇の名前
【17世紀】
ハムレット
【19世紀】
パルムの僧院
次の直木賞受賞作を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
梟の城
【女性】
最終便に間に合えば
花のれん
次の直木賞受賞作を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
火垂るの墓
復讐するは我にあり
【女性】
鏨師
執行猶予
次の直木賞受賞作を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
蒼ざめた馬を見よ
ナポレオン狂
カディスの赤い星
【女性】
熟れていく夏
花の名前
次の出来事をそれが起こった時代ごとにグループ分けしなさい 【奈良時代】
藤原仲麻呂の乱
【平安時代】
承平・天慶の乱
【南北朝時代】
藤原の戦い
四條畷の戦い
次の出来事をそれが起こった時代ごとにグループ分けしなさい 【鎌倉時代】
正中の乱
【室町時代】
永享の乱
【飛鳥時代】
丁未の乱
乙巳の変
次の出来事をそれが起こった時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
石橋山の戦い
【鎌倉時代】
宝治合戦
【室町時代】
コシャマインの戦い
次の出来事をそれが起こった時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
刀伊の入寇
【鎌倉時代】
霜月騒動
【室町時代】
長享の乱
次の出来事をそれが起こった時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
第一回総選挙を実施
【大正時代】
東京六大学野球が開始
【昭和時代】
警察予備隊の設置
次の戦いをそれが起こった世紀ごとにグループ分けしなさい 【7世紀】
ニハーヴァンドの戦い
バドルの戦い
【8世紀】
タラス河畔の戦い
【11世紀】
ヘイスティングズの戦い
【13世紀】
ワールシュタットの戦い
次の戦いをそれが起こった世紀ごとにグループ分けしなさい 【17世紀】
レヒ川の戦い
【18世紀】
プラッシーの戦い
【19世紀】
ソルフェリーノの戦い
次の戦いをそれが起こった世紀ごとにグループ分けしなさい 【17世紀】
サルフの戦い
【18世紀】
ヴァルミーの戦い
【19世紀】
アラモの戦い
次の美術作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【フェルメール】
牛乳を注ぐ女
【アングル】
【マグリット】
複製禁止
光の帝国
【ドラクロワ】
サルダナパールの死
次の美術作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【セザンヌ】
サントヴィクトワール山
【クリムト】
ユディト
【マグリット】
イメージの裏切り
次の美術作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【ピカソ】
アヴィニョンの娘たち
【エル・グレコ】
オルガス伯の埋葬
【ゴッホ】
タンギー爺さん
次の古代遺跡を国ごとにグループ分けしなさい 【アステカ帝国】
テンプロマヨール
ソカロ
【インカ帝国】
マチュ・ピチュ
次の遺跡をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【エジプト】
カルナック神殿
ヌビア遺跡群
【エチオピア】
アクスム
【アルジェリア】
ジェミラ遺跡
ティパサ遺跡
次の遺跡をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【ボリビア】
サマイパタの砦
【ペルー】
カラル=スーペ
【コロンビア】
サン・アグスティン
次の遺跡をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【イタリア】
パエストゥム遺跡
【スペイン】
アタプエルカ遺跡
城塞都市クエンカ
【マルタ】
ジュガンティーヤ神殿
【イギリス】
サットン・フー
次の遺跡を都道府県ごとにグループ分けしなさい 【北海道】
垣ノ島遺跡
常呂遺跡
【青森県】
三内丸山遺跡
丹後平古墳群
【岩手県】
御所野遺跡
樺山遺跡
熊堂古墳群
次の江戸時代の書家をその総称ごとにグループ分けしなさい 【寛政の三筆】
本阿弥光悦
近衛信尹
松花堂昭乗
【幕末の三筆】
市河米庵
貫名菘翁
次のお城をそれがあった都道府県ごとにグループ分けしなさい 【岩手県】
一戸城
【青森県】
三戸城
八戸城
次のお城をそれがあった都道府県ごとにグループ分けしなさい 【秋田県】
久保田城
【福島県】
若松城
【青森県】
根城
次のお城をそれがあった都道府県ごとにグループ分けしなさい 【愛知県】
勝幡城
【岐阜県】
岩村城
【静岡県】
韮山城
次のお城をそれがあった都道府県ごとにグループ分けしなさい 【長野県】
高遠城
【新潟県】
足尾城
【山梨県】
要害城
次のお城を築かれた地域ごとにグループ分けしなさい 【近畿地方】
竹田城
【関東地方】
金山城
【九州地方】
大野城
次のお城を築かれた地域ごとにグループ分けしなさい 【近畿地方】
八上城
御着城
【九州地方】
名護屋城
【甲信越地方】
小諸城
次の戦いを含まれる戦争ごとにグループ分けしなさい 【日清戦争】
豊島沖海戦
成歓の戦い
【日露戦争】
奉天会戦
遼陽会戦
次のイギリス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【バーナード・ショー】
ピグマリオン
【ジョージ・オーウェル】
動物農場
【フィールディング】
トム・ジョーンズ
次の教皇と神聖ローマ皇帝を当事者となった出来事ごとにグループ分けしなさい 【アナーニ事件】
フィリップ4世
【カノッサの屈辱】
グレゴリウス7世
ハインリヒ4世
【ウォルムス協約】
カリストゥス2世
ハインリヒ5世
次の美術館・博物館をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【イタリア】
アカデミア美術館
【アメリカ】
MoMA
【オランダ】
クレラー・ミュラー美術館
次の美術館・博物館をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【アメリカ】
フリック・コレクション
【イギリス】
テート・ギャラリー
【ポーランド】
チャルトリスキ美術館
次の天皇を在位した時代ごとにグループ分けしなさい 【鎌倉時代】
後伏見天皇
【室町時代】
後柏原天皇
【江戸時代】
後光明天皇
次の天皇を在位した時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
後朱雀天皇
【鎌倉時代】
後宇多天皇
【室町時代】
後花園天皇
次の鎌倉時代後期の天皇を皇室の系統ごとにグループ分けしなさい 【大覚寺統】
亀山天皇
後醍醐天皇
【持明院統】
伏見天皇
次の関東七名城と呼ばれた城をかつて位置した都道府県ごとにグループ分けしなさい 【埼玉県】
川越城
忍城
【群馬県】
前橋城
金山城
【栃木県】
唐沢山城
宇都宮城
【茨城県】
多気城
次の小説を作者ごとにグループ分けしなさい 【吉行淳之介】
砂の上の植物群
【横光利一】
紋章
【安岡章太郎】
海辺の光景
次の小説を作者ごとにグループ分けしなさい 【吉行淳之介】
驟雨
【横光利一】
日輪
【安岡章太郎】
悪い仲間
次の小説を作者ごとにグループ分けしなさい 【城山三郎】
価格破壊
【開高健】
日本三文オペラ
【大江健三郎】
飼育
次の小説を作者ごとにグループ分けしなさい 【室生犀星】
性に目覚める頃
【堀辰雄】
聖家族
【梶井基次郎】
城のある町にて
次の小説を作者ごとにグループ分けしなさい 【室生犀星】
あにいもうと
【堀辰雄】
風立ちぬ
【梶井基次郎】
桜の樹の下には
次の『小倉百人一首』に収められている和歌を詠み人の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
このたびは幣も取りあへず
朝ぼらけ有明の月と
契りなかたみに袖を
夏の夜はまだ宵ながら
立ちわかれいなばの山の
こぬ人をまつほの浦の
わたのはら八十島かけて
心あてに折らばや折らむ
【女性】
忘れじのゆく末までは
恨みわびほさぬ袖だに
いにしへの奈良の都の
有馬山猪名の笹原
恨みわびほさぬ袖だに
音に聞く高師の浜の
次の『小倉百人一首』に収められている和歌を詠み人の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
吹くからに秋の草木の
嘆けとて月やは物を
風そよぐ楢の小川の
逢ふことの絶えてしなくは
【女性】
わが袖は潮干にみえぬ
次の『小倉百人一首』に収められている和歌を詠み人の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
誰をかも知る人にせむ
【女性】
春の夜の夢ばかりなる
ながからむ心も知らず
次の言葉を出典となった書物ごとにグループ分けしなさい 【史記】
曲学阿世
【春秋左氏伝】
牛耳を執る
【老子】
大器晩成
次の言葉を出典となった書物ごとにグループ分けしなさい 【孟子】
五十歩百歩
【史記】
一敗地に塗れる
【孫氏】
巧遅は拙速に如かず
次の言葉を出典となった書物ごとにグループ分けしなさい 【後漢書】
烏合の衆
【戦国策】
漁夫の利
【史記】
酒池肉林
次の大日本帝国の軍人を所属した軍隊ごとにグループ分けしなさい 【海軍】
広瀬武夫
加藤友三郎
秋山真之
東郷平八郎
【陸軍】
大山巌
秋山好古
児玉源太郎
次の哲学者をその考えごとにグループ分けしなさい 【有神論的実存主義】
ヤスパース
キルケゴール
【無神論的実存主義】
サルトル
ニーチェ
ハイデッガー
次の哲学者を著書ごとにグループ分けしなさい 【ジョン・ロック】
市民政府二論
人間悟性論
【F・ベーコン】
学問の進歩
ノヴム・オルガヌム
【トマス・ホッブズ】
哲学原論
リバイアサン
次の江戸時代の政策を三大改革ごとにグループ分けしなさい 【享保の改革】
五公五民制を導入
御庭番を創設
【寛政の改革】
専売制を廃止
七分積金
【天保の改革】
歌舞伎を弾圧
薪水給与令
次の江戸時代の政策を三大改革ごとにグループ分けしなさい 【享保の改革】
堂島米市場の公認
【寛政の改革】
囲米
【天保の改革】
寄席を閉鎖
次の江戸時代の人物を関係した改革ごとにグループ分けしなさい 【寛政の改革】
堀田正敦
【享保の改革】
徳川吉宗
【天保の改革】
鳥居耀蔵
次の船を、船を率いた航海者ごとにグループ分けしなさい 【コロンブス】
ニーニャ号
【マゼラン】
サンティアゴ号
コンセプシオン号
次の船を、船を率いた航海者ごとにグループ分けしなさい 【コロンブス】
ピンタ号
【マゼラン】
トリニダード号
サン・アントニオ号
ビクトリア号
次の人物を登場する小説ごとにグループ分けしなさい 【蒲団】
竹中時雄
横山芳子
【痴人の愛】
ナオミ
【破戒】
瀬川丑松
猪子蓮太郎
次の美術館をそれがある都道府県ごとにグループ分けしなさい 【香川県】
丸亀美術館
【岡山県】
夢二郷土美術館
【大阪府】
正木美術館
次の美術館をそれがある都道府県ごとにグループ分けしなさい 【長野県】
北澤美術館
【福島県】
諸橋近代美術館
【千葉県】
川村記念美術館
次の作家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【イタリア】
ガヴィーノ・レッダ
【オーストリア】
ロベルト・ムージル
【ハンガリー】
カリンティ・フェレンツ
次の作家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【イタリア】
イタロ・ズベーボ
【ポーランド】
スタニスワフ・レム
【チェコ】
フランツ・カフカ
次の作家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【コロンビア】
ガルシア・マルケス
【アルゼンチン】
マヌエル・プイグ
【チリ】
ガブリエラ・ミストラル
次の文学作品をその背景となっている出来事ごとにグループ分けしなさい 【第二次世界大戦】
スローターハウス
【フランス革命】
神々は渇く
【三十年戦争】
阿呆物語
次の武将を参加した戦いごとにグループ分けしなさい 【手取川の戦い】
柴田勝家
上杉謙信
【沖田畷の戦い】
有馬晴信
龍造寺隆信
【御館の乱】
武田勝頼
次の熟語を読みの最初の一文字ごとにグループ分けしなさい 【あ】
嘲笑う
【つ】
交尾む
【さ】
復習う
私語く
流離う
【ま】
微睡む
【は】
含羞む
次の熟語を読みの最初の一文字ごとにグループ分けしなさい 【ま】
肉刺
【め】
眩暈
【ゆ】
所以
次の人物を流された島ごとにグループ分けしなさい 【伊豆大島】
源為朝
【鬼界ヶ島】
俊寛
【佐渡島】
順徳上皇
日蓮
【隠岐島】
後醍醐天皇
次の人物を流された島ごとにグループ分けしなさい 【鬼界ヶ島】
藤原成経
【八丈島】
宇喜多秀家
【佐渡島】
宗尊親王
次の歌集を作者ごとにグループ分けしなさい 【吉井勇】
酒ほがひ
【与謝野鉄幹】
天地玄黄
【土岐哀果】
NIKIWARAI
次の歌集を作者ごとにグループ分けしなさい 【島木赤彦】
切火
【折口信夫】
春のことぶれ
【堀口大学】
パンの笛
次の人物を、参加した中世の十字軍ごとにグループ分けしなさい 【第3回十字軍】
フリードリヒ1世
【第7回十字軍】
ルイ9世
【第9回十字軍】
シャルル・ダンジュー
エドワード1世
次の生物・植物を○に入る動物ごとにグループ分けしなさい 【羊】
○麻草(ドクダミ)
○駱駝(アルパカ)
○栖菜(ヒジキ)
【馬】
馬陸(ヤスデ)
○尾藻(ホンダワラ)
次の生物を意味する英語を種類ごとにグループ分けしなさい 【昆虫】
ladybird
emma field criclet
【鳥】
common oyster catcher
scops owl
japanese white-eye
次の小説を受賞した文学賞ごとにグループ分けしなさい 【芥川賞】
エーゲ海に捧ぐ
【直木賞】
遠い海からきたCOO
次の小説を受賞した文学賞ごとにグループ分けしなさい 【芥川賞】
感傷旅行
赤頭巾ちゃん気をつけて
太陽の季節
【直木賞】
暗殺の年輪
火垂るの墓
次の文学賞を国ごとにグループ分けしなさい 【ドイツ】
クライスト賞
【フランス】
ルノドー賞
【スペイン】
セルバンテス賞
次の文学賞を国ごとにグループ分けしなさい 【スペイン】
アルファグアラ賞
【ドイツ】
ビューヒナー賞
【ポルトガル】
カモンイス賞
次の漢字を成り立ちごとにグループ分けしなさい 【象形文字】


【会意文字】


次の絵画を所蔵している美術館ごとにグループ分けしなさい 【メトロポリタン美術館】
糸杉
【マウリッツハイス】
青いターバンの少女
【オルセー美術館】
オーヴェルの教会
次の絵画を所蔵している美術館ごとにグループ分けしなさい 【ルーブル美術館】
真珠の女
【プラド美術館】
プレダの開城
裸のマハ
【エルミタージュ美術館】
鞭を持つ子供
ブノワの聖母
次の絵画を所蔵している美術館ごとにグループ分けしなさい 【ルーブル美術館】
グランド・オダリスク
【オルセー美術館】
晩鐘
【MoMA】
星月夜
次のオルセー美術館の絵画をその作者ごとにグループ分けしなさい 【ゴッホ】
オーヴェールの教会
【ゴーギャン】
アレアレア
【ルソー】
戦争
次のオルセー美術館所蔵の絵画をその作者ごとにグループ分けしなさい 【ドーミエ】
洗濯女
【クールベ】
オルナンの埋葬
【セザンヌ】
水浴する男たち
次のオルセー美術館所蔵の絵画をその作者ごとにグループ分けしなさい 【ミレー】
落穂拾い
【ドガ】
観覧席前の競走馬
【マネ】
オランピア
次のアメリカ文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【ユージン・オニール】
楡の木陰の欲望
【フォークナー】
サンクチュアリ
【フィッツジェラルド】
偉大なるギャツビー
次のアメリカ文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【ウィリアム・バロウズ】
ソフトマシーン
【セオドア・ドライサー】
シスター・キャリー
アメリカの悲劇
【T・ウィリアムズ】
熱いトタン屋根の猫
次のフランス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【アンドレ・ジイド】
法王庁の抜け穴
【カミュ】
ペスト
【ユーゴー】
ノートルダム・ド・パリ
【マルロー】
王道
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【関東】
小幡藩
【九州】
福江藩
【四国】
大洲藩
次の画家を属していた画家の一派ごとにグループ分けしなさい 【印象派】
カイユボット
【ネオダダ】
ラウシェンバーグ
【キュビスム】
ロベール・ドローネー
次の画家を属していた絵画の一派ごとにグループ分けしなさい 【フォービズム】
アンドレ・ドラン
【ナビ派】
ピエール・ボナール
【ラファエル前派】
ダンテ・ロセッティ
次の画家を属していた絵画の一派ごとにグループ分けしなさい 【シュルレアリスム】
ルネ・マグリット
【ブリュッケ】
シュミット=ロットルフ
エルンスト・キルヒナー
【エコール・ド・パリ】
モディリアニ
キスリング
次の歴史上の人物を関連する革命ごとにグループ分けしなさい 【トルコ革命】
ケマル・パシャ
【メキシコ革命】
パンチョ・ビリャ
【フィリピン革命】
エミリオ・アギナルド
次の絵画を作者ごとにグループ分けしなさい 【高橋由一】
【黒田清輝】
湖畔
【青木繁】
わだつみのいろこの宮
次の芸術家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【ベルギー】
マグリット
【スイス】
ジャコメッティ
【ドイツ】
クラナッハ
次の戦国時代の人物をそれが仕えた武将ごとにグループ分けしなさい 【織田信長】
荒木村重
【伊達政宗】
鬼庭左月
【今川義元】
庵原将監
次の明治時代の人物を所属していた団体ごとにグループ分けしなさい 【硯友社】
巌谷小波
徳田秋声
【明六社】
中村正直
福澤諭吉
津田真道
西周
次の人物をそれが登場するシェークスピアの戯曲ごとにグループ分けしなさい 【ベニスの商人】
バッサニオ
【オセロ】
キャシオ
【真夏の夜の夢】
ティタニア
次の漢字を部首ごとにグループ分けしなさい 【ひとやね】



【いりがしら】

次の漢字を部首ごとにグループ分けしなさい 【かぜがまえ】
【きにょう】

次の漢字を部首ごとにグループ分けしなさい 【かくしがまえ】

【はこがまえ】
次の作家を文学の一派ごとにグループ分けしなさい 【内向の世代】
高井有一
坂上弘
【新感覚派】
稲垣足穂
【第三の新人】
三浦朱門
【新思潮派】
久米正雄
松岡譲
次の作家を文学の一派ごとにグループ分けしなさい 【第三の新人】
小島信夫
【内向の世代】
黒井千次
【新感覚派】
今東光
次の『三国志演義』の登場人物を仕えた人物ごとにグループ分けしなさい 【孫権】
陸遜
太史慈
【曹操】
司馬懿
荀いく
次の『三国志演義』の登場人物を主に仕えた君主ごとにグループ分けしなさい 【劉備】
孫乾
【曹操】
李典
徐晃
【孫権】
甘寧
諸葛瑾
次の小説の書き出しを小説の作者ごとにグループ分けしなさい 【島崎藤村】
蓮華寺では下宿を兼ねた
【伊藤左千夫】
後の月という時分が来ると
【夏目漱石】
山路を登りながら
うとうととして
次の詩集を作者ごとにグループ分けしなさい 【三木露風】
夏姫
【薄田泣菫】
白羊宮
【西条八十】
一握の玻璃
【立原道造】
暁と夕の詩
次のドイツ文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【ハウプトマン】
日の出前
【ヘルダーリン】
ヒュペーリオン
【シュトルム】
みずうみ
次の古代ギリシャの文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【トゥキディデス】
戦史
【プラトン】
ティマイオス
【ヘシオドス】
神統記
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【奈良時代】
霊亀
【江戸時代】
元和
【鎌倉時代】
元亨
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【室町時代】
宝徳
【鎌倉時代】
文保
【江戸時代】
弘化
次のロシア文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい 【ナボコフ】
ハンバート
【レールモントフ】
ペチョーリン
【ゴーリキー】
ワシリーサ
次の武将・大名を本拠地とした地域ごとにグループ分けしなさい 【東北地方】
相馬誠胤
【中部地方】
土岐頼芸
【九州地方】
小西行長
次の唐宋八大家と呼ばれた中国の文人を活躍した時代ごとにグループ分けしなさい 【唐】
柳宗元
【宋】
欧陽脩
蘇轍
蘇軾
次の武将を、大阪の陣で属した軍勢ごとにグループ分けしなさい 【豊臣方】
仙石秀範
真田幸村
織田頼長
【徳川方】
仙石忠政
南部利直
次の徳川方と豊臣方との間で行われた戦いを、それが起きた出来事ごとにグループ分けしなさい 【大坂冬の陣】
鴫野の戦い
今福の戦い
【大坂夏の陣】
天王寺・岡山の戦い
道明寺の戦い
八尾・若江の戦い
次の皇帝を国ごとにグループ分けしなさい 【オスマン帝国】
アブデュルメジト1世
【ササン朝ペルシア】
ヤズデギルド1世
ホルミズド1世
【アケメネス朝ペルシア】
ダレイオス1世
クセルクセス1世
次の戦争を始まった世紀ごとにグループ分けしなさい 【19世紀】
ギリシャ独立戦争
露土戦争
【20世紀】
ビアフラ戦争
次の小説の主人公をその小説の作者ごとにグループ分けしなさい 【尾崎士郎】
青成瓢吉
【芥川龍之介】
良秀
トック
【夏目漱石】
長井代助
津田由雄
次の1980年代に脚光を浴びたニュー・アカデミズムの著作を作者ごとにグループ分けしなさい 【岸田秀】
ものぐさ精神分析
【中沢新一】
雪片曲線論
【浅田彰】
逃走論
次の1980年代に脚光を浴びたニュー・アカデミズムの著作を作者ごとにグループ分けしなさい 【中沢新一】
チベットのモーツァルト
【浅田彰】
構造と力
【蓮實重彦】
表層批評宣言
次の彫像を所蔵している美術館ごとにグループ分けしなさい 【ルーブル美術館】
サモトラケのニケ
ミロのヴィーナス
【オルセー美術館】
ラオコーン像
【バチカン美術館】
地中海
次の説明を当てはまる歴史上の人物ごとにグループ分けしなさい 【竹中半兵衛】
播磨三木城の包囲中に死去
病弱で女性のよう
【黒田官兵衛】
最初に仕えたのは小寺政職
次の中国の王朝を首都とした都市ごとにグループ分けしなさい 【南京】
東普
【西安】
【咸陽】
次の幕末の人物を剣の流派ごとにグループ分けしなさい 【北辰一刀流】
山南敬助
【神道無念流】
木戸孝允
【鏡心明智流】
武市半平太
次のかつてイングランドにあったヘプターキーと呼ばれた国を建国した民族ごとにグループ分けしなさい 【アングル人】
イースト・アングリア王国
【サクソン人】
サセックス王国
【ジュート人】
ケント王国

 

 

 

文系学問 グループ分け ☆4

次の言葉を一般に出典とされる書物や作品ごとにグループ分けしなさい 【新約聖書】
目からうろこが落ちる
豚に真珠
笛吹けども踊らず
【ラ・フォンテーヌ寓話】
全ての道はローマに通ず
火中の栗を拾う
【リシュリュー】
ペンは剣よりも強し
【ドン・ジュアン】
事実は小説よりも奇なり
次の武将・大名を本拠地とした地域ごとにグループ分けしなさい 【北陸地方】
上杉謙信
朝倉義景
【九州地方】
有馬晴信
松浦静山
【中国地方】
陶晴賢
次の武将・大名を本拠地とした地域ごとにグループ分けしなさい 【東北地方】
上杉鷹山
伊達政宗
【中国地方】
尼子晴久
毛利敬親
小早川隆景
【四国地方】
山内豊信
長宗我部元親
次の武将・大名を本拠地とした地域ごとにグループ分けしなさい 【九州地方】
大友宗麟
【中部地方】
土岐頼遠
【関東地方】
北条氏政
次の武将・大名を本拠地とした地域ごとにグループ分けしなさい 【九州地方】
島津義久
大村純忠
【中部地方】
真田幸村
【関東地方】
上杉憲実
上杉憲政
【近畿地方】
豊臣秀吉
次の言葉をそれが表現する感情ごとにグループ分けしなさい 【笑い】
解顔
抱腹
婉然
莞爾
【怒り】
瞋恚
痛憤
立腹
激高
次の出来事をそれが起こった時代ごとにグループ分けしなさい 【飛鳥時代】
白村江の戦い
壬申の乱
【平安時代】
富士川の戦い
平治の乱
保元の乱
【南北朝時代】
観応の擾乱
中先代の乱
次の出来事をそれが起こった時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
後三年の役
前九年の役
倶利伽羅峠の戦い
【鎌倉時代】
文永・弘安の役
承久の乱
【室町時代】
嘉吉の乱
応仁の乱
次の出来事をそれが起きた時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
桂・タフト協定
日英同盟
【大正時代】
石井・ランシング協定
【昭和時代】
日独伊三国防共協定
極東国際軍事裁判が開廷
次の出来事をそれが起きた時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
日本が台湾出兵
大審院を設置
【大正時代】
日本でラジオ放送が開始
日本が国際連盟に加盟
【昭和時代】
浜口雄幸首相が暗殺
次の出来事をそれが起きた時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
ノルマントン号事件
【大正時代】
シーメンス事件
【昭和時代】
二・ニ六事件
次のキリスト教の宣教師をその出身国ごとにグループ分けしなさい 【ポルトガル】
ガスパル・ヴィレラ
ルイス・フロイス
【ドイツ】
アダム・シャール
【スペイン】
フランシスコ・ザビエル
【イタリア】
オルガンティノ
ヴァリニャーノ
次のキリスト教の宣教師をその出身国ごとにグループ分けしなさい 【ポルトガル】
ガスパル・コエリョ
ルイス・デ・アルメイダ
【イタリア】
カスティリオーネ
マテオ・リッチ
【フランス】
ジャン・レジス
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【奈良時代】
万葉集
【平安時代】
伊勢物語
古今和歌集
【鎌倉時代】
無名草子
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【江戸時代】
雨月物語
浮世風呂
【平安時代】
和漢朗詠集
落窪物語
紫式部日記
【室町時代】
増鏡
難太平記
風姿花伝
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【江戸時代】
おらが春
古事記伝
【平安時代】
和泉式部日記
【鎌倉時代】
愚管抄
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【14世紀】
神曲
カンタベリー物語の
【18世紀】
ロビンソン・クルーソー
ガリバー旅行記
【20世紀】
車輪の下
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
人間失格
【昭和時代】
それから
当世書生気質
次の文学作品をその背景となっている出来事ごとにグループ分けしなさい 【日露戦争】
坂の上の雲
君死にたまふことなかれ
【太平洋戦争】
火垂るの墓
黒い雨
俘虜記
レイテ戦記
次の文学作品をその背景となっている出来事ごとにグループ分けしなさい 【第一次世界大戦】
西部戦線異状なし
武器よさらば
【第二次世界大戦】
ブリキの太鼓
凱旋門
灰とダイヤモンド
【スペイン内乱】
カタロニア讃歌
誰がために鐘は鳴る
次の小説の主人公をその小説の作者ごとにグループ分けしなさい 【谷崎潤一郎】
春琴
【夏目漱石】
野中宗助
小川三四郎
【田山花袋】
竹中時雄
林清三
【五木寛之】
伊吹信介
【森鴎外】
太田豊太郎
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【三島由紀夫】
英霊の声
【太宰治】
ヴィヨンの妻
桜桃
【谷崎潤一郎】
蓼食う虫
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【山本有三】
女の一生
真実一路
【山本周五郎】
樅ノ木は残った
青べか物語
赤ひげ診療譚
【井上靖】
天平の甍
敦煌
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【川端康成】
眠れる美女
古都
【坂口安吾】
白痴
桜の森の満開の下
【佐藤春夫】
田園の憂鬱
【太宰治】
二十世紀旗手
ダス・ゲマイネ
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【永井荷風】
ふらんす物語
腕くらべ
【幸田露伴】
五重塔
風流仏
【芥川龍之介】
杜子春
戲作三昧
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【火野葦平】
糞尿譚
【壺井栄】
二十四の瞳
【井上靖】
おろしや国酔夢譚
しろばんば
蒼き狼
【水上勉】
飢餓海峡
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【ストリンドベリ】
令嬢ジュリー
死の舞踏
【セルバンテス】
ドン・キホーテ
【ボッカチオ】
デカメロン
【ジェイムズ・ジョイス】
ユリシーズ
次のロシア文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【チェーホフ】
ワーニャ伯父さん
桜の園
【ゴーゴリ】
狂人日記
【マルシャーク】
森は生きている
【ドストエフスキー】
悪霊
白痴
次のロシア文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【ソルジェニーツィン】
ガン病棟
【ゴーリキー】
【ゴーゴリ】
死せる魂
検察官
次のロシア文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【ロープシン】
蒼ざめた馬
【ツルゲーネフ】
父と子
初恋
【ショーロホフ】
開かれた処女地
次のアメリカ文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【スタインベック】
エデンの東
怒りの葡萄
【バーネット】
小公女
【ハーマン・メルヴィル】
タイビー
次のイギリス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【バニヤン】
天路歴程
【スコット】
湖上の美人
【ヴァージニア・ウルフ】
ダロウェイ夫人
灯台へ
【ディケンズ】
大いなる遺産
次のイギリス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【デフォー】
ロビンソン・クルーソー
【スウィフト】
ガリバー旅行記
【アラン・シリトー】
土曜の夜と日曜の朝
【サッカレー】
虚栄の市
バリー・リンドン
【トマス・ハーディ】
テス
次のフランス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【スタンダール】
パルムの僧院
【アンドレ・ジイド】
狭き門
贋金つくり
【シャトーブリアン】
ルネ
アタラ
【フローベール】
サランボー
ボヴァリー夫人
【バルザック】
従妹ペット
次のドイツ文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【ヘルマン・ヘッセ】
デミアン
春の嵐
【ギュンター・グラス】
ブリキの太鼓
【レマルク】
西部戦線異状なし
凱旋門
【ブレヒト】
三文オペラ
次の江戸時代の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【本居宣長】
古事記伝
玉勝間
【滝沢馬琴】
南総里見八犬伝
椿説弓貼月
【近松門左衛門】
女殺油地獄
心中天網島
【与謝蕪村】
新花摘
次の江戸時代の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【小林一茶】
おらが春
【近松門左衛門】
国性爺合戦
【上田秋成】
雨月物語
【松尾芭蕉】
野ざらし紀行
次のイギリス文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい 【ディケンズ】
シドニー・カートン
【オスカー・ワイルド】
ドリアン・グレイ
【エミリー・ブロンテ】
ヒースクリフ
【サマセット・モーム】
ストリックランド
【スチーブンソン】
ジキル博士
ジム・ホーキンス
次のロシア文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい 【トルストイ】
カチューシャ
【ドストエフスキー】
ムイシュキン公爵
【ツルゲーネフ】
バザーロフ
次のドイツ文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい 【ギュンター・グラス】
オスカル・マツェラート
【リルケ】
マルテ
【ゲーテ】
ファウスト
ウェルテル
【トマス・マン】
アシェンバッハ
ハンス・カストルプ
次の文学作品を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
幸福な王子
ベニスに死す
ガリバー旅行記
西部戦線異状なし
【女性】
クレーヴの奥方
大地
あしながおじさん
高慢と偏見
次の文学作品を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
ジキル博士とハイド氏
月と六ペンス
【女性】
サイラス・マーナー
ダロウェイ夫人
ジェイン・エア
青い麦
次の遺跡をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【イラク】
バビロンの遺跡
ウル遺跡
【レバノン】
ビブロス遺跡
【パキスタン】
モヘンジョダロ
【タイ】
ワット・ポー
【トルコ】
トロイ遺跡
カッパドキア
次の遺跡をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【イラン】
ベヒストゥン碑文
アジャンター石窟群
【インド】
アジャンター石窟群
【ウズベキスタン】
サマルカンド
次の遺跡をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【フランス】
ポン・デュ・ガール
アルルのローマ遺跡
【ドイツ】
トリーアのローマ遺跡
歴史都市ゴスラー
【ギリシャ】
メテオラ
アイガイの遺跡
次の動詞を、読み方ごとにグループ分けしなさい 【おそれる】
慴れる
畏れる
【もつれる】
縺れる
【なだれる】
傾れる
【まみれる】
塗れる
次の動詞を、読み方ごとにグループ分けしなさい 【あこがれる】
憧れる
憬れる
【まくれる】
捲れる
【かれる】
嗄れる
【おくれる】
後れる
【じゃれる】
戯れる
次の動詞を、読み方ごとにグループ分けしなさい 【あきれる】
呆れる
【まみれる】
塗れる
【こなれる】
熟れる
【おそれる】
慴れる
畏れる
次の動詞をその読みごとにグループ分けしなさい 【わらう】
咲う
嗤う
【ととのう】
斉う
調う
【さらう】
攫う
掠う
浚う
次の形容詞をその読みごとにグループ分けしなさい 【だるい】
懈い
怠い
【かたじけない】
忝い
辱い
【くらい】
冥い
昏い
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【せんき】
疝気
【あんき】
晏起
【えんき】
冤鬼
厭忌
【りんき】
悋気
【うんき】
湿気
次の戦いをそれが起こった世紀ごとにグループ分けしなさい 【18世紀】
ヴァルミーの戦い
プラッシーの戦い
【19世紀】
ソルフェリーノの戦い
アウステルリッツの戦い
【20世紀】
レニングラードの戦い
ダンケルクの戦い
次の戦争を始まった世紀ごとにグループ分けしなさい 【14世紀】
百年戦争
【15世紀】
ばら戦争
【17世紀】
北方戦争
ロシア・ポーランド戦争
三十年戦争
【18世紀】
フランス革命戦争
アメリカ独立戦争
次の戦争を始まった世紀ごとにグループ分けしなさい 【19世紀】
アロー戦争
イタリア統一戦争
普墺戦争
【20世紀】
印パ戦争
インドネシア独立戦争
スペイン内戦
コンゴ動乱
次のフランス国王を王朝ごとにグループ分けしなさい 【カペー朝】
フィリップ2世
【カロリング朝】
ピピン
【ヴァロワ朝】
フランソワ1世
シャルル7世
【ブルボン朝】
シャルル10世
次のフランス国王を王朝ごとにグループ分けしなさい 【カペー朝】
フィリップ4世
ルイ9世
【ヴァロワ朝】
シャルル9世
アンリ2世
【ブルボン朝】
ルイ14世
ルイ18世
次の漢字を、「学年別漢字配当表」に基づき習うとされる小学校の学年ごとにグループ分けしなさい 【一年生】


【三年生】

次の漢字を、「学年別漢字配当表」に基づき習うとされる小学校の学年ごとにグループ分けしなさい 【二年生】


【四年生】



次の漢字を、「学年別漢字配当表」に基づき習うとされる小学校の学年ごとにグループ分けしなさい 【四年生】



【六年生】



次の漢字を、部首ごとにグループ分けしなさい 【ちから】



【じゅう】

【にく】


次の漢字を、部首ごとにグループ分けしなさい 【と】
【ふるとり】


【にく】
次の漢字を、部首ごとにグループ分けしなさい 【た】

【き】

【こころ】

次の漢字を、部首ごとにグループ分けしなさい 【ひ】
【あくび】
【くち】
次の漢字を、部首ごとにグループ分けしなさい 【いと】
【つち】
【ならびひ】
【た】
次の皇帝を国ごとにグループ分けしなさい 【神聖ローマ帝国】
アルブレヒト2世
アルフォンソ10世
【オスマン帝国】
メフメト2世
【ササン朝ペルシア】
アルデシール1世
次の皇帝を国ごとにグループ分けしなさい 【神聖ローマ帝国】
マクシミリアン1世
ヨーゼフ2世
フェルディナント1世
【オスマン帝国】
ムラト1世
セリム1世
アフメト1世
【ササン朝ペルシア】
バハラーム1世
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【近畿】
膳所藩
赤穂藩
【中国】
津山藩
長府藩
備中松山城
【九州】
大村藩
唐津藩
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【近畿】
柳生藩
【中国】
長府藩
【九州】
唐津藩
次の漢字をかな3文字の読みごとにグループ分けしなさい 【あした】
【やから】

【うてな】
【ほうき】
【いわや】
次の漢字をかな3文字の読みごとにグループ分けしなさい 【うつつ】
【はかり】
【よしみ】

【しるし】

次の漢字をかな3文字の読みごとにグループ分けしなさい 【なかま】
【かがみ】
【かたき】
次の漢字をかな3文字の読みごとにグループ分けしなさい 【めもり】
【しぶき】
【あらわ】
【ほとり】

次の漢字をかな3文字の読みごとにグループ分けしなさい 【ほとり】

【あらわ】
【ためし】
次の漢字をかな3文字の読みごとにグループ分けしなさい 【とりで】
【いさお】
【いくさ】
次の漢字をかな3文字の読みごとにグループ分けしなさい 【くだり】
【きずな】
【よすが】

次の熟語を意味ごとにグループ分けしなさい 【明け方】
払暁
黎明
鶏鳴
曙光
【夕暮れ】
入相
薄暮
昏黄
次のことわざを出典ごとにグループ分けしなさい 【論語】
一を聞いて十を知る
君子危うきに近寄らず
【史記】
春秋に富む
傍若無人
次のことわざを出典ごとにグループ分けしなさい 【論語】
温故知新
巧言令色すくなし仁
【史記】
鳴かず飛ばず
四面楚歌
次の歴史上の人物を性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
ル・コルビュジエ
コシューシコ
リンドバーグ
鄭成功
【女性】
ネフェルティティ
ワンガリ・マータイ
ムムターズ・マハル
次の歴史上の人物を関連した戦争ごとにグループ分けしなさい 【クリミア戦争】
アルフレッド・ノーベル
ナイチンゲール
【アメリカ独立戦争】
ラファイエット
タデウシュ・コシチュシュコ
【ギリシャ独立戦争】
ジョージ・バイロン
次の四字熟語を一文字目の漢字ごとにグループ分けしなさい 【青】
○息吐息
○天白日
○史汗簡
○山一髪
【赤】
○手空拳
○口毒舌
○貧如洗
○縄繋足
次の四字熟語を○に入る動物の漢字ごとにグループ分けしなさい 【雀】
欣喜○躍
【兎】
鳶目○耳
金烏玉○
【蛙】
○鳴蝉噪
次のことわざ・慣用句を○に入る動物ごとにグループ分けしなさい 【兎】
株を守りて○を待つ
【猿】
○の水練魚の木登り
○の尻笑い
【猪】
山より大きな○は出ぬ
次の小説を舞台となっている都道府県ごとにグループ分けしなさい 【大分県】
恩讐の彼方に
【熊本県】
阿部一族
【東京都】
武蔵野夫人
【北海道】
蟹工船
次の小説を舞台となっている都道府県ごとにグループ分けしなさい 【長崎県】
海と毒薬
沈黙
【北海道】
カインの末裔
【兵庫県】
火垂るの墓
細雪
【埼玉県】
キューポラのある街
次の作家を活躍した時代ごとにグループ分けしなさい 【古代ローマ】
タキトゥス
ユウェナリス
ウェルギリウス
【古代ギリシャ】
トゥキディデス
ホメロス
ヘシオドス
次の作家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【アイルランド】
ジョナサン・スウィフト
ロレンス・スターン
【イタリア】
デ・アミーチス
カルロ・コッローディ
グラツィア・デレッダ
【ポルトガル】
フェルナンド・ペソア
ジョゼ・サラマーゴ
次の作家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【アイルランド】
バーナード・ショー
オスカー・ワイルド
アントニオ・タブッキ
ジェイムズ・ジョイス
【イタリア】
アントニオ・タブッキ
チェーザレ・パヴェーゼ
ジョヴァンニ・ヴェルガ
【スペイン】
セルバンテス
ガルシア・ロルカ
次の幕末の人物を剣の流派ごとにグループ分けしなさい 【天然理心流】
近藤勇
土方歳三
沖田総司
【直心影流】
勝海舟
【北辰一刀流】
千葉周作
坂本龍馬
次の幕末の人物を所属していた組織ごとにグループ分けしなさい 【海援隊】
沢村惣之丞
坂本龍馬
陸奥宗光
【奇兵隊】
三浦梧楼
吉田稔麿
次の表記を漢字が正しく使われているかいないかでグループ分けしなさい 【正しい】
指南
交歓試合
【正しくない】
三半器管
次の表記を漢字が正しく使われているかいないかでグループ分けしなさい 【正しい】
浮動票
群集心理
有頂天
西暦
【正しくない】
不可決
犠性
百科辞典
未到峰
次の表記を漢字が正しく使われているかいないかでグループ分けしなさい 【正しい】
悲壮感
聴聞会
相棒
禁制品
【正しくない】
完壁
賛非両論
異和感
相言葉
次の難読漢字を漢字を正しく使っているか一文字誤りがあるかでグループ分けしなさい 【正しい】
危機一髪
志操堅固
【誤りがある】
不具戴天
一陽来福
一積千金
直情経行
次の難読漢字を漢字を正しく使っているか一文字誤りがあるかでグループ分けしなさい 【正しい】
諸行無常
意気衝天
意味深長
快刀乱麻
【誤りがある】
天衣無法
虚心担懐
次の天皇を在位した時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
後白河天皇
後一条天皇
【鎌倉時代】
後醍醐天皇
後嵯峨天皇
【江戸時代】
後桜町天皇
後桃園天皇
次の事柄をその説明に合うアメリカ大統領ごとにグループ分けしなさい 【カーター】
キャンプ・デービッド合意
2002年ノーベル平和賞受賞
【レーガン】
ロン・ヤス外交
スターウォーズ計画を推進
【クリントン】
北米自由貿易協定に調印
次の事柄をその説明に合うアメリカ大統領ごとにグループ分けしなさい 【ジョンソン】
ベトナムに北爆を開始
【ケネディ】
ニューフロンティア政策
【ニクソン】
ベトナム戦争を終結させる
ドルと金の交換を停止
次の事柄をその説明に合うソ連の政治家ごとにグループ分けしなさい 【スターリン】
大粛清を敢行
トロツキーを国外追放
【フルシチョフ】
キューバ危機を回避
スターリン批判
【ゴルバチョフ】
マルタ会談で冷戦を終結
ペレストロイカを実施
次の芸術家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【フランス】
アンリ・マティス
マリー・ローランサン
【オランダ】
デ・クーニング
【イタリア】
デ・キリコ
ヴェロネーゼ
次の芸術家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【オーストリア】
エゴン・シーレ
クリムト
【スペイン】
ムリリョ
オスカー・ドミンゲス
【アメリカ】
マーク・ロスコ
マン・レイ
次の芸術家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【ロシア】
カンディンスキー
【メキシコ】
フリーダ・カーロ
ディエゴ・リベラ
【イギリス】
ジョン・コンスタブル
ウィリアム・ターナー
次の芸術家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【フランス】
ジョルジュ・ルオー
【スペイン】
ジョアン・ミロ
【アメリカ】
リキテンスタイン
次の美術館をそれがある都道府県ごとにグループ分けしなさい 【静岡県】
MOA美術館
池田20世紀美術館
【愛知県】
名古屋ボストン美術館
徳川美術館
【神奈川県】
箱根 彫刻の森美術館
【東京都】
国立西洋美術館
国立新美術館
次の聖書に収められている正典を旧約聖書か新約聖書かでグループ分けしなさい 【旧約聖書】
レビ記
エゼキエル書
創世記
出エジプト記
【新約聖書】
マタイ福音書
マルコ福音書
ルカ福音書
ヨハネの黙示録
次の夏目漱石の小説の登場人物を作品ごとにグループ分けしなさい 【門】
野中宗助
【坊っちゃん】
山嵐
赤シャツ
【三四郎】
小川三四郎
里見美禰子
【吾輩は猫である】
水島寒月
珍野苦沙弥
次の王朝をその王朝が栄えた国ごとにグループ分けしなさい 【モロッコ】
ワッタース朝
サアド朝
【イラン】
カージャール朝
【インド】
グプタ朝
サータバーハナ朝
次の王朝をその王朝が栄えた国ごとにグループ分けしなさい 【モロッコ】
イドリース朝
ムラービト朝
【イラン】
アケメネス朝
ササン朝
【インド】
クシャーナ朝
マウリヤ朝
次の王朝をその王朝が栄えた国ごとにグループ分けしなさい 【ヨーロッパ】
カスティリャ王国
【東南アジア】
マラッカ王国
【アフリカ】
マリ王国
次の王朝をその王朝が栄えた国ごとにグループ分けしなさい 【タイ】
スコタイ王朝
アユタヤ王朝
【イラン】
サーマーン朝
アフシャール朝
サファビー朝
【インド】
ゴール朝
次の王朝をその王朝が栄えた国ごとにグループ分けしなさい 【フランス】
カロリング朝
【イギリス】
ヨーク朝
【ポーランド】
ヤゲロー朝
次の戦国武将を関ヶ原の戦いでの勢力ごとにグループ分けしなさい 【東軍】
本多正純
井伊直政
結城秀康
【西軍】
織田信包
長宗我部盛親
次の戦国武将を関ヶ原の戦いでの勢力ごとにグループ分けしなさい 【東軍】
福島正則
池田輝政
山内一豊
細川忠興
【西軍】
小西行長
長束正家
次の国を第二次世界大戦の勢力ごとにグループ分けしなさい 【連合国】
カナダ
ニュージーランド
【枢軸国】
ハンガリー
次の国を第二次世界大戦の勢力ごとにグループ分けしなさい 【連合国】
オランダ
【枢軸国】
ブルガリア
ルーマニア
次の戦国武将を妻とした女性ごとにグループ分けしなさい 【お市の方】
浅井長政
柴田勝家
【江】
佐治一成
豊臣秀勝
【千姫】
本多忠刻
豊臣秀頼
次の幕末・明治期の人物を学んだ施設ごとにグループ分けしなさい 【適塾】
橋本左内
福澤諭吉
大村益次郎
武田斐三郎
【松下村塾】
久坂玄端
高杉晋作
伊藤博文
山縣有朋
次の幕末・明治期の人物を出身藩ごとにグループ分けしなさい 【会津藩】
西郷頼母
【福岡藩】
平野国臣
【松代藩】
佐久間象山
【熊本藩】
横井小楠
【水戸藩】
武田耕雲斎
次の幕末・明治期の人物を出身藩ごとにグループ分けしなさい 【中津藩】
福澤諭吉
【佐賀藩】
大隈重信
【薩摩藩】
小松帯刀
次の幕末・明治期の人物を出身藩ごとにグループ分けしなさい 【土佐藩】
岡田以蔵
【薩摩藩】
西郷従道
田中新兵衛
【長州藩】
久坂玄端
前原一誠
次の法律・法令をそれが作られた時代ごとにグループ分けしなさい 【奈良時代】
養老律令
刪定律令
【鎌倉時代】
永仁の徳政令
【江戸時代】
公事方御定書
次の法律・法令をそれが作られた時代ごとにグループ分けしなさい 【室町時代】
嘉吉の徳政令
建武の徳政令
【安土桃山時代】
バテレン追放令
身分統制令
【江戸時代】
真言宗法度
大船建造の禁
薪水給与令
自分仕置令
次の詩集を作者ごとにグループ分けしなさい 【堀口大学】
月光とピエロ
【上田敏】
海潮音
【谷川俊太郎】
六十二のソネット
次の詩集を作者ごとにグループ分けしなさい 【北原白秋】
邪宗門
【谷川俊太郎】
二十億光年の孤独
【三好達治】
測量船
次の詩集を作者ごとにグループ分けしなさい 【芥川龍之介】
邪宗門
【坪内逍遥】
当世書生気質
小説神髄
【田山花袋】
蒲団
田舎教師
次の言葉をそれにかかる枕詞ごとにグループ分けしなさい 【ぬばたまの】


【うつせみの】

【しろたへの】


次の古代ローマの政治家を行った政治体制ごとにグループ分けしなさい 【第1回三頭政治】
カエサル
クラッスス
ポンペイウス
【第2回三頭政治】
アントニウス
レピドゥス
オクタビアヌス
次の天皇を性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
孝明天皇
白河天皇
嵯峨天皇
【女性】
皇極天皇
元正天皇
孝謙天皇
元明天皇
明正天皇
次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい 【スウェーデン】
ストリンドベリ
ラーゲルレーヴ
リンドグレーン
【イギリス】
デフォー
バニヤン
【ドイツ】
レマルク
次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい 【アメリカ】
パール・バック
【フランス】
マルタン・デュ・ガール
【ドイツ】
ベルトルト・ブレヒト
次の『小倉百人一首』に収められている和歌を詠み人の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
田子の浦にうち出てみれば
わが庵は都のたつみ
ちはやぶる神代もきかず
これやこの行くも帰るも
【女性】
玉の緒よ絶なば絶ね
大江山いくのの道の
夜をこめて鳥の空音は
やすはらで寝なましものを
次の『小倉百人一首』に収められている和歌を詠み人の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
秋の田のかりほの庵の
こぬ人をまつほの浦の
人はいさ心もしらず
【女性】
花の色はうつりにけりな
めぐりあひて見しや
嘆きつつひとりぬる夜の
次の画家を属していた絵画の一派ごとにグループ分けしなさい 【ポスト印象派】
ゴーギャン
ゴッホ
セザンヌ
【ポップ・アート】
アンディ・ウォーホル
ロイ・リキテンスタイン
【キュビスム】
ジョルジュ・ブラック
ピカソ
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
延喜
【室町時代】
永享
応永
【江戸時代】
宝暦
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【奈良時代】
神護景雲
【平安時代】
承平
天慶
【江戸時代】
嘉永
天明
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
承和
貞観
【鎌倉時代】
貞永
永仁
乾元
【江戸時代】
明和
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【奈良時代】
宝亀
【平安時代】
治承
寿永
【安土桃山時代】
慶長
【室町時代】
享徳
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【飛鳥時代】
和銅
朱鳥
【平安時代】
長保
【鎌倉時代】
暦仁
次の武将を参加した戦いごとにグループ分けしなさい 【耳川の戦い】
島津義久
田原親賢
【長篠の戦い】
武田勝頼
織田信長
次の武将を参加した戦いごとにグループ分けしなさい 【三方ヶ原の戦い】
徳川家康
武田信玄
【賤ヶ岳の戦い】
羽柴秀吉
次の漢字を成り立ちごとにグループ分けしなさい 【指事文字】
【会意文字】
【象形文字】
【形声文字】
次の事柄をそれが起きた時の江戸幕府将軍ごとにグループ分けしなさい 【徳川家茂】
公武合体策で和宮と結婚
【徳川綱吉】
側用人・柳沢吉保を重用
【徳川家慶】
蛮社の獄
ペリーが初来航
【徳川吉宗】
足高の制を制定
公事方御定書を制定
次のかつての日本の都をそれがあった都道府県ごとにグループ分けしなさい 【滋賀県】
紫香楽宮
保良宮
大津宮
【奈良県】
藤原京
平城京
【京都府】
長岡京
平安京
恭仁京
次の書き出しで始まる文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
あづまぢの道のはてよりも
いづれのおほん時にか
【江戸時代】
桜もちるに歎き
月日は百代の過客にして
【明治時代】
廻れば大門の見返り
親譲りの無鉄砲で
次の書き出しで始まる文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
秋のけは入り立つままに
かくありし時過ぎて
【明治時代】
石炭をば早や積み果てつ
千早振る神無月も
【昭和時代】
おい地獄さ行ぐんだで!
国境の長いトンネルを
次の江戸時代の政策を三大改革ごとにグループ分けしなさい 【享保の改革】
目安箱を設置
小石川養生所を設置
【寛政の改革】
朱子学以外の講義を禁止
人足寄場を設置
【天保の改革】
株仲間を解散
人返し令
上知令
次のお城を築かれた地域ごとにグループ分けしなさい 【甲信越地方】
新発田城
上田城
【東海地方】
岡崎城
駿府城
【四国地方】
高松城
丸亀城
宇和島城
次のお城を築かれた地域ごとにグループ分けしなさい 【中国地方】
津山城
備中松山城
【関東地方】
小田原城
【東北地方】
二本松城
多賀城
【近畿地方】
安土城
次の人物を登場する小説ごとにグループ分けしなさい 【舞姫】
エリス
太田豊太郎
【金色夜叉】
間貫一
鴫沢宮
【野菊の墓】
斉藤政夫
戸村民子
次の作家を文学の一派ごとにグループ分けしなさい 【新感覚派】
川端康成
横光利一
【第三の新人】
遠藤周作
吉行淳之介
安岡章太郎
【新思潮派】
菊池寛
芥川龍之介
次の室町時代の武家をまとめて呼ばれた家格ごとにグループ分けしなさい 【三管領】
畠山
細川
斯波
【四職】
一色
山名
京極
赤松
次のプロレタリア文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【葉山嘉樹】
海に生くる人々
【徳永直】
太陽のない街
【中野重治】
甲乙丙丁
【小林多喜二】
蟹工船
党生活者
次の熟語を読みの最初の一文字ごとにグループ分けしなさい 【う】
項垂れる
狼狽える
自惚れる
【よ】
蹌踉ける
【あ】
周章てる
【さ】
彷徨える
次の漢字を成り立ちごとにグループ分けしなさい 【形声文字】
【指事文字】
【象形文字】
次の美術作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【ムンク】
思春期
【ゴッホ】
医師ガシェの肖像
【ルソー】
蛇使いの女
次の美術作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【モネ】
印象・日の出
睡蓮
【ベラスケス】
ブレダの開城
【マネ】
笛を吹く少年
【レンブラント】
夜警
【ゴヤ】
裸のマハ
次の美術作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【マネ】
オランピア
草上の昼食
【ルソー】
眠れるジプシー女
【ゴッホ】
医師ガシェの肖像
次の『三国志演義』の登場人物を主に仕えた君主ごとにグループ分けしなさい 【劉備】
趙雲
黄忠
【曹操】
典韋
荀彧
【孫権】
周瑜
次の講和条約をその原因となった出来事ごとにグループ分けしなさい 【フランク王国分割】
ヴェルダン条約
メルセン条約
【七年戦争】
パリ条約
フベルトゥスブルク条約
【第一次世界大戦】
ヴェルサイユ条約
次の俳句を作者ごとにグループ分けしなさい 【松尾芭蕉】
荒波や佐渡によこたふ天河
閑さや岩にしみ入蝉の声
【種田山頭火】
まつすぐな道でさみしい
いつも一人で赤とんぼ
【与謝蕪村】
朝顔や一輪深き淵の色
凧きのふの空のありどころ
次の戦国時代の戦いをその舞台になった県ごとにグループ分けしなさい 【長野県】
川中島の戦い
【滋賀県】
賤ヶ岳の戦い
姉川の戦い
【京都府】
本能寺の変
【愛知県】
桶狭間の戦い
長篠の戦い
次の戦国時代に武田家に仕えた武将を、戦死したとされる戦いごとにグループ分けしなさい 【上田原の戦い】
甘利虎泰
【第四次川中島の戦い】
武田信繁
【長篠の戦い】
原昌胤
山県昌景
次の戦国時代の人物をそれが仕えた武将ごとにグループ分けしなさい 【徳川家康】
酒井忠次
榊原康政
板倉勝重
【豊臣秀吉】
蜂須賀小六
小西行長
石田三成
【石田三成】
渡辺勘兵衛
【武田信玄】
甘利虎泰
板垣信方
小山田信茂
次の戦国時代の人物をそれが仕えた武将ごとにグループ分けしなさい 【石田三成】
島左近
渡辺勘兵衛
【上杉謙信】
宇佐美定満
直江実綱
【徳川家康】
井伊直政
次の戦国時代の人物をそれが仕えた武将ごとにグループ分けしなさい 【伊達政宗】
茂庭綱元
【石田三成】
蒲生頼郷
【毛利元就】
桂広澄
志道広良
次の古代中国の人物を由来となった故事成語ごとにグループ分けしなさい 【刎頸の交わり】
藺相如
廉頗
【水魚の交わり】
諸葛孔明
劉備玄徳
次のお城をそれがあった都道府県ごとにグループ分けしなさい 【山形県】
鶴ヶ岡城
米沢城
【宮城県】
多賀城
白石城
【岩手県】
盛岡城
雫石城
次のお城をそれがあった都道府県ごとにグループ分けしなさい 【岡山県】
鬼ノ城
備中松山城
【広島県】
吉田郡山城
福山城
【島根県】
月山富田城
【山口県】
萩城
次の中国の反乱をそれが起こった時の国ごとにグループ分けしなさい 【元】
紅巾の乱
【明】
土木の変
寧王の乱
【清】
三藩の乱
白蓮教徒の乱
【秦】
陳勝・呉広の乱
次のギリシャ神話の神を性別でグループ分けしなさい 【男】
アレス
クロノス
ディオニュソス
【女】
ペルセポネ
デメテル
次の小説の書き出しを小説の作者ごとにグループ分けしなさい 【太宰治】
私は、その男の写真を三葉
富士の頂角、広重の富士は
【梶井基次郎】
えたいのしれない不吉な塊
【小林多喜二】
おい地獄さ行ぐんだで!
【夏目漱石】
宗助は先刻から縁側へ
次の戦国武将を秀吉政権での総称ごとにグループ分けしなさい 【五大老】
小早川隆景
宇喜多忠家
前田利家
徳川家康
毛利輝元
【五奉行】
増田長盛
長束正家
浅野長政
石田三成
前田玄以
次の出来事を時代ごとにグループ分けしなさい 【明治】
大逆事件
佐賀の乱
日比谷焼き打ち事件
【大正】
シーメンス事件
虎ノ門事件
白虹事件
【昭和】
二・二六事件
五・一五事件
血盟団事件
下山事件
帝銀事件
次の人物を活躍した中国三国志時代の王朝ごとにグループ分けしなさい 【魏】
夏侯尚
曹丕
【呉】
諸葛瑾
【蜀】
劉備
諸葛亮
次の人物をその人物が支配した中国の王朝ごとにグループ分けしなさい 【金】
完顔阿骨打
【秦】
始皇帝
【明】
洪武帝
【随】
楊堅
【清】
ヌルハチ
次の国を栄えた地域ごとにグループ分けしなさい 【ヨーロッパ】
フランク王国
ブルグント王国
カスティリャ王国
【東南アジア】
チャンパ王国
マラッカ王国
【アフリカ】
アクスム王国
マリ王国
次の国を栄えた地域ごとにグループ分けしなさい 【ヨーロッパ】
西ゴート王国
アラゴン王国
ランゴバルド王国
【アフリカ】
モノモタパ王国
ソンガイ王国
【東南アジア】
マジャパヒト王国
次の戦いを含まれる世界大戦ごとにグループ分けしなさい 【第一次世界大戦】
ソンムの戦い
ガリポリの戦い
ヴェルダンの戦い
【第二次世界大戦】
ダンケルクの戦い
エル・アラメインの戦い
ノルマンディー上陸作戦
レニングラード包囲戦
バルジの戦い
次のイギリス国王を王朝ごとにグループ分けしなさい 【プランタジネット朝】
エドワード1世
ジョン
リチャード1世
【テューダー朝】
エドワード6世
【ノルマン朝】
ウィリアム1世
【ステュアート朝】
ジェームズ1世
次のイギリス国王を王朝ごとにグループ分けしなさい 【テューダー朝】
エリザベス1世
ヘンリー7世
【スチュアート朝】
アン女王
ウィリアム3世
【ウィンザー朝】
エリザベス2世
ジョージ6世
次の大航海時代に活躍した人物を出身国ごとにグループ分けしなさい 【イタリア】
アメリゴ・ヴェスプッチ
コロンブス
ジョン・カボット
マゼラン
【フランス】
ブーゲンビル
【ポルトガル】
B・ディアス
バスコ・ダ・ガマ
【イギリス】
フランシス・ドレーク
次のことわざ・慣用句を○に入る鳥ごとにグループ分けしなさい 【鶴】
○の栗を拾う如し
焼け野の雉子夜の○
掃き溜めに○
【鳩】
○に三枝の礼あり
○を憎み豆を作らぬ
【鴨】
○が葱を背負って来る
○を打って鴛鴦を驚かす
次の文学の登場人物を登場する作品ごとにグループ分けしなさい 【ドン・キホーテ】
ドゥルシネーア
サンチョ・パンサ
【パルムの僧院】
ファブリス
【レ・ミゼラブル】
コゼット
マリウス・ポンメルシー
【変身】
グレゴール・ザムザ
【カルメン】
ドン・ホセ
次の条約をそれが締結された時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
千島樺太交換条約
日朝修好条規
【大正時代】
日ソ基本条約
日英米仏四ヶ国条約
【昭和時代】
サンフランシスコ講和条約
日中平和友好条約
次の日本史の出来事を起こった世紀ごとにグループ分けしなさい 【7世紀】
大化の改新
【8世紀】
平安京へ遷都
東大寺大仏の建立
次の説明を幕末に結ばれた条約ごとにグループ分けしなさい 【日米和親条約】
漂流民の引き渡し
【日米修好通商条約】
自由貿易
下田の閉港
アメリカの領事裁判権許可
次の中国の政治家をその人物がついた役職ごとにグループ分けしなさい 【国家主席】
劉少奇
【国務院総理(首相)】
温家宝
李鵬
次のアメリカ文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい 【ヘミングウェイ】
フレデリック・ヘンリー
【T・ウィリアムズ】
ブランチ
【T・カポーティ】
ホリー・ゴライトリー
次の人物をそれが登場するシェークスピアの戯曲ごとにグループ分けしなさい 【真夏の夜の夢】
オベロン
【ベニスの商人】
ポーシャ
シャイロック
【リア王】
ゴネリル
リーガン
次のことわざを「魚」の部分の漢字の一般的な読みごとにグループ分けしなさい 【ぎょ】
池魚の殃
大魚は小池に棲まず
【うお】
木に緑りて魚を求む
釜中魚を生ず
【とと】
目高も魚のうち
次のフランス文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい 【スタンダール】
ジュリアン・ソレル
ファブリス
【モリエール】
アルセスト
【カミュ】
ムルソー
次のフランス文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい 【ヴェルヌ】
フィリアス・フォッグ
【アンドレ・ジイド】
ジェローム
ジェルトリュード
【エクトル・マロ】
レミ
【デュマ】
エドモン・ダンテス
【モーパッサン】
ジョルジュ・デュロア
次の画家を性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
上村松篁
【女性】
小倉遊亀
上村松園
秋野不矩

 

 

 

文系学問 グループ分け ☆3

次の事柄を当てはまる戦国武将ごとにグループ分けしなさい 【織田信長】
将軍・足利義昭を追放
安土城を築く
【豊臣秀吉】
聚楽第を設営
北野大茶会を主催
刀狩令制定
【徳川家康】
1603年征夷大将軍に
死後は東照大権現に
次の事柄を当てはまる戦国武将ごとにグループ分けしなさい 【織田信長】
本能寺の変で死去
桶狭間の戦いで勝利
【豊臣秀吉】
太閤検地を実施
大阪城を築城
【徳川家康】
江戸幕府を創設
大阪の陣で勝利
関ヶ原の戦いで勝利
次の事柄を当てはまる戦国武将ごとにグループ分けしなさい 【織田信長】
楽市・楽座を制定
延暦寺を焼き打ち
【豊臣秀吉】
山崎の戦いで勝利
バテレン追放令
北条氏を滅ぼして天下統一
【徳川家康】
大御所政治を行う
幼少時は今川氏の人質に
次の人物を当てはまるものごとにグループ分けしなさい 【アメリカ大統領】
ワシントン
リンカーン
トルーマン
ケネディ
レーガン
【イギリス首相】
サッチャー
チャーチル
次の人物を当てはまるものごとにグループ分けしなさい 【アメリカ大統領】
セオドア・ルーズベルト
ユリシーズ・グラント
ウッドロウ・ウィルソン
ジェームズ・モンロー
【イギリス首相】
クレメント・アトリー
ネヴィル・チェンバレン
アーサー・バルフォア
ロイド・ジョージ
次の人物を当てはまるものごとにグループ分けしなさい 【戦国武将】
真田幸村
武田信玄
毛利元就
【幕末の志士】
中岡慎太郎
大久保利通
次の歴史上の人物を当てはまるものごとにグループ分けしなさい 【戦国武将】
伊達政宗
織田信長
徳川家康
【幕末の志士】
西郷隆盛
高杉晋作
坂本龍馬
次の歴史上の人物を当てはまるものごとにグループ分けしなさい 【戦国武将】
前田慶次
今川義元
直江兼続
北条早雲
【幕末の志士】
武市瑞山
後藤象二郎
大村益次郎
小松帯刀
次の歴史上の人物を当てはまるものごとにグループ分けしなさい 【戦国武将】
上杉謙信
武田信玄
【幕末の志士】
大久保利通
吉田松陰
伊藤博文
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【紀元前】
ソクラテスの弁明
女の平和
イリアス
【16世紀】
愚神礼賛
ガルガンチュア物語
【19世紀】
赤と黒
カラマーゾフの兄弟
アンクル・トムの小屋
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【紀元前】
ガリア戦記
イソップ寓話
ラーマーヤナ
【17世紀】
マクベス
ドン・キホーテ
【20世紀】
悲しみよこんにちは
ライ麦畑でつかまえて
風と共に去りぬ
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【江戸時代】
南総里見八犬伝
世間胸算用
【平安時代】
とりかへばや物語
浜松中納言物語
栄華物語
【室町時代】
太平記
曽我物語
申楽談儀
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【江戸時代】
浮世床
日本永代蔵
【明治時代】
金色夜叉
坊っちゃん
【昭和時代】
金閣寺
夜明け前
細雪
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【江戸時代】
春色梅児誉美
【明治時代】
吾輩は猫である
当世書生気質
一握の砂
【昭和時代】
黒い雨
仮面の告白
蟹工船
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【奈良時代】
古事記
日本書紀
【平安時代】
蜻蛉日記
【鎌倉時代】
徒然草
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
源氏物語
枕草子
【江戸時代】
好色一代男
浮世風呂
奥の細道
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
高野聖
三四郎
田舎教師
破戒
斜陽
【昭和時代】
雪国
山羊の歌
智恵子抄
次の書き出しで始まる文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい 【奈良時代】
天地初めて発けし時
古に天地未だ倒れず
【平安時代】
昔、男初冠して、平城の京
男もすなる日記といふもの
春はあけぼの
【鎌倉時代】
祇園精舎の鐘の声
行く河の流れは絶えずして
つれづれなるままに
次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい 【アメリカ】
カート・ヴォネガット
ドス・パソス
ノーマン・メイラー
【イタリア】
マンゾーニ
ダヌンツィオ
【ロシア】
ソルジェニーツィン
レールモントフ
次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい 【アメリカ】
セオドア・ドライサー
ハーマン・メルビル
【イギリス】
バージニア・ウルフ
トマス・ハーディ
ウォルター・スコット
【フランス】
マルセル・プルースト
ロマン・ロラン
アンドレ・マルロー
次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい 【アメリカ】
サリンジャー
O・ヘンリー
フォークナー
【ロシア】
ゴーゴリ
【フランス】
サン=テグジュペリ
カミュ
次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい 【イギリス】
サマセット・モーム
ジョン・ミルトン
オスカー・ワイルド
【イタリア】
ボッカチオ
ダンテ
【フランス】
フローベール
アンドレ・ジイド
シャトーブリアン
次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい 【イギリス】
ウィリアム・サッカレー
アラン・シリトー
【イタリア】
ウンベルト・エーコ
【フランス】
エクトル・マロ
アンリ・バルビュス
アレクサンドル・デュマ
次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい 【イギリス】
エミリー・ブロンテ
シェークスピア
ディケンズ
【ドイツ】
ヘルマン・ヘッセ
トマス・マン
【フランス】
レイモン・ラディゲ
ジュール・ヴェルヌ
次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい 【ドイツ】
ゲーテ
シラー
【ロシア】
ゴーリキー
プーシキン
チェーホフ
【フランス】
モリエール
ラブレー
ユーゴー
次の城を居城とした人物ごとにグループ分けしなさい 【豊臣秀吉】
長浜城
大阪城
山崎城
【徳川家康】
駿府城
江戸城
【北条氏政】
小田原城
【織田信長】
岐阜城
安土城
次の城を居城とした人物ごとにグループ分けしなさい 【徳川家康】
岡崎城
浜松城
【豊臣秀吉】
姫路城
伏見城
【伊達政宗】
仙台城
米沢城
次の歴史上の人物を性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
ツタンカーメン
マルコ・ポーロ
潘基文
チェ・ゲバラ
【女性】
ジャンヌ・ダルク
桂昌院
エカチェリーナ2世
アウン・サン・スー・チー
次の歴史上の人物を性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
ヴラド・ツェペシュ
サラディン
セシル・ローズ
李舜臣
【女性】
江青
額田王
リリウオカラニ
ハトシェプスト
次の歴史上の人物を性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
サン・テグジュペリ
コナン・ドイル
泉鏡花
高浜虚子
【女性】
アガサ・クリスティー
ジョルジュ・サンド
清少納言
トーベ・ヤンソン
次の歴史上の人物を性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
スターリン
孔子
小野妹子
【女性】
クレオパトラ
サッチャー
次の文学作品を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
武器よさらば
若きウェルテルの悩み
エデンの東
罪と罰
【女性】
ニルスのふしぎな旅
若草物語
フランダースの犬
小公女
次の文学作品を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
レ・ミゼラブル
老人と海
カラマーゾフの兄弟
赤と黒
老人と海
【女性】
悲しみよこんにちは
風と共に去りぬ
アンクル・トムの小屋
嵐が丘
次の文学作品を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
徒然草
土佐日記
方丈記
【女性】
枕草子
蜻蛉日記
源氏物語
十六夜日記
更級日記
次の文学作品を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
夜明け前
細雪
路傍の石
青春の門
【女性】
二十四の瞳
華岡青洲の妻
大地の子
放浪記
次の文学作品を作者の性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
金閣寺
坊っちゃん
羅生門
走れメロス
【女性】
氷点
恍惚の人
みだれ髪
たけくらべ
次の作家を性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
吉田兼好
井原西鶴
鴨長明
紀貫之
【女性】
紫式部
和泉式部
清少納言
赤染衛門
次の天皇を性別ごとにグループ分けしなさい 【男性】
桓武天皇
天智天皇
聖武天皇
後鳥羽天皇
後醍醐天皇
【女性】
持統天皇
推古天皇
後桜町天皇
次の浮世絵を作者ごとにグループ分けしなさい 【安藤広重】
木曽街道六十九次
東海道五十三次
【葛飾北斎】
冨嶽三十六景
冨嶽百景
【菱川師宣】
見返り美人図
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【芥川龍之介】
蜘蛛の糸
羅生門
【夏目漱石】
それから
こころ
【森鴎外】

舞姫
【宮沢賢治】
セロ弾きのゴーシュ
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【夏目漱石】
行人
彼岸過迄
【尾崎紅葉】
金色夜叉
【志賀直哉】
暗夜行路
城の崎にて
【宮沢賢治】
オツベルと象
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【樋口一葉】
たけくらべ
【夏目漱石】
坊っちゃん
吾輩は猫である
【宮沢賢治】
注文の多い料理店
風の又三郎
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【太宰治】
走れメロス
人間失格
【三島由紀夫】
金閣寺
仮面の告白
潮騒
【川端康成】
伊豆の踊子
雪国
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【三島由紀夫】
宴のあと
【谷崎潤一郎】
細雪
【太宰治】
斜陽
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【森鴎外】
文づかひ
【島崎藤村】
夜明け前
【夏目漱石】
草枕
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【井伏鱒二】
黒い雨
山椒魚
【三島由紀夫】
憂国
美徳のよろめき
【菊池寛】
恩讐の彼方に
父帰る
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【樋口一葉】
大つごもり
十三夜
【森鴎外】
高瀬舟
阿部一族
【泉鏡花】
高野聖
義血侠血
婦系図
次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【有島武郎】
或る女
カインの末裔
【森鴎外】
うたかたの記
【夏目漱石】
草枕
次の江戸時代の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【十返舎一九】
東海道中膝栗毛
【式亭三馬】
浮世床
浮世風呂
【松尾芭蕉】
奥の細道
【井原西鶴】
日本永代蔵
好色一代男
次の言葉を、由来ごとにグループ分けしなさい 【仏教用語】
妄想
億劫
出世
愚痴
【故事成語】
逆鱗
杞憂
助長
杜撰
次の言葉を、由来ごとにグループ分けしなさい 【仏教用語】
縁起
律儀
会釈
【故事成語】
折檻
矛盾
推敲
蛇足
次の人物を『小倉百人一首』に和歌が収められている人物と収められていない人物にグループ分けしなさい 【収められている】
蝉丸
西行法師
猿丸大夫
文屋康秀
【収められてない】
鑑真
日蓮
神武天皇
藤原道長
次の人物を『小倉百人一首』に和歌が収められている人物と収められていない人物にグループ分けしなさい 【収められている】
喜撰法師
在原行平
山部赤人
阿部仲麻呂
藤原定家
僧正遍昭
【収められてない】
大津皇子
道鏡
蘇我入鹿
推古天皇
豊臣秀吉
長屋王
源頼朝
稗田阿礼
次の人物を『小倉百人一首』に和歌が収められている人物と収められていない人物にグループ分けしなさい 【収められている】
和泉式部
式子内親王
小野小町
清少納言
【収められてない】
日野富子
北条政子
千姫
卑弥呼
次の人物を『小倉百人一首』に和歌が収められている人物と収められていない人物にグループ分けしなさい 【収められている】
天智天皇
柿本人麻呂
紀貫之
持統天皇
【収められてない】
平清盛
次の文明をそれが起こった国ごとにグループ分けしなさい 【ペルー】
インカ文明
アンデス文明
【メキシコ】
サポテカ文明
オルメカ文明
テオティワカン文明
【ギリシャ】
トロイア文明
キクラデス文明
次の文明をそれが起こった国ごとにグループ分けしなさい 【パキスタン】
インダス文明
【メキシコ】
マヤ文明
アステカ文明
【ギリシャ】
クレタ文明
ミケーネ文明
【イラク】
メソポタミア文明
次の言葉を、品詞ごとにグループ分けしなさい 【形容詞】
明るい
細かい
危ない
珍しい
【動詞】
借りる
食べる
暮らす
次の言葉を、品詞ごとにグループ分けしなさい 【形容詞】
うるわしい
おもしろい
かわいい
【動詞】
よそおう
きかざる
次の言葉を、品詞ごとにグループ分けしなさい 【動詞】
考える
走る
眠る
【形容詞】
うれしい
明るい
深い
【副詞】
しばらく
時々
次の言葉を、品詞ごとにグループ分けしなさい 【動詞】
ひざまずく
逃げる
失う
【形容詞】
おかしい
うらめしい
悲しい
【接続詞】
しかし
ところで
次のことばを品詞ごとにグループ分けしなさい 【名詞】
ぞうり
ざぶとん
きっぷ
【副詞】
いよいよ
こっそり
あらかじめ
次のことばを品詞ごとにグループ分けしなさい 【名詞】
すし
すもうとり
すきやき
【副詞】
すっかり
すぐに
次のことばを品詞ごとにグループ分けしなさい 【形容詞】
おもしろい
まばゆい
うるわしい
【動詞】
しあげる
きかざる
よそおう
次のことばを品詞ごとにグループ分けしなさい 【形容詞】
細かい
危ない
明るい
珍しい
【動詞】
暮らす
次のことばを品詞ごとにグループ分けしなさい 【形容動詞】
きれいだ
すなおだ
【動詞】
ためらう
とまどう
さまよう
次の言葉を、言語ごとにグループ分けしなさい 【フランス語】
コンソメ
グランプリ
エチケット
【オランダ語】
どんたく
インキ
【スペイン語】
カルデラ
カスタネット
次の言葉を、言語ごとにグループ分けしなさい 【フランス語】
アバンギャルド
グラタン
クーデター
【オランダ語】
ゴム
ランドセル
ポンプ
【ロシア語】
コンビナート
イクラ
次の言葉を、言語ごとにグループ分けしなさい 【フランス語】
アラカルト
アップリケ
ブーケ
【ポルトガル語】
合羽
ビードロ
【イタリア語】
テンポ
トトカルチョ
モットー
次の神様を登場する神話ごとにグループ分けしなさい 【日本神話】
アマテラスオオミカミ
ツクヨミノミコト
【インド神話】
ブラフマー
ヴィシュヌ
シヴァ
次の神様を登場する神話ごとにグループ分けしなさい 【ローマ神話】
ミネルバ
マルス
ダイアナ
バッカス
【ギリシャ神話】
プロメテウス
アルテミス
ヘルメス
デメテル
次の神様を登場する神話ごとにグループ分けしなさい 【ローマ神話】
ジュピター
プルート
ネプチューン
【ギリシャ神話】
ゼウス
ポセイドン
ハデス
次の熟語の組み合わせをその関係ごとにグループ分けしなさい 【類義語】
「長所」と「美点」
「容易」と「簡単」
「突然」と「不意」
「不安」と「心配」
【対義語】
「延長」と「短縮」
「加盟」と「脱退」
「複雑」と「単純」
「垂直」と「水平」
次の武将・大名を本拠地とした地域ごとにグループ分けしなさい 【東北地方】
大崎義隆
最上義守
相馬義胤
【中部地方】
諏訪勝頼
小笠原長時
【中国地方】
吉見頼興
三村元親
次の武将・大名を本拠地とした地域ごとにグループ分けしなさい 【中部地方】
今川氏真
武田勝頼
斎藤道三
【四国地方】
長宗我部盛親
【中国地方】
尼子経久
毛利輝元
次の武将・大名を本拠地とした地域ごとにグループ分けしなさい 【中部地方】
今川義元
武田信玄
【九州地方】
島津義久
龍造寺隆信
【中国地方】
毛利元就
尼子義久
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【東北】
仙台藩
盛岡藩
弘前藩
【関東】
伊勢崎藩
水戸藩
【中国】
岡山藩
鳥取藩
松江藩
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【東北】
会津藩
米沢藩
【中部】
尾張藩
浜松藩
【九州】
熊本藩
福岡藩
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【東北】
黒石藩
本荘藩
【中部】
田原藩
【四国】
丸亀藩
今治藩
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【近畿】
桑名藩
【四国】
土佐藩
【九州】
小倉藩
久留米藩
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【関東】
古河藩
佐倉藩
沼田藩
【中部】
郡上藩
沼津藩
【九州】
中津藩
秋月藩
高鍋藩
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【九州】
平戸藩
柳河藩
【北陸】
長岡藩
丸岡藩
【北海道】
松前藩
【中国】
津和野藩
岩国藩
次の江戸時代の藩をそれがあった地域ごとにグループ分けしなさい 【北陸】
加賀藩
福井藩
【近畿】
津藩
紀州藩
【東北】
八戸藩
天童藩
【関東】
前橋藩
高崎藩
次の英語の代名詞を単数か複数かでグループ分けしなさい 【単数】
I
he
she
it
【複数】
we
they
次の英語の代名詞を人称ごとにグループ分けしなさい 【一人称】
we
【二人称】
you
【三人称】
it
they
次の俳句を作者ごとにグループ分けしなさい 【与謝蕪村】
菜の花や月は東に日は西に
【小林一茶】
我と来て遊べや親のない雀
【松尾芭蕉】
秋深き隣は何をする人ぞ
五月雨を集めて早し最上川
古池や蛙飛びこむ水の音
【尾崎放哉】
足のうら洗へば白くなる
咳をしても一人
次の熟語を読みの最初の一文字ごとにグループ分けしなさい 【あ】
灰汁
飛鳥
天晴
【い】
田舎
悪戯
【う】
雲丹
泡沫
団扇
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【ようさん】
養蚕
葉酸
洋傘
【ようさい】
要塞
洋裁
【ようきん】
洋琴
溶菌
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【けいせい】
傾城
契情
警醒
【けいせん】
軽賤
【けいけい】
炯炯
【けいてい】
兄弟
【けいじょう】
敬譲
警杖
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【てんちょう】
天聴
天寵
【てんじょう】
天壌
【てんきゅう】
天穹
天泣
【てんちゅう】
天柱
天誅
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【てんぼう】
展望
【てんこう】
天候
【せんとう】
銭湯
戦闘
尖塔
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【かいり】
懐裡
乖離
【へいり】
弊履
瓶裏
【けいり】
警吏
経理
【だいり】
内裏
【さいり】
犀利
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【こうさん】
降参
公算
【こうさい】
虹彩
交際
【そうさい】
総裁
次の熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【がらす】
硝子
【なめこ】
滑子
【はしご】
階子
梯子
【ねじ】
螺子
捩子
捻子
次の熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【にきび】
面皰
【ふけ】
頭垢
雲脂
【しらふ】
白面
素面
次の熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい 【かや】
蚊帳
【あぐら】
胡座
【あずまや】
東屋
阿舎
四阿
【おもや】
主屋
母屋
次の三字熟語を由来ごとにグループ分けしなさい 【仏教用語】
有頂天
長広舌
醍醐味
無尽蔵
金輪際
【故事成語】
登竜門
破天荒
太公望
次の四字熟語を由来ごとにグループ分けしなさい 【仏教用語】
他力本願
言語道断
一念発起
【故事成語】
傍若無人
夜郎自大
捲土重来
夜郎自大
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
保元
【鎌倉時代】
文永
弘安
承久
【江戸時代】
享保
寛政
天保
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【飛鳥時代】
大化
大宝
【安土桃山時代】
天正
文禄
【江戸時代】
安政
文政
次の元号をそれが使われた時代ごとにグループ分けしなさい 【奈良時代】
天平
養老
【鎌倉時代】
宝治
正中
【江戸時代】
文化
文久
慶応
明暦
次のことわざ・慣用句を○に入る言葉ごとにグループ分けしなさい 【鬼】
○も十八番茶も出花
○が出るか蛇が出るか
来年の事を言うと○が笑う
【竜】
○虎相搏つ
○を画いて睛を点ず
虎口を逃れて○穴に入る
次のことわざ・慣用句を○に入る生き物ごとにグループ分けしなさい 【虫】
獅子身中の○
○の居所が悪い
一寸の○にも五分の魂
蓼食う○も好き好き
【鳥】
足元から○が立つ
飛ぶ○の献立
○無き里の蝙蝠
立つ○跡を濁さず
次のことわざ・慣用句を○に入る生物ごとにグループ分けしなさい 【蛤】
その手は桑名の焼き○
【鰯】
○の頭も信心から
鯛の尾より○の頭
○で精進落ち
【鯖】
○の生き腐れ
【鯉】
○の滝登り
麦飯で○を釣る
次のことわざ・慣用句を○に入る鳥ごとにグループ分けしなさい 【雀】
○百まで踊り忘れず
○の巣も構うに溜まる
勧学院の○は蒙求を囀る
【烏】
誰か○の雌雄を知らんや
鵜の真似をする○
【鷹】
鵜の目○の目
能ある○は爪隠す
次の四字熟語を○に入る漢字ごとにグループ分けしなさい 【天】
○網恢恢
意気衝○
【地】
活溌溌○
○水火風
咽喉之○
次の四字熟語を○に入る漢字ごとにグループ分けしなさい 【魚】
池○籠鳥
【羊】
○頭狗肉
【狼】
周章○狽
次の四字熟語を○に入る漢数字ごとにグループ分けしなさい 【一】
乾坤○擲
○陽来復
○衣帯水
○言居士
【三】
孟母○遷
韋編○絶
次の四字熟語を○に入る漢数字ごとにグループ分けしなさい 【一】
○蓮托生
首尾○貫
○心不乱
【二】
唯一無○
一石○鳥
【三】
○寒四温
○拝九拝
二束○文
次の四字熟語を○に入る漢数字ごとにグループ分けしなさい 【一】
○網打尽
○騎当千
【四】
朝三暮○
○面楚歌
○苦八苦
【八】
七転○倒
○方美人
次の四字熟語を○に入る漢数字ごとにグループ分けしなさい 【五】
○里霧中
【六】
○根清浄
【九】
三拝○拝
次の四字熟語を○に入る漢数字ごとにグループ分けしなさい 【百】
一罰○戒
【千】
一騎当○
一日○秋
悪事○里
【万】
○死一生
七珍○宝
○物流転
次の四字熟語を○に入る漢数字ごとにグループ分けしなさい 【百】
○家争鳴
○花繚乱
○鬼夜行
【千】
○載一遇
【万】
波乱○丈
次の四字熟語を○に入る漢字ごとにグループ分けしなさい 【大】
○義名分
○願成就
○山鳴動
大器晩成
【中】
○途半端
【小】
○人閑居
○心翼翼
次の四字熟語を○に入る漢字ごとにグループ分けしなさい 【車】
安歩当○
唇歯輔○
【船】
南○北馬
硯池法○
【飛】
烏○兎走
○竜乗雲
次の四字熟語を○に入る動物の漢字ごとにグループ分けしなさい 【馬】
○耳東風
千軍万○
南船北○
【牛】
汗○充棟
一○鳴地
【象】
森羅万○
次の四字熟語を○に入る動物の漢字ごとにグループ分けしなさい 【竜】
○頭蛇尾
画○点睛
【虎】
○視眈眈
暴○馮河
【鳥】
花○風月
池魚籠○
次の四字熟語を○に入る動物の漢字ごとにグループ分けしなさい 【魚】
池○籠鳥
沈○落雁
【羊】
多岐亡○
○頭狗肉
【狼】
周章○狽
次のことわざ・慣用句を○に入る動物ごとにグループ分けしなさい 【猫】
○に九生あり
○の手も借りたい
【猿】
○も木から落ちる
【犬】
○も歩けば棒にあたる
【狸】
取らぬ○の皮算用
狐と○の化かし合い
次の成句を○に入る動物ごとにグループ分けしなさい 【馬】
○子にも衣装
【鼠】
窮○猫を噛む
【鶏】
○群の一鶴
○鳴の助
【鳩】
○車竹馬の友
次の慣用句を○に入る海の生物ごとにグループ分けしなさい 【鯛】
○なくば狗母魚
○も一人はうまからず
海老で○を釣る
【蟹】
○は甲羅に似せて穴を掘る
○は食ってもがに食うな
【鮑】
磯の○の片思い
次の慣用句を○に入る体の一部ごとにグループ分けしなさい 【腕】
○によりをかける
○に覚えがある
【脛】
○に傷を持つ
【眉】
○をひそめる
○に唾を付ける
【肝】
○に銘ずる
○鉄砲を食わせる
次の慣用句を○に入る体の一部ごとにグループ分けしなさい 【目】
○から鼻へ抜ける
○に物見せる
【顔】
○から火が出る
○に泥を塗る
【指】
後ろ○を指される
【爪】
○に火を点す
次の第二次世界大戦末期の1945年に行なわれたポツダム会議に出席した人物を、その国籍ごとにグループ分けしなさい 【アメリカ】
トルーマン
【ソ連】
スターリン
【イギリス】
アトリー
チャーチル
次の歌集を作者ごとにグループ分けしなさい 【斎藤茂吉】
あらたま
赤光
【石川啄木】
一握の砂
悲しき玩具
【北原白秋】
桐の花
【与謝野晶子】
恋衣
みだれ髪
次の言葉を、アルファベットで表記した時の頭文字ごとにグループ分けしなさい 【B】
ベーシック
ビューティフル
ボクシング
ビジネス
【V】
バリュー
ベジタブル
ビクトリー
バレーボール
次の言葉を、アルファベットで表記した時の頭文字ごとにグループ分けしなさい 【Q】
クイズ
クォーター
カルテット
【K】
キッチン
ナイフ
キーワード
【C】
チルドレン
キャンドル
次のことわざを収められているかるたごとにグループ分けしなさい 【江戸いろはがるた】
頭隠して尻隠さず
門前の小僧習わぬ経を読む
負けるが勝ち
【上方いろはがるた】
まかぬ種は生えぬ
餅は餅屋
足元から鳥が立つ
【尾張いろはがるた】
待てば甘露の日和あり
桃栗三年柿八年
次のことわざを収められているかるたごとにグループ分けしなさい 【江戸いろはがるた】
泣きっ面に蜂
芋の煮えたもご存じない
破れ鍋に閉じ蓋
【上方いろはがるた】
笑う門には福来る
鰯の頭も信心から
【尾張いろはがるた】
炒り豆に花が咲く
習わぬ経は読めぬ
次のことわざを収められているかるたごとにグループ分けしなさい 【江戸いろはがるた】
論より証拠
犬も歩けば棒に当たる
骨折り損のくたびれもうけ
【上方いろはがるた】
仏の顔も三度
一寸先は闇
論語読みの論語知らず
【尾張いろはがるた】
一を聞いて十を知る
惚れたが因果
次のことわざを収められているかるたごとにグループ分けしなさい 【江戸いろはがるた】
念には念を入れよ
年寄りの冷や水
【上方いろはがるた】
豆腐にかすがい
猫に小判
【尾張いろはがるた】
寝耳に水
遠くの一家より近くの隣
次の法律をそれが制定された時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
大日本帝国憲法
【大正時代】
普通選挙法
【昭和時代】
独占禁止法
国家総動員法
公職追放令
次の歴史上の人物を国ごとにグループ分けしなさい 【日本】
穴穂部聞人皇女
神功皇后
【中国】
西太后
則天武后
次の歴史上の人物を国ごとにグループ分けしなさい 【アメリカ】
リチャード・ニクソン
ジミー・カーター
ロナルド・レーガン
ジョン・F・ケネディ
【ソ連】
ニキータ・フルシチョフ
ユーリ・アンドロポフ
ミハエル・ゴルバチョフ
レオニード・ブレジネフ
次の歴史上の人物を国ごとにグループ分けしなさい 【イギリス】
アイザック・ニュートン
シェークスピア
【イタリア】
レオナルド・ダ・ヴィンチ
コロンブス
【フランス】
ナポレオン・ボナパルト
ジャンヌ・ダルク
【ドイツ】
アドルフ・ヒトラー
ベートーベン
次の歴史上の人物を国ごとにグループ分けしなさい 【イギリス】
ウィンストン・チャーチル
キャプテン・クック
【フランス】
マリー・アントワネット
モンテスキュー
【ドイツ】
カール・マルクス
【イタリア】
ムッソリーニ
次の歴史上の人物を関連する革命ごとにグループ分けしなさい 【キューバ革命】
チェ・ゲバラ
カストロ
【ロシア革命】
レーニン
トロツキー
【フランス革命】
ナポレオン
ロベスピエール
次の歴史上の人物を所属した組織ごとにグループ分けしなさい 【海援隊】
沢村惣之丞
坂本龍馬
陸奥宗光
近藤長次郎
【新撰組】
斎藤一
近藤勇
沖田総司
土方歳三
次の数を表す英単語をその桁数ごとにグループ分けしなさい 【1桁】
two
three
【2桁】
ten
thirteen
twelve
twenty
thirty
次の英単語を文中における役割ごとにグループ分けしなさい 【疑問副詞】
why
when
where
【疑問代名詞】
what
which
who
次の詩集を作者ごとにグループ分けしなさい 【高村光太郎】
道程
智恵子抄
【島崎藤村】
若菜集
【中原中也】
在りし日の歌
山羊の歌
【宮沢賢治】
春と修羅
【萩原朔太郎】
月に吠える
青猫
次のアメリカ文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【ヘミングウェイ】
日はまた昇る
誰がために鐘は鳴る
老人と海
武器よさらば
【O・ヘンリー】
賢者の贈り物
最後の一葉
【E・アラン・ポー】
アッシャー家の崩壊
黒猫
次の出来事を起きた年代ごとにグループ分けしなさい 【1990年代】
ソビエト連邦が崩壊
アジア通貨危機
湾岸戦争が勃発
【2000年代】
911同時多発テロ
オバマが米大統領に就任
北朝鮮が初の核実験
次の日本の出来事を起きた年代ごとにグループ分けしなさい 【1990年代】
バブル経済が崩壊
非自民の細川連立内閣成立
消費税が5%に増税
【2000年代】
郵政民営化関連法案が成立
裁判員制度がスタート
愛・地球博が開催
次の戦国武将を関ヶ原の戦いでの勢力ごとにグループ分けしなさい 【東軍】
前田利長
伊達政宗
加藤清正
徳川家康
【西軍】
石田三成
真田昌幸
宇喜多秀家
毛利輝元
次の国を第一次世界大戦の勢力ごとにグループ分けしなさい 【連合国】
フランス
イギリス
アメリカ
日本
【同盟国】
オーストリア=ハンガリー
ドイツ
ブルガリア
オスマン帝国
次の国を第二次世界大戦の勢力ごとにグループ分けしなさい 【連合国】
イギリス
ソビエト連邦
アメリカ
【枢軸国】
イタリア
日本
ドイツ
次の芸術家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【フランス】
ポール・ゴーギャン
エドゥアール・マネ
アンリ・ルソー
【スペイン】
ゴヤ
サルバドール・ダリ
ベラスケス
【アメリカ】
ジャクソン・ポロック
ジョージア・オキーフ
次の芸術家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【イタリア】
レオナルド・ダ・ビンチ
ミケランジェロ
【フランス】
ユトリロ
【オランダ】
ゴッホ
レンブラント
【スペイン】
ピカソ
次の芸術家を出身国ごとにグループ分けしなさい 【フランス】
クロード・モネ
セザンヌ
ミレー
【イタリア】
ラファエロ
ボッティチェリ
【アメリカ】
キース・ヘリング
アンディ・ウォーホル
【ノルウェー】
ムンク
次の皇帝を国ごとにグループ分けしなさい 【ローマ帝国】
ネロ
カリギュラ
ハドリアヌス
トラヤヌス
カラカラ
アントニウス・ピウス
【ロシア】
ピョートル1世
アレクサンドル3世
ニコライ2世
エカチェリーナ2世
イヴァン6世
【神聖ローマ帝国】
フリードリヒ1世
ルドルフ1世
レオポルト1世
コンラート3世
オットー1世
ハインリヒ5世
カール4世
フランツ2世
次の皇帝を国ごとにグループ分けしなさい 【ムガル帝国】
アフマド・シャー
ムハンマド・シャー
【ローマ帝国】
ティトゥス
ネルヴァ
ヘリオガバルス
マルクス・アウレリウス
【アステカ帝国】
アカマピチトリ
クアウテモック
次の皇帝を国ごとにグループ分けしなさい 【ムガル帝国】
アクバル
アウラングゼーブ
【ローマ帝国】
ティベリウス
アウグストゥス
ウェスパシアヌス
【インカ帝国】
パチャクテク
ワイナ・カパック
次の幕末・明治期の人物を出身藩ごとにグループ分けしなさい 【土佐藩】
坂本龍馬
武市瑞山
【薩摩藩】
西郷隆盛
大久保利通
【長州藩】
伊藤博文
木戸孝允
高杉晋作
次の漢字を、画数ごとにグループ分けしなさい 【3画】

【4画】


【5画】


次の漢字を、画数ごとにグループ分けしなさい 【5画】
【6画】

【7画】


【8画】
次の漢字を、画数ごとにグループ分けしなさい 【5画】

【6画】


【7画】

【8画】
次の美術作品を絵画と彫刻かでグループ分けしなさい 【絵画】
落穂拾い
モナリザ
ゲルニカ
夜警
【彫刻】
ミロのビーナス
考える人
次の美術作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【ダリ】
記憶の固執
内乱の予感
【ピカソ】
ゲルニカ
【ミレー】
晩鐘
種まく人
落穂拾い
【ドラクロワ】
民衆を導く自由の女神
キオス島の虐殺
次の美術作品を作者ごとにグループ分けしなさい 【ゴッホ】
ひまわり
アルルの跳ね橋
【L・ダ・ビンチ】
最後の晩餐
モナリザ
【ミケランジェロ】
最後の審判
【ムンク】
叫び
次のロシア文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【トルストイ】
アンナ・カレーニナ
復活
戦争と平和
【ナボコフ】
ロリータ
【チェーホフ】
三人姉妹
かもめ
【ドストエフスキー】
カラマーゾフの兄弟
罪と罰
次の文語文法における変格活用動詞を、活用ごとにグループ分けしなさい 【ラ行変格活用】
はべり
いまそかり
をり
【サ行変格活用】

おはす
【カ行変格活用】
【ナ行変格活用】
しぬ
いぬ
次のドイツ文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【リルケ】
マルテの手記
【ゲーテ】
ファウスト
若きウェルテルの悩み
【トマス・マン】
ブッデンブローク家の人々
ベニスに死す
魔の山
【ノヴァーリス】
青い花
次の俳句の季語を季節ごとにグループ分けしなさい 【春】
寒明
旧正月
【夏】
梅雨寒
皐月
【秋】
肌寒
夜長
【冬】
霜夜
短日
次の俳句の季語を季節ごとにグループ分けしなさい 【秋】
晩秋
【冬】
立冬
【春】
啓蟄
如月
次の俳句の季語を季節ごとにグループ分けしなさい 【秋】
二百十日
葉月
【冬】
冬至
年の内
【春】
彼岸
【夏】
薄暑
水無月
次の俳句の季語を季節ごとにグループ分けしなさい 【冬】
春近し
年の暮
花冷え
春惜しむ
【夏】
土用
半夏生
【秋】
やや寒
次の俳句の季語を季節ごとにグループ分けしなさい 【夏】
短夜
梅雨明
【秋】
残暑
立秋
【冬】
年惜しむ
凍る
【春】
余寒
早春
次の俳句の季語を季節ごとにグループ分けしなさい 【春】
八十八夜
【冬】
寒の入
行く年
【夏】
夏至
大暑
【秋】
新涼
次の俳句の季語を季節ごとにグループ分けしなさい 【新年】
元日
正月
【夏】
炎昼
初夏
入梅
【冬】
年越
師走
大晦日
次の俳句の季語を季節ごとにグループ分けしなさい 【新年】
小正月
初日
【春】
夏近し
暖か
【秋】
十月
冬近し
秋深し
次の美術館・博物館をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【フランス】
マルモッタン美術館
ポンピドゥー・センター
オランジュリー美術館
【スペイン】
プラド美術館
ソフィア王妃芸術センター
【ロシア】
エルミタージュ美術館
プーシキン美術館
次の美術館・博物館をそれがある国ごとにグループ分けしなさい 【オランダ】
ゴッホ美術館
アムステルダム国立美術館
【アメリカ】
シカゴ美術館
メトロポリタン美術館
ボストン美術館
【イギリス】
大英博物館
【フランス】
オルセー美術館
ルーブル美術館
次の出来事をそれが起きた時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
版籍奉還
廃藩置県
太陽暦を採用
【大正時代】
原敬首相が暗殺される
関東大震災
【昭和時代】
日本が国際連盟を脱退
日本初の普通選挙実施
大政翼賛会の結成
次の出来事をそれが起きた時代ごとにグループ分けしなさい 【明治時代】
日清戦争
日露戦争
西南戦争
【大正時代】
第一次世界大戦勃発
対華二十一箇条の要求
【昭和時代】
第二次世界大戦
満州事変
次の事柄をそれが起きた時の江戸幕府将軍ごとにグループ分けしなさい 【徳川秀忠】
武家諸法度の制定
禁中並公家諸法度の制定
【徳川綱吉】
生類憐れみの令
【徳川慶喜】
江戸城を無血開城
【徳川吉宗】
享保の改革
【徳川家光】
参勤交代を制度化
鎖国体制が完成
次の言葉を、言葉の中に含んでいる動物の種類ごとにグループ分けしなさい 【魚】
いなせ
とどのつまり
さめはだ
【鳥】
わしづかみ
うのみ
おうむがえし
めじろおし
さんばがらす
次のフランス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【カミュ】
異邦人
【サン=テグジュペリ】
夜間飛行
星の王子さま
【ゾラ】
ナナ
居酒屋
【ヴェルヌ】
十五少年漂流記
八十日間世界一周
海底二万里
次のフランス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【サガン】
悲しみよこんにちは
【ユーゴー】
レ・ミゼラブル
【バルザック】
ゴリオ爺さん
【ロマン・ロラン】
見せられたる魂
ジャン・クリストフ
【ラディゲ】
肉体の悪魔
次のフランス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【スタンダール】
赤と黒
【ラブレー】
ガルガンチュワ物語
パンタグリュエル物語
【モーパッサン】
ベラミ
脂肪の塊
女の一生
【デュマ】
三銃士
モンテ・クリスト伯
次の言葉を、読みごとにグループ分けしなさい 【こうそう】
倥偬
降霜
【こうろう】
高楼
【こうこう】
杲杲
【こうとう】
高踏
勾当
洪濤
咬頭
次の言葉を、読みごとにグループ分けしなさい 【こうとう】
寇盗
功稲
喉頭
浩蕩
【こうこう】
鴻溝
膏肓
口腔
次のギリシャ神話の神を性別でグループ分けしなさい 【男】
ハデス
ポセイドン
ゼウス
アポロン
【女】
アルテミス
ヘラ
アフロディーテ
アテナ
次の歴史上の人物を活躍した時代ごとにグループ分けしなさい 【鎌倉時代】
日蓮
源頼朝
【室町時代】
足利義満
一休宗純
【江戸時代】
徳川吉宗
松平定信
坂本龍馬
次の歴史上の人物を活躍した時代ごとにグループ分けしなさい 【飛鳥時代】
天武天皇
聖徳太子
藤原鎌足
【奈良時代】
聖武天皇
大伴家持
【平安時代】
藤原道長
平将門
紫式部
次の画家を活躍した時代ごとにグループ分けしなさい 【江戸時代】
安藤広重
東洲斎写楽
菱川師宣
喜多川歌麿
葛飾北斎
【昭和時代】
東山魁夷
平山郁夫
梅原龍三郎
次の仏教宗派の開祖を活躍した時代ごとにグループ分けしなさい 【平安時代】
空海
最澄
【鎌倉時代】
一遍
日蓮
道元
親鸞
次の俳人を活躍した時代ごとにグループ分けしなさい 【江戸時代】
与謝蕪村
松尾芭蕉
小林一茶
【明治時代】
正岡子規
高浜虚子
次の戦争を始まった世紀ごとにグループ分けしなさい 【19世紀】
クリミア戦争
普仏戦争
アメリカ南北戦争
日清戦争
アヘン戦争
【20世紀】
日中戦争
日露戦争
イラン・イラク戦争
次の戦争を始まった世紀ごとにグループ分けしなさい 【紀元前】
ペロポネソス戦争
ポエニ戦争
ペルシア戦争
【20世紀】
第一次世界大戦
第二次世界大戦
湾岸戦争
朝鮮戦争
ベトナム戦争
次の戦いをそれが起こった世紀ごとにグループ分けしなさい 【紀元前】
サラミスの海戦
アクティウムの海戦
マラトンの戦い
【20世紀】
真珠湾攻撃
ノルマンディー上陸作戦
ミッドウェー海戦
次の戦いをそれが起こった世紀ごとにグループ分けしなさい 【13世紀】
弘安の役
文永の役
【16世紀】
文禄の役
慶長の役
次の小説の書き出しを小説の作者ごとにグループ分けしなさい 【夏目漱石】
親譲りの無鉄砲で
私はその人を常に先生と
吾輩は猫である
【宮沢賢治】
どっどどどどうど
二人の若い紳士が
【太宰治】
メロスは激怒した
【川端康成】
道がつづら折りになって
国境の長いトンネルを
次の言葉を漢字による表記ごとにグループ分けしなさい 【芥子】
からし
けし
【杏子】
あんず
【茄子】
なす
【束子】
たわし
【黒子】
くろこ
ほくろ
次の国を、その国が直接関与した戦争ごとにグループ分けしなさい 【アルジェリア戦争】
フランス
【フォークランド紛争】
アルゼンチン
イギリス
【ベトナム戦争】
アメリカ
オーストラリア
韓国
次の事柄をその説明に合うアメリカ大統領ごとにグループ分けしなさい 【T・ルーズベルト】
ノーベル賞平和賞を受賞
日露戦争の停戦を仲介
史上最年少で大統領就任
【リンカーン】
奴隷解放宣言
ホームステッド法を発効
フォード劇場で暗殺
【F・ルーズベルト】
史上唯一の4選
次の事柄をその説明に合うアメリカ大統領ごとにグループ分けしなさい 【F・ルーズベルト】
ヤルタ会談に参加
ニューディール政策を実施
【トルーマン】
日本への原爆投下を決断
ポツダム会談に参加
フェアディール政策を実施
【アイゼンハワー】
ドミノ理論を主張
ノルマンディー作戦を指揮
次の中国の小説の登場人物を作品ごとにグループ分けしなさい 【三国志演義】
諸葛亮
劉備
呂布
関羽
【西遊記】
沙悟浄
三蔵法師
孫悟空
猪八戒
次の『三国志演義』の登場人物を主に仕えた君主ごとにグループ分けしなさい 【劉備】
関羽
張飛
諸葛亮
【曹操】
夏侯惇
司馬懿
張遼
次のイギリス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【オスカー・ワイルド】
ドリアン・グレイの肖像
【シェークスピア】
オセロ
ベニスの商人
リア王
【サマセット・モーム】
月と六ペンス
人間の絆
【チョーサー】
カンタベリー物語
次のイギリス文学を作者ごとにグループ分けしなさい 【ディケンズ】
クリスマス・キャロル
二都物語
【シェークスピア】
ハムレット
ロミオとジュリエット
マクベス
【エミリー・ブロンテ】
嵐が丘
【スチーブンソン】
ジキル博士とハイド氏
宝島
次の漢字を成り立ちごとにグループ分けしなさい 【象形文字】



【指事文字】


次の役職をそれが設置された幕府ごとにグループ分けしなさい 【鎌倉幕府】
六波羅探題
執権
侍所
政所
【江戸幕府】
寺社奉行
老中
大阪城代
大老
次の役職をそれが設置された幕府ごとにグループ分けしなさい 【鎌倉幕府】
鎮西探題
連署
問注所
奥州総奉行
【江戸幕府】
側用人
大目付
若年寄
京都所司代
次の歴代の征夷大将軍の名前を幕府ごとにグループ分けしなさい 【鎌倉幕府】
実朝
頼朝
【室町幕府】
義満
尊氏
【江戸幕府】
家康
秀忠
吉宗
次の文学作品を作者の国籍ごとにグループ分けしなさい 【中国】
阿Q正伝
水滸伝
三国志演義
西遊記
【日本】
源氏物語
枕草子
方丈記
徒然草
次の地域を太平洋戦争開戦以前に日本の領土だったか否かでグループ分けしなさい 【日本の領土だった】
樺太
千島列島
台湾
朝鮮
【日本の領土でなかった】
香港
グアム島
フィリピン
ソロモン諸島
次の都市を関連する帝国主義の政策ごとにグループ分けしなさい 【ドイツの3B政策】
ビザンティウム
バグダッド
ベルリン
【イギリスの3C政策】
カルカッタ
ケープタウン
カイロ
次の武将を参加した戦いごとにグループ分けしなさい 【桶狭間の戦い】
今川義元
織田信長
【川中島の戦い】
武田信玄
上杉謙信
次の武将を参加した戦いごとにグループ分けしなさい 【大阪夏の陣】
真田幸村
豊臣秀頼
【本能寺の変】
明智光秀
織田信忠
織田信長
次の小説を舞台となっている都道府県ごとにグループ分けしなさい 【大分県】
恩讐の彼方に
【北海道】
網走まで
塩狩峠
【大阪府】
道頓堀川
夫婦善哉
【京都府】
金閣寺
古都
次の字を、糸へんをつけると「広辞苑」に記載がある別の漢字になるか否かでグループ分けしなさい 【糸へんで別の字になる】

宿


【別の字は成立しない】

次の王朝をその王朝が栄えた国ごとにグループ分けしなさい 【フランス】
ヴァロワ朝
ブルボン朝
【イギリス】
ウィンザー朝
ノルマン朝
テューダー朝
ハノーヴァー朝
【ロシア】
リューリク朝
ロマノフ朝
次の歴史上の人物を参加した使節団ごとにグループ分けしなさい 【天正遣欧少年使節】
千々石ミゲル
原マルチノ
伊東マンショ
中浦ジュリアン
【慶長遣欧使節】
支倉常長
ルイス・ソテロ
次のアメリカ文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい 【バーネット】
セーラ・クルー
セドリック・エロル
メアリー・レノックス
【マーク・トゥエイン】
トム・ソーヤー
ハックルベリー・フィン
【ミッチェル】
スカーレット・オハラ
次の文学の登場人物を登場する作品ごとにグループ分けしなさい 【赤と黒】
ジュリアン・ソレル
【レ・ミゼラブル】
ジャン・バルジャン
ジャベール警部
【風と共に去りぬ】
レット・バトラー
スカーレット・オハラ
【海底二万里】
ネモ船長
【復活】
ネフリュードフ
カチューシャ
次の法律・法令をそれが作られた時代ごとにグループ分けしなさい 【江戸時代】
武家諸法度
生類憐れみの令
異国船打払令
【飛鳥時代】
大宝律令
十七条憲法
【奈良時代】
三世一身の法
墾田永年私財法
【鎌倉時代】
御成敗式目
次の小説の主人公をその小説の作者ごとにグループ分けしなさい 【芥川龍之介】
カンダタ
禅智内供
【志賀直哉】
時任謙作
【島崎藤村】
青山半蔵
瀬川丑松
【太宰治】
大庭葉蔵
メロス
【尾崎紅葉】
間貫一
次の書物を儒教の四書と五経にグループ分けしなさい 【四書】
中庸
論語
孟子
大学
【五経】
書経
礼記
詩経
春秋
次の戦国時代の人物をそれが仕えた武将ごとにグループ分けしなさい 【織田信長】
明智光秀
森蘭丸
羽柴秀吉
【武田信玄】
山本勘助
真田幸隆
【徳川家康】
本多忠勝
柳生宗矩